TopPC > 2006年8月
2006年8月14日

破損した Word 文書を修復する方法

August 14,2006 1:59 AM
Tag:[, , ]
Permalink

Word 2000 でテキストの他に図や表をごちゃごちゃ挿入した文書を作成していたところ、ある時点から「保存」を実行するとエラーが発生するという事態に陥りました。具体的には、テキストを1文字追加しただけでも保存でエラーになるという悲惨な状況です。

こういう場合、新規 Word 文書を作成し、エラーになったファイルのテキストや表・図形等からちょっとずつコピーしたりしていたのですが、もっとエレガントな方法はないかと検索したら、Microsoft のサポートページに修復方法がありました。

[WD2000] 破損した文書を修復する方法

今回の場合、このページの「ファイルの修復方法」に掲載されている「方法1」の手順で修復することができました。以下、修復方法および関連ページをご紹介します。

1.ファイルは開くが、おかしな動作をする場合

1.1 方法1. 他のファイル形式に変換した後、 Word 形式に変換し直す

  1. エラーとなるファイルを開く
  2. [ファイル] - [名前を付けて保存] を選択し、[ファイルの種類] で [リッチテキスト形式 (*.rtf)] を選択
  3. 適当な名前をつけてファイルを保存
  4. 手順 3. で保存したファイルを Word 2000 で開き、 [ファイル] - [名前を付けて保存] を選択し、 [ファイルの種類] で [Word 文書 (*.doc)] を選択
  5. 適当な名前を入力し、[保存] をクリック

要するに、リッチ テキスト形式で一旦保存して、それをWord文書で開き直すという方法です。

リッチ テキスト形式は Word の書式をほぼそのままの状態で保存します。この方法で修復された場合、変換中に破損された部分が修復されたことになります。

ということで一部の書式を除き、テキストだけでなく図形や表もほとんどそのままの状態で修復することができました。

リッチテキスト形式ではなくテキスト形式を選択すれば大概のファイルは修復できるようです(ただし書式や図形情報は失われます)。

1.2 方法2.最後の段落記号を除いてすべて選択し、新規文書に貼り付ける

Word では、文書の最後の段落記号にセクションやスタイル設定など、さまざまな情報が保存されています。最後の段落記号を除いた部分をすべてコピーして新規文書に貼り付けることにより、破損した部分が取り除かれる場合があります。

1.3 方法3.破損していない部分をコピーし新規文書に貼り付ける

ある特定の個所で問題が発生するなど、破損している部分がある程度限定できる場合には、以下の手順(破損したファイルのうち正常と思われる部分を範囲選択してコピー、破損ファイルはテキスト形式で保存し、破損部分を抽出)をお試しください。

方法2、方法3については冒頭に述べた作戦と似ています。

2.ファイルが開けない場合

ファイルが開けない場合も方法が3つ挙げられていて、

  • 「下書きモード」でファイルを開く
  • 新規文書に破損ファイルを挿入する
  • ファイルをリンクする

のいずれかで修復可能な場合があるようです。
手順の詳細については上記ページを参照ください。

3.ファイル修復コンバータ

任意のファイルからテキストを抽出できる「ファイル修復コンバータ」について解説されています。

Word 2000 で文書の文字列を修復する方法

4.Word 2002 / Word 2003 の場合

下記に情報があります。

Word 文書が破損している場合のトラブルシューティング方法

Microsoft Office Word 2003 および Microsoft Word 2002 ではファイルに問題が検出されると、破損している文書を自動的に修復します。Word で文書を開く際に、"強制的に" ファイルを修復することもできます。これを行うには、次の手順を実行します。

Word 2003 等では、ファイル選択画面の「開く」ボタンの右側の矢印から「開いて修復」を選択することができ、これで強制的に修復できるようです。

5.その他

まだまだ色々出てきます。諦めてファイルを削除する前にとりあえず試してみましょう。

サポート技術情報検索から「Word 修復」で検索した結果

Comments [4] | Trackbacks [0]
2006年8月 2日

「究極のマウスパッド」エアーパッドプロIII・エアーパッドソール

August 2,2006 1:34 AM
Tag:[, ]
Permalink

随分以前から気に入って使っているマウスパッドを改めて紹介したいと思います。下記はブログを始める前にホームページに書いていた記事をリファクタリングしたものです。


究極のマウスパッド秋葉原のとある電気屋でマウスコーナーを見ていた時、様々なマウスのサンプルと一緒に、薄黒い色のマウスパッドが敷かれていたのが出会いのきっかけです。
そのパッドには「究極のマウスパッド」というステッカーが張られており、試しにその上で横に置いてあったマウスを乗せて動かしてみると、妙にマウスが気持ち良く動き、それが大変気に入りました。

もともとマウスを買いに行ったのですが、そのマウスパッドが気に入ってしまった私は即座にマウスパッド売り場に移動。数多く並べられているマウスパッドの中から「究極のマウスパッド」という大胆なラベルが貼られた商品をみつけました。

パッケージの説明には

  • シリコンゴム製
  • テフロン加工と同等の表面滑性
  • 倍のスピード感覚
  • 汚れがつきにくい
  • 理想の操作性を実現するためにコストを無視して開発

といった、食指の動く台詞がずらりと並んでいました。

そういえば今まで何種類か使ってきたマウスパッドはどれも汚れがつきやすく、また絵柄が入っているものなどは光学式マウスでは感度がいまひとつ良くなかったりと、これといった製品には巡り合ったことがありません。それ以前に「どれもたいして変わらないだろう」という先入観もあり、積極的に探したこともありませんでした。

値段は約3000円と、他のマウスパッドに比較すると明らかに高額ですが、それを加味しても惹かれるものがあり、何より絶妙な滑り心地が気に入りました。ということで思い切って購入。

製品名はPower Support社の「エアーパッド プロ・究極セット」(現在は「究極セット?」)。ホイールマウス・光学式マウス・ワイヤレス光学式と、ほぼ全てのタイプが使用可能。またこのセットには「エアーパッドソール」と呼ばれるものが付属しており、これが「究極セット」と銘打っている理由です。

AK-77 究極セットIIIAK-77 究極セットIII

シグマA.P.Oシステム販売
売り上げランキング : 1378
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
早速自分のPC環境で使ってみると、やはりこれまでのマウスパッドとは比べ物にならないくらいの爽快感。その滑りの良さはこれまでのパッドにない質の高さを感じます。「一度使ったら、もう他のマウスパッドは使えません」というパッケージのキャッチコピーもまんざら嘘ではありません。

これでも十分満足ですが、付属の「エアーパッドソール」を装着すると、マウスはまさにエアーホッケーのラケットのような感覚になり、パッド上で指で押すと少ししか動かなかったマウスが明らかに「滑る」ようになりました。
「エアーパッドソール」は直径約5mmの丸型および楕円型等の、マウスの底面に貼る滑性シートで、丸型は厚さが異なるものが0.45mm/0.65mm/0.95mmと3種類入っています。Apple社光学式マウス用には大型のソールも販売されています。

「動き過ぎるのは良くないのでは?」という疑問も起こりそうですが、とにかく無駄な力が必要なくなりました。例えば、1ドット単位で動かしたい図形描画等のドラッグ操作の場合、微妙な力加減でのマウスの移動がうまくできず苦労していましたが、このマウスパッドを使えば余分な力を加えずに楽に行えます。

この気持良さは他のマウスパッドでは得られるものではなく、そういう意味では割高感も感じられず、まさに「いいモノ」に巡り合えたという印象です。


Amazon のレビューを読むと、説明がわかりにくいためか、サイズを間違って購入されている方がいらっしゃるようですので、以下にまとめてみました。

品番サイズカラーソール形状
AK-37標準ダークグラファイトApple社光学式マウス用
0.8/1.0mm厚…各1セット
AK-47ダークグラファイト
AK-57特大ダークグラファイト
AK-17超大ダークグラファイト
AK-67ダークグラファイトほぼ全てのマウス用
・丸型(6mm)
0.35/0.45/0.65mm厚…各6個
・楕円形(12×6mm)
0.45/0.65mm厚…各4個
AK-77標準ダークグラファイト
AK-78標準スノー (夜光タイプ)
AK-87ダークグラファイト
AK-88スノー (夜光タイプ)
AK-97特大ダークグラファイト
AK-98特大スノー (夜光タイプ)
AK-07超大ダークグラファイト
  • 薄:W142×D178mm
  • 標準:W148×D206mm
  • 大:W174×D218mm
  • 特大:W198×D252mm
  • 超大:W408×D306mm

捺印マットにもいいようです。
soエアーパッドプロの意外な効能

Comments [3] | Trackbacks [1]
Now loading...
ギターに入った猫
IT転職は【Green】Web/インターネット業界の求人に強い転職サイト グリーン
Styles
Font Size
Default
For defective color vision
Gray Scale
RGB Color
Search this site

Categories
Monthly Archives
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年
2004年
2003年
BlogPeople
Syndicate this site
FeedBurner(RSS1.0/RSS2.0/Atom)
Counter
これまでのアクセス
Powered by
Movable Type 5.12