TopPC > 2012年3月
2012年3月26日

Word・Excel・PowerPoint・PDFの差分や変更点を比較できるフリーソフト「WinMerge」

March 26,2012 12:55 AM
Tag:[, , , , , ]
Permalink

Word・Excel・PowerPoint・PDFなど、ファイルの差分や変更点を比較できるフリーソフト「WinMerge」の使い方を紹介します。

WinMerge
WinMerge

下のスクリーンショットはWinMergeでExcelファイルの差分を比較したところです。ビジュアル的な比較はできませんが、テキストの差分を完全に抽出します。

サンプル

仕組みは、指定した2ファイルからテキスト部分だけを抜き出し、抜き出した内容を比較しているようです。Excelであればセルに入力した文字だけでなく、オブジェクトで入力したテキストも比較対象になります。WordやPowerPointも同様に、オブジェクトに入力した内容の比較が可能です。画面の詳細は後述します。

なお、Word・Excel・PowerPointの比較を行うには「xdocdiff WinMerge Plugin」を併用します。

xdocdiff WinMerge Plugin
xdocdiff WinMerge Plugin

WinMergeにもWord・Excelについては差分を表示するプラグインが同梱されているようですが、Word・Excelがインストールされていないと使用できません。また、Word・Excelを利用してテキストファイルに変換してするため処理に時間がかかるようです。

xdocdiff Pluginは、Word・ExcelがインストールされていないPCでも差分を表示でき、かつ高速です。ただし32bit版でないと動作しないようなのでご注意ください。

以下、WinMergeの利用方法です。

1.WinMergeのインストール

WinMergeのページにある「今すぐダウンロード!」のバナーをクリック(投稿時の最新バージョンは2.12.4)。

WinMerge

下記のページからもダウンロードできます。

WinMerge 日本語版

ダウンロードしたアーカイブをダブルクリックするとウィザードが開始します。一応掲載しておきます。

「次へ」をクリック。

ウィザード

「次へ」をクリック。

ウィザード

インストール先を指定して「次へ」をクリック。

ウィザード

コンポーネントを選択して「次へ」をクリック。表示された内容は変更せずに次に進みます。

ウィザード

スタートメニューの名称を設定して「次へ」をクリック。表示された内容は変更せずに次に進みます。

ウィザード

追加タスクを選択して「次へ」をクリック。「Add WinMerge folder to your system path」はWinMergeのインストールフォルダのパスをシステムパスに追加しますが、コマンドプロンプトからWinMergeを実行しないのであればチェックは不要です。TortoiseSVNはバージョン管理ツールです。

ウィザード

「インストール」をクリック。これでインストールが開始します。

ウィザード

「次へ」をクリック。

ウィザード

「完了」をクリック。

ウィザード

2.xdocdiff WinMerge Pluginのインストール

xdocdiff WinMerge Pluginのページにある「xdocdiffPlugin_1_0_6c.zip」をクリック。

xdocdiff WinMerge Plugin

ダウンロードしたアーカイブを展開し、中にあるxdoc2txt.exe/zlib.dllをWinMergeのインストールフォルダにコピー。また、MergePluginsフォルダ(配下にあるamb_xdocdiffPlugin.dllも)をWinMergeのインストールフォルダにコピーします。

WinMergeのインストールフォルダが次のようになればOKです。

インストールフォルダ

3.WinMergeの設定

インストールした「xdocdiff WinMerge Plugin」を有効にする設定を行います。WinMergeを起動して、メニューバーの「プラグイン」→「リスト」を選択。

WinMergeを起動

開いたウィンドウの左上にある「プラグインを有効にする」をチェックして「OK」をクリック。なおウィンドウの中には、さきほどコピーした「amb_xdocdiffPlugin.dll」が表示されていると思います。

プラグインを有効にする

メニューバーの「プラグイン」→「自動展開」を選択。

メニューバー

なお、上記の設定を予め行わなくても、4項の3つめのスクリーンショットに表示されている「展開プラグイン」で「amb_xdocdiffPlugin.dll」を選択すれば同様の効果が得られます(ただし毎回設定が必要)。

4.ファイルの比較

サンプルとしてExcelの次の2ファイルを比較します。

変更前
サンプル

変更後
サンプル

比較するには、エクスプローラーで2つのファイルを選択し、WinMergeの画面にドラッグするか、メニューバーの「ファイル」→「開く」で選択し、表示されたウィンドウで比較したいファイルを選択して「OK」をクリックします。

メニューバー

比較結果は次のように表示されます。左にある「Location Pane」に差分のある位置を表示します。右側には比較元と比較先の文書のテキストが表示され、差分のある行はマーキングされます。2つの文書のスクロールは同期します。

比較結果

現在、中央左の「Book1-1.xls」がアクティブになっている状態です。この状態で上部のアイコン(赤枠部分)をクリックすれば、差分の詳細が画面下のDiff Paneに表示されます。また該当の差分が赤色表示に切り替わります。

比較結果

もう一度クリックすれば次の差分に移動します。

比較結果

表示されたテキストは編集することも可能なようです。また、「左すべて」「右すべて」というアイコンをクリックすれば、一方の内容を他方に反映することも可能です。

5.参考

参考サイトは下記です。ありがとうございました。

Comments [0] | Trackbacks [0]
2012年3月14日

Windowsのマイネットワークが遅い・重い事象を解消するまとめ

March 14,2012 1:55 AM
Tag:[]
Permalink

会社のPCでマイネットワークを開くと、フォルダを移動するたびに数秒待たされる、という事象がずいぶん前から発生しています。本エントリーではWindowsのマイネットワークが遅い・重い事象を解消する方法をまとめました。

OSはいまさらのWindows XPです。

1.自動検索をやめる

エクスプローラーのメニューバーから「ツール」→「フォルダオプション」を選択

フォルダオプション

「表示」タブにある「ネットワークのフォルダとプリンタを自動的に検索する」のチェックをはずして「OK」をクリック。

フォルダオプション

「ネットワークのフォルダとプリンタを自動的に検索する」は、ネットワークを定期的に自動検索し、存在する共有資源をマイネットワークに追加する機能です。

チェックをはずすことで共有資源の自動検索は実行されなくなります。私の場合、これでかなり改善されました。

2.表示系のオプションをはずす

効果はあまり感じられませんでしたが、1項の同じ画面で以下の表示系のオプションもはずしました。

  • アドレスバーにファイルのパス名を表示する
  • システムフォルダの内容を表示する
  • タイトルバーにファイルのパス名を表示する

フォルダオプション

  • フォルダとデスクトップの項目の説明をポップアップで表示する
  • フォルダのヒントにファイルサイズ情報を表示する
  • マイコンピュータにコントロールパネルを表示する
  • ログオン時に以前のフォルダウィンドウを表示する
  • 暗号化や圧縮されたNTFSファイルをカラーで表示する

フォルダオプション

3.レジストリを書き換える

ネットで調べたところ、以下のレジストリを修正する方法もありました(未実施)。

レジストリの起動は「ファイル名を指定して実行...」を選択して「regedit」を入力します。

レジストリ起動

ひとつめの方法は、レジストリ画面から「HKEY_CURRENT_USER → Software → Microsoft → Windows → CurrentVersion → Explorer → Advanced」を選択して、「NoNetCrawling」の値を「1」にします。

レジストリ

もうひとつの方法は、「HKEY_LOCAL_MACHINE → SYSTEM → CurrentControlSet → Services → MrxSmb → Parameters」でDWORD値を新規追加し、名前を「InfoCacheLevel」として、値に10を設定します。

レジストリ

4.参考サイト

参考サイトは以下です。ありがとうございました。

なお、解決しないケースもあるようです。

Comments [0] | Trackbacks [0]
2012年3月 8日

日本でIE6がいつまでたってもなくならない理由

March 8,2012 1:11 AM
Tag:[, ]
Permalink

3月6日にMicrosoftから「Internet Explorer の自動アップグレードについて」が掲載されましたが、正直なところそれによってIE6はまだそう簡単になくなりそうにない気がしています。少なくとも私の勤める会社では。

IE6

すでにご存知の方も多いと思いますが、その理由のひとつと思われることを本エントリーに記しておきます。

ちなみに、分野別データ:通信:インターネットの「端末別にみた個人のインターネット利用者数・比率の推移(Excelデータ)」によると、平成22年末のPCからのインターネット利用者数は約8700万人です。

インターネット利用者数

一方、全世界のIE6カウントダウンサイト「The Internet Explorer 6 Countdown」では、日本のIE6利用は現在約6%です。

The Internet Explorer 6 Countdown

そのまま計算すると、日本では約520万人がIE6利用者ということになります。この値や計算式が妥当かどうか分かりませんが、いずれにしても以下に述べることは520万人の中の一部の話です。

1.社内システムがIE6にしか対応していない

うちの会社では、日常業務で利用する某社内システムがIE6にしか対応していません。ときどき他のブラウザで試してみるのですが正常に表示されません。よってIE6を更新することができない状態がすでに何年も続いています。

また、正確には把握できていませんが、そういった社内システムが複数存在しているかもしれません(推測)。つまりすべてのシステムが対応しないとIE6をやめることができません。

さらに、グループ企業全体でこういったシステムを共同利用していると、グループ企業全体の調整などのオーバーヘッドがかかってしまい、簡単にアップグレードできないといった事情があるのかもしれません。

2.自動更新を抑止

某社内システムがIE6にしか対応していないため、数年前からIE7以上のブラウザへの自動更新は全社的措置として抑止されています。当然今回の「Internet Explorer の自動アップグレードについて」で自動更新されるはずもありません。

3.まとめ

そういうわけで、少なくともうちの会社でIE6がなくなるのはまだ少し先の話になりそうです。好きで使っている訳ではなく、使わざるを得ない状況が続いているということです。正直なところIE8対応とかすぐにできそうな気がするのですができません。

脆弱性とかセキュリティとかそういう問題があることは(企業として)理解していると思うのですが、対応するにあたって何か大きな障壁があるような気がしてなりません。

よってMicrosoftがいくら自動更新機能を導入しても、こういった部分はどうにもならない状況なのではないかと推察します。

余談ですが、私はブログを始めてテンプレートなどを公開するためにCSSにも手を出し始めたおかげで他のブラウザを使うようになりましたし、社内システム以外でIE6を使うことはほとんどなくなりましたが、社内でIE6に慣れきっている人はいまだに他のブラウザに乗り換える気配がない人もちらほらいるようです。もちろん職場に限った話で、自宅のPCではIE6はすでに使ってないと思いますが。

4.関連サイト


Comments [0] | Trackbacks [0]
Now loading...
ギターに入った猫
IT転職は【Green】Web/インターネット業界の求人に強い転職サイト グリーン
Styles
Font Size
Default
For defective color vision
Gray Scale
RGB Color
Search this site

Categories
Monthly Archives
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年
2004年
2003年
BlogPeople
Syndicate this site
FeedBurner(RSS1.0/RSS2.0/Atom)
Counter
これまでのアクセス
Powered by
Movable Type 5.12