TopPC > 2011年8月
2011年8月13日

ThinkPad X61メモリ増設(2GB→8GB)

August 13,2011 2:55 AM
Tag:[, , ]
Permalink

ThinkPad X61のメモリを2GBから8GBに増設しました。理由はウィンドウをいくつも開いていると物理メモリ使用利率が1.8GBくらいまで上昇して動作が重くなり、ストレスを感じていたためです。

交換前のメモリ
交換前のメモリ

交換後のメモリ
交換前のメモリ

お気づきになった方もいると思いますが、OSは32bitなので3GBまでしか使えませんがそれは分かって上で買ってます。4GBでなく8GBにしたのはWindows 7にアップグレードする予定になっているので、そのためののりしろです。

1.対応メモリ

ThinkPad X61やThink Pad全般のメモリ対応は以下のページから分かります。

機種別メモリー仕様一覧 - ThinkPad

X61、X61sの対応は次のとおりです。

対応メモリ

この表から、ThinkPad X61のメモリは「PC2-5300規格のDDR2 SDRAM」と書かれていますが、調べたところ、PC-6400のメモリでも対応可能なようです(PC-6400の方が値段も安い)。

さらに最大容量「4GB」とありますが、チップセットIntel GM965 Expressであれば8GBでも大丈夫なようです。これらの詳細は以下の記事が参考になりました。

遠山藤乃(福原毅)のブログ - 2世代前のThinkPad X61 / T61へ8GB メモリを実装して、快適な64 bit 環境を!

2.価格

価格.comで調べたところ、ドスパラでPC-6400のメモリが6580円でしたので、これを2枚購入しました。

価格.com

3.交換作業

シャットダウンし、バッテリーを抜いて、裏にあるメモリ用の蓋をドライバーではずすとメモリがすぐに交換できるようになってます。特に迷うことなく交換できました。

メモリ交換作業は以下の記事がわかりやすいと思います。

週末日記ぶろぐ - ThinkPad X61:メモリー交換・増設

メモリをはずすときはメモリ横にあるストッパーを横にひろげればメモリが上に持ち上がります。挿入するときはストッパーを開かずに押し込めばストッパーが少し横に開くので、カチッというところまで上から押し込みます。

4.交換後の感想

ウィンドウの起動や切り替えなど、全般的に体感できるほど軽くなりました。普通に使っているときの物理メモリ使用量は画面のような感じで、3GBのうち2GBを使っています。

価格.com

1つ気になるのは、交換前の起動直後のメモリ使用用は850MB程度だったのですが、交換後は1.1GB程度に増えました。プロセスによって確保するメモリ量を最適化しているのでしょうか。

Comments [0] | Trackbacks [0]
Now loading...
ギターに入った猫
IT転職は【Green】Web/インターネット業界の求人に強い転職サイト グリーン
Styles
Font Size
Default
For defective color vision
Gray Scale
RGB Color
Search this site

Categories
Monthly Archives
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年
2004年
2003年
BlogPeople
Syndicate this site
FeedBurner(RSS1.0/RSS2.0/Atom)
Counter
これまでのアクセス
Powered by
Movable Type 5.12