feedpath Rabbit の「未読一括表示機能」復活

feedpath Rabbit の「未読一括表示機能」復活

Posted at April 20,2007 6:23 PM
Tag:[Feedpath, RSS]

先日エントリーした「feedpath リニューアル」で

feedpath をご利用の方はご存知と思いますが、リニューアルされた feedpath Rabbit では私が唯一使っていたこの「未読記事を一括で一覧表示」機能が廃止されました。

と書きましたが、小川さんはじめ feedpath ファンの皆様の声が届いたようで、復活しました。

Feedリーダー・Blogエディタの改修と新機能追加を行いました。

フォルダ単位(タグ単位)での未読一覧表示の機能を追加しました。 サイドバーのフォルダ名(タグ名)の横にあります |全未読| リンクをクリックすると購読サイトフォルダ(タグ)に登録されているサイトの新着一覧を表示します。

新しく追加された「全未読」リンク上の引用にも書かれている通り、フォルダ右に新しく表示された | 全未読 | というリンクをクリックすると、以前のバージョンと同じようにフォルダ配下の未読記事がまとめて表示されます。

feedpath Rabbit を使う理由

feedpath Rabbit リニューアル後、他の RSS リーダーをいくつか試してみましたが、結局そのまま feedpath Rabbit を継続して使っています。理由は feedpath Rabbit の表示が快適、タイトルのみの一覧表示が他の Web 型 RSS リーダーと比較して一番見やすい、等です。

できればサイト単位で「何時間前まで記事を読む」というセレクトボックスも復活して頂ければ最高なのですが(これは操作を誤って未読履歴を消してしまった時に大変重宝していました)、まずはユーザの声に耳を傾け、リニューアルから1週間で機能復活くださったフィードパス社のスタッフの皆様に感謝致します。

そういう訳で feedpath Rabbit と、一度失って改めて便利だったことが分かった「未読一括表示機能」を強くお勧めします。

関連記事
zenback
人気エントリー
トラックバックURL


トラックバック

というか、すでに復活!!feedpath Rabbitのフォルダ一気読み機能 from メモ帳であり備忘録でありブログであり・・・
「feedpath Rabbitのフォルダ一気読み機能が復活?」というのを書いた後、feedpath Rabbitでいつものように記事を読んでいたら「小粋... [続きを読む]

Tracked on April 21, 2007 12:31 PM
コメントする
greeting

*必須

*必須(非表示)


ご質問のコメントの回答については、内容あるいは多忙の場合、1週間以上かかる場合があります。また、すべてのご質問にはお答えできない可能性があります。予めご了承ください。

太字イタリックアンダーラインハイパーリンク引用
[サインインしない場合はここにCAPTCHAを表示します]

コメント投稿後にScript Errorや500エラーが表示された場合は、すぐに再送信せず、ブラウザの「戻る」ボタンで一旦エントリーのページに戻り(プレビュー画面で投稿した場合は、投稿内容をマウスコピーしてからエントリーのページに戻り)、ブラウザをリロードして投稿コメントが反映されていることを確認してください。

コメント欄に(X)HTMLタグやMTタグを記述される場合、「<」は「&lt;」、「>」は「&gt;」と入力してください。例えば「<$MTBlogURL$>」は「&lt;$MTBlogURL$&gt;」となります(全て半角文字)