TopPC > 2009年6月
2009年6月30日

Thunderbird で返信メールをスレッドに含める方法

June 30,2009 12:55 AM
Tag:[, ]
Permalink

Thunderbird で返信メールを元メールのスレッドに含める方法を紹介します。

返信メールを元メールのスレッドに含める

メールソフト「Thunderbird」は、受信メールをスレッド表示する機能があります。これを利用すれば、メールの返信履歴を追跡しやすく、私は大変重宝しています。

受信メールのスレッド表示

ただし、自分からの返信メール(自分のメールアドレスが送信先に含まれていないもの)については、Thunderbird のデフォルト設定では、利用しているアカウントの「送信済みトレイ」に保存されるので、受信メールと併せてスレッド表示することができません。

ネットを検索したところ、返信メールもスレッドに含める方法がありましたので、本エントリーで紹介します。

設定後の動作は、返信メールを「送信済みトレイ」ではなく、返信したメールのフォルダに保存するようになります。

1.設定方法

メニューバーより、「ツール」→「アカウント設定」を選択

メニューバー

アカウント設定画面の「コピーと特別なフォルダ」をクリック

アカウント設定画面

「コピー」の中にある「返信元のメッセージと同じフォルダに返信を保存する」をチェックして「OK」をクリック。

「コピー」設定

以上です。フォルダを振り分けている場合も、送信メールは返信元のフォルダにきちんと保存されます。

2.注意点

送信メールは「送信済みトレイ」に保存されなくなります。ただし、新規作成メールは「送信済みトレイ」に保存されます。

3.参考

参考ページは下記です。ありがとうございました。

MozillaZine.jp :: トピックを表示 - 送信メールもスレッド表示したい
Comments [0] | Trackbacks [0]
2009年6月10日

photoshop でメニュータイトルの背景画像を作る

June 10,2009 2:55 AM
Tag:[, ]
Permalink

当ブログで使っている、2色のグラデーションになったサイドバーメニュータイトルの背景画像の作り方についてご質問を頂きましたので、本エントリーで紹介します。ここでは Adobe Photoshop CS4 を使った画面で解説しますが、Photoshop 6.0 等でも操作は全く同じです。

メニュータイトル背景画像の完成例は次のようになります。

背景画像の完成例

以下、画像サイズをやや大きめにしたもので解説します。私は Photoshop 使いではないので、他にもっと簡単な方法があるかもしれません。ご参考程度ということで。

1.作成方法

ツールバーの「ファイル」→「新規作成」で適当な大きさのファイルを開きます。ここでは100px×100pxの設定で説明を進めます。

ツールバーの「ファイル」→「新規作成」

このような画面が開きます。

新規作成画面

[レイヤー]パレットの右下にある「新規レイヤーを作成」アイコンをクリックして、新規レイヤーを作成します。

新規レイヤーを作成

[レイヤー]パレットがこのようになりますので、「レイヤー1」が選択された状態にしてください。

「レイヤー1」を選択した状態

ツールバーの「選択範囲」→「すべてを選択」で、レイヤーを全選択状態にします。

レイヤーを全選択状態

ツールの描画色をクリックします。

ツールの描画色

カラーピッカーで efefef を設定します。

カラーピッカー

ツールバーの「編集」→「塗りつぶし」を選択し、レイヤー全体を描画色で塗りつぶします。

レイヤー全体を描画色で塗りつぶし

作成画面はこのように、全体がやや薄いグレーになります。

作成画面

ツールバーの「レイヤー」→「レイヤーのスタイル」→「グラデーションオーバーレイ」を選択して、「レイヤースタイル」画面を表示します。

「レイヤースタイル」画面

「レイヤースタイル」画面を表示したときの作成画像は、次のようにグラデーションが設定されます。

作成画像

「レイヤースタイル」画面中央にある、「比率」を一番左にスライドさせ、さらに「不透明度」を左の方にスライドさせます。ここではいずれも 10% に設定します。

「レイヤースタイル」画面

これで、2色に分かれた、いい感じのグラデーションが出来上がります。

作成画像

ツールバーの「選択範囲」→「選択を解除」で選択範囲を解除すれば完成です。

完成した画像

2.グラデーションを設定するコツ

グラデーションを設定するときのコツは、以下の2つです(他にも色々あるかもしれませんが)。

  • 描画色がグラデーションの上側の色になるので、それを念頭に描画色を設定
  • グラデーションオーバーレイする高さを狭くすれば、中央部分のグラデーションがなくなります。つまり、中央部分をぼかしたくないときは、新規作成画像の高さ(または選択範囲)を狭くしてグラデーションオーバーレイし、画像の高さが必要であれば、その後、「イメージ」→「画像サイズ」で高さを出します(増やした部分は色がつかないので、拡大前の、グラデーションされてない部分の色をコピーして色を足します

3.当ブログでの設定値

冒頭にお見せした、当ブログのサイドメニュータイトル部分の背景画像は以下の設定です。

  • 描画色:efefef
  • 高さ:30px
  • 不透明度:6%

グラデーション部分が、先ほどの例よりくっきりしているのが分かると思います。厳密には、中央の1px分しかグラデーションがかかっていないので、この画像は3色です。

当ブログの画像

実際には、幅を狭くしてファイルサイズを小さくして使用しています。

Comments [0] | Trackbacks [0]
Now loading...
ギターに入った猫
IT転職は【Green】Web/インターネット業界の求人に強い転職サイト グリーン
Styles
Font Size
Default
For defective color vision
Gray Scale
RGB Color
Search this site

Categories
Monthly Archives
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年
2004年
2003年
BlogPeople
Syndicate this site
FeedBurner(RSS1.0/RSS2.0/Atom)
Counter
これまでのアクセス
Powered by
Movable Type 5.12