Excel VBAでシート全体をクリアする方法

Excel VBAでシート全体をクリアする方法

Posted at October 4,2016 12:33 AM
Tag:[Excel, VBA]

Excel VBAでシート全体をクリアする方法を紹介します。

1.問題点

Excel VBAで、任意のシートにデータを出力したあと、ボタン操作でデータ出力したシート全体をクリアしたいことがあると思います。

For文でセルを順番にサーチして値を空にする方法がありますが、どこに値が入っているかわからない場合は使えませんし、時間もかかります。

おそらくシート全体を一気にクリアする手段があると思いますがわかりません。

ということで、シート全体をクリアする方法を紹介します。

2.シート全体をクリアする

シート全体をクリアするには、Cells.Clearを利用します。

Sub test()
  Worksheets("Sheet1").Cells.Clear
End Sub

クリアしたいシートを指定して、その後に"Cells.Clear"を記述します。

なお、クリアする方法は次の5種類があるので、目的に応じて使い分けるといいでしょう。

  • Clear:全てクリア
  • ClearContents:数式、文字列をクリア
  • ClearFormats:書式をクリア
  • ClearComments:コメント文をクリア
  • ClearOutline:アウトラインをクリア
関連記事
zenback
人気エントリー
トラックバックURL


コメントする
greeting

*必須

*必須(非表示)


ご質問のコメントの回答については、内容あるいは多忙の場合、1週間以上かかる場合があります。また、すべてのご質問にはお答えできない可能性があります。予めご了承ください。

太字イタリックアンダーラインハイパーリンク引用
[サインインしない場合はここにCAPTCHAを表示します]

コメント投稿後にScript Errorや500エラーが表示された場合は、すぐに再送信せず、ブラウザの「戻る」ボタンで一旦エントリーのページに戻り(プレビュー画面で投稿した場合は、投稿内容をマウスコピーしてからエントリーのページに戻り)、ブラウザをリロードして投稿コメントが反映されていることを確認してください。

コメント欄に(X)HTMLタグやMTタグを記述される場合、「<」は「&lt;」、「>」は「&gt;」と入力してください。例えば「<$MTBlogURL$>」は「&lt;$MTBlogURL$&gt;」となります(全て半角文字)