TopFirefox > 2010年12月
2010年12月24日

FirefoxでCPU使用率が異常に高くなる不具合を解消する

December 24,2010 12:03 AM
Tag:[, ]
Permalink

最近、FirefoxのCPU使用率が異常に高く、常時50%ほどになるときがあります。そのせいで、リンクへのマウスポイントの反応やスクロール、タブ切り替えなど、すべての動作が有効になるまでに数秒かかるような状態に陥ってしまいました。

タブを結構たくさん開いて使っているのでそれが原因かと思い、タブを1枚にして再起動しても状況は変わりません。

とうことで、CPU使用率が異常に高くなる不具合を解消する(かもしれない)方法を紹介します。Firefoxのバージョンは3.6.13です。

1.原因と対策

色々調べてみると、アドオンにある「Microsoft .NET Framework Assistant」を無効化することで軽くなったという記事がありました。

ということで、アドオンにいつの間にか入っていた「Microsoft .NET Framework Assistant」を無効化または削除して再起動。

アドオン

再起動した後、CPU使用率が下がり、通常通り使えるようになりました。

Firefox 3.5では「Microsoft .NET Framework Assistant」の無効化のボタンがアクティブにならないため、レジストリを操作しなければならないようです。

2.参考記事

参考記事は以下です。ありがとうございました。

Comments [0] | Trackbacks [0]
Now loading...
ギターに入った猫
IT転職は【Green】Web/インターネット業界の求人に強い転職サイト グリーン
Styles
Font Size
Default
For defective color vision
Gray Scale
RGB Color
Search this site

Categories
Monthly Archives
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年
2004年
2003年
BlogPeople
Syndicate this site
FeedBurner(RSS1.0/RSS2.0/Atom)
Counter
これまでのアクセス
Powered by
Movable Type 5.12