CPU2次キャッシュサイズ変更

CPU2次キャッシュサイズ変更

Posted at October 25,2004 1:15 PM
Tag:[]

自宅サーバのスペックは、CPUがPentium4・2.8GHz(FSB533Hz)でOSがWindows XPです。Pentium4(Northwoodコア)の2次キャッシュは512KBなのでOSがそのサイズを勝手に認識して動作してくれていると思ったら、XPでは初期値として256KBしか認識してくれないことを知りました(この方面の情報収集が遅い…)。

そういう訳で2次キャッシュの値をデフォルトの256KBから512KBに変更しました。参照記事は下記です。簡単に変更できました。

プロセッサナンバの導入で動作周波数が分かりにくくなったようですが、各プロセッサの2次キャッシュは下記より確認できます。欄内の「L2キャッシュサイズ」がそれに該当します。以前で言うところのPrescottコアであれば1MBの2次キャッシュを有しますのでパフォーマンスの向上が期待できるのではないでしょうか。

関連記事
zenback
人気エントリー
トラックバックURL


トラックバック

Windows XPでのCPU2次キャッシュ設定 from 黒鱒 - weblog
”Windows XPでは、初期設定でCPUの2次キャッシュ(L2キャッシュ)メ... [続きを読む]

Tracked on October 25, 2004 2:46 PM

WindowsXP上でCPU2次キャッシュを最大に from SWEET WATER Web Server
なんと! XPではCPUの2次キャッシュは256KBしか認識していなかったのです... [続きを読む]

Tracked on June 16, 2005 12:10 PM
コメント

こんにちは。
違う記事を探していたら、これにぶつかりましたw

うちもXPを使っていますが、2次キャッシュが256KBしか認識されていないのは知らなかったです。早速最大値に設定しました。

これで某MMORPGの反応が少しでも上がってくれると有難い^^;

[1] Posted by WIND : June 16, 2005 12:16 PM

>WINDさん
こんにちは。
コメント&トラックバックありがとうございました。
意外なところでお役に立てたようですね。(笑)

[2] Posted by yujiro : June 16, 2005 1:11 PM
コメントする
greeting

*必須

*必須(非表示)


ご質問のコメントの回答については、内容あるいは多忙の場合、1週間以上かかる場合があります。また、すべてのご質問にはお答えできない可能性があります。予めご了承ください。

太字イタリックアンダーラインハイパーリンク引用
[サインインしない場合はここにCAPTCHAを表示します]

コメント投稿後にScript Errorや500エラーが表示された場合は、すぐに再送信せず、ブラウザの「戻る」ボタンで一旦エントリーのページに戻り(プレビュー画面で投稿した場合は、投稿内容をマウスコピーしてからエントリーのページに戻り)、ブラウザをリロードして投稿コメントが反映されていることを確認してください。

コメント欄に(X)HTMLタグやMTタグを記述される場合、「<」は「&lt;」、「>」は「&gt;」と入力してください。例えば「<$MTBlogURL$>」は「&lt;$MTBlogURL$&gt;」となります(全て半角文字)