Movable Type Wheeljack の新機能(その1:Assets)

Movable Type Wheeljack の新機能(その1:Assets)

Posted at December 19,2006 12:38 AM
Tag:[MovableType, Wheeljack]
Movable Type wheeljack現在、Six Apart では、Wheeljack というプロジェクトで Movable Type の開発が進んでいます。

Six ApartTech Talk BlogMovable Type Wheeljackで遊ぼう

上記の記事にしたがって、Windows 上でソースコードのダウンロード・ビルドを行うことで、Movable Type Wheeljack を入手でき、Movable Type のインストールすることで実際に使ってみることができます。
注:正規のライセンスをお持ちでない場合、Wheeljackをダウンロードして運用することはできません。個人ライセンスも同様です。

ということで、Wheeljack で新たに追加された機能についてご紹介します。今回紹介する内容は下記のサイトでも紹介されています。

Assets

Assets3.33 の管理メニューにあった「ファイルのアップロード」は「ASSETES」に変わっています。現状では和訳されていませんが、Asset は「資産・財産」という意味ですが、ここでは Movable Type にアップロードするファイル類を指すようです。
推測ですが、エントリーと同じ感覚でアップロードしたファイルを管理できるようになると思われます。管理できるメリットは色々あると思いますが、例えば公開したエントリーを削除した時、エントリーに紐付いたファイルを管理画面から削除するというケースが考えられます。実際にエントリーとファイルの関連付けまで管理されるかどうかは不明ですが、利便性が高くなることは間違いないでしょう。
ASSETS のページASSETS のページ。まだファイルがひとつもアップロードされていない状態です。ファイルをアップロードするには右上の「Upload New File」をクリックします。
ファイルのアップロード画面Ajax を利用したファイルのアップロード画面が表示されます(Windows 自宅サーバ環境+IE6では正常に動作せず)。この画面ではこれまでの通り、アップロードするファイルとアップロード先を指定し、「Upload」をクリックします。
アップロードのオプション画面アップロードすると、オプションとして新しいエントリーの作成/エントリーへの画像表示/表示位置(左・中央・右)/サムネイル作成/ポップアップへのリンク/設定内容の保存、等が表示されます。この画面では全て表示されていますが、「表示オプション」はチェックボックスのチェック状態で非表示になり、ユーザビリティが考慮されています。
エントリー画面エントリーを作成する場合、エントリー画面へジャンプします(これは 3.3 で実装済)。
ASSETES のページ(アップロード後)ファイルをいくつかアップロードした後の ASSETES のページ。「Type」欄にはファイルの種類が表示され、サイズも分かります。
イメージ・URL・パス等を表示「Filename」欄をクリックすると、画像ファイルであればイメージとURL、アップロード先のパス等が表示されます。
プルダウンメニューで「タグの追加」を選択Assets にはタグを付与できます。Assets のページでタグを付与したいファイルを選択し、右上にあるプルダウンメニューで「タグの追加...」を選択して「Go」をクリック。
タグ名を入力ここでは「picture」を入力します。
タグの反映入力したタグが反映されました。
タグを検索条件にするタグは Assets の検索条件として利用できます。
関連記事
zenback
人気エントリー
トラックバックURL


コメントする
greeting

*必須

*必須(非表示)


ご質問のコメントの回答については、内容あるいは多忙の場合、1週間以上かかる場合があります。また、すべてのご質問にはお答えできない可能性があります。予めご了承ください。

太字イタリックアンダーラインハイパーリンク引用
[サインインしない場合はここにCAPTCHAを表示します]

コメント投稿後にScript Errorや500エラーが表示された場合は、すぐに再送信せず、ブラウザの「戻る」ボタンで一旦エントリーのページに戻り(プレビュー画面で投稿した場合は、投稿内容をマウスコピーしてからエントリーのページに戻り)、ブラウザをリロードして投稿コメントが反映されていることを確認してください。

コメント欄に(X)HTMLタグやMTタグを記述される場合、「<」は「&lt;」、「>」は「&gt;」と入力してください。例えば「<$MTBlogURL$>」は「&lt;$MTBlogURL$&gt;」となります(全て半角文字)