YST(Yahoo! Search Technology)との戦い:その3 & Google 関連検索

YST(Yahoo! Search Technology)との戦い:その3 & Google 関連検索

Posted at December 23,2006 12:50 AM
Tag:[Google, Yahoo]

最近、Yahoo 検索で当サイトに訪れる方がさらに減りました。
下は Google Analytics による当サイトの昨日(12/21)の「ソース別の訪問数」です。

Google Analytics

  • 64.95%:google
  • 8.05%:(direct)
  • 2.87%:msn
  • 2.51%:yahoo
  • 1.09%: yujiro.dyndns.org
  • 20.52%:(other)

Yahoo はこれまで第3位(4~5%)でしたが、ついに msn に抜かれて 4位になりました。トップは変わらず Google で、相対的に比率が上がって 64.95% です。

気になるのは、旧サイトのドメインを検索結果から除外するために、旧ドメインのウェブサーバのトップディレクトリに robots.txt を置いているのですが、相変わらず検索結果に反映されてしますようです。

Yahoo 検索

下記の説明を読むと、ドメイン変更前にテンプレートをご利用になっているサイトのバナーやパーマリンクに残っているのが原因に思われます。

Yahoo!検索特定のページ、キャッシュを検索結果から削除したい

設定を行うと、ページ内のテキストの内容はデータベースに登録されませんが、ページのURLがほかの公開されているウェブページからの参照リンクとして、データベースに残る可能性はあります。

説明では検索結果に表示されることは名言されていませんが、上記の検索結果より、「データベースに残る=検索結果に反映される」という風に解釈しています。
ディレクトリ自体を削除するという手もありますが、もう少し様子を見てみたいと思います。

これまでの経緯は下記のページをどうぞ。

上記とは別に Google では「関連検索」なるものが表示されるようになりました。当サイト名で検索すると、ページ下に下記のような検索結果が表示されます。

Google 検索

関連記事
zenback
人気エントリー
トラックバックURL


コメントする
greeting

*必須

*必須(非表示)


ご質問のコメントの回答については、内容あるいは多忙の場合、1週間以上かかる場合があります。また、すべてのご質問にはお答えできない可能性があります。予めご了承ください。

太字イタリックアンダーラインハイパーリンク引用
[サインインしない場合はここにCAPTCHAを表示します]

コメント投稿後にScript Errorや500エラーが表示された場合は、すぐに再送信せず、ブラウザの「戻る」ボタンで一旦エントリーのページに戻り(プレビュー画面で投稿した場合は、投稿内容をマウスコピーしてからエントリーのページに戻り)、ブラウザをリロードして投稿コメントが反映されていることを確認してください。

コメント欄に(X)HTMLタグやMTタグを記述される場合、「<」は「&lt;」、「>」は「&gt;」と入力してください。例えば「<$MTBlogURL$>」は「&lt;$MTBlogURL$&gt;」となります(全て半角文字)