Movable Type 3 から Movable Type 4 のアップグレードにおける注意事項(その2)

Movable Type 3 から Movable Type 4 のアップグレードにおける注意事項(その2)

Posted at January 31,2008 12:30 AM
Tag:[MovableType, Upgrade]

Movable Type 3 から Movable Type 4 のアップグレードにおける注意事項」で不足していた項目を、このエントリーに掲載しておきます。1~6までは前の記事を参照ください。

7.サブカテゴリーリスト用テンプレートタグ

MT3 では MTSubCategories タグで表示されていたサブカテゴリーリストが、MT4 のメインページやカテゴリーアーカイブ以外のアーカイブで表示されなくなります。

カテゴリーリストを表示する場合は下のように、MTSubCategories タグを MTTopLevelCategories に書き換えてください。

変更前

<MTSubCategories>
<MTSubCatIsFirst><ul></MTSubCatIsFirst>
<MTIfNonZero tag="MTCategoryCount">
<li><a href="<$MTCategoryArchiveLink$>" title="<$MTCategoryDescription$>"><MTCategoryLabel></a> [<$MTCategoryCount$>]
<MTElse>
<li><MTCategoryLabel>
</MTElse>
</MTIfNonZero>
<MTSubCatsRecurse max_depth="3">
</li>
<MTSubCatIsLast></ul></MTSubCatIsLast>
</MTSubCategories>

変更後

<MTTopLevelCategories>
<MTSubCatIsFirst><ul></MTSubCatIsFirst>
<MTIfNonZero tag="MTCategoryCount">
<li><a href="<$MTCategoryArchiveLink$>" title="<$MTCategoryDescription$>"><MTCategoryLabel></a> [<$MTCategoryCount$>]
<MTElse>
<li><MTCategoryLabel>
</MTElse>
</MTIfNonZero>
<MTSubCatsRecurse max_depth="3">
</li>
<MTSubCatIsLast></ul></MTSubCatIsLast>
</MTTopLevelCategories>

8.ウェブページのテンプレート

MT3 からのアップグレードでは、ウェブページ用のテンプレートが存在しません(アーカイブテンプレートは MT3 のテンプレート構造を引き継ぐため)。
注:MT4.0 ベータの時に試した情報なので、誤っていたらご指摘ください。

ウェブページのテンプレートを作成するには、「デザイン」→「テンプレート」→「アーカイブテンプレート」の「アーカイブテンプレートを作成」の右にある「ウェブページ」をクリック。

ウェブページのテンプレートを作成

テンプレートはエントリーアーカイブを元に作成すると良いでしょう。そして、ブログ記事用のテンプレートタグを、ウェブページ用のテンプレートタグにリネームします。

テンプレートタグのリネームの主な対応は下記の通りです。

ブログ記事ウェブページ
MTEntryIDMTPageID
MTEntryTitleMTPageTitle
MTEntryBodyMTPageBody
MTEntryMoreMTPageMore

その他のタグも、「Entry」を「Page」に変更すれば良いと思います。

コメント・トラックバックのテンプレートタグはそのまま(コメントは前の記事を参考にしてMT4対応に修正が必要)で大丈夫ですが、利用しないのであれば削除しても良いでしょう。

関連記事

関連記事
zenback
人気エントリー
トラックバックURL


コメントする
greeting

*必須

*必須(非表示)


ご質問のコメントの回答については、内容あるいは多忙の場合、1週間以上かかる場合があります。また、すべてのご質問にはお答えできない可能性があります。予めご了承ください。

太字イタリックアンダーラインハイパーリンク引用
[サインインしない場合はここにCAPTCHAを表示します]

コメント投稿後にScript Errorや500エラーが表示された場合は、すぐに再送信せず、ブラウザの「戻る」ボタンで一旦エントリーのページに戻り(プレビュー画面で投稿した場合は、投稿内容をマウスコピーしてからエントリーのページに戻り)、ブラウザをリロードして投稿コメントが反映されていることを確認してください。

コメント欄に(X)HTMLタグやMTタグを記述される場合、「<」は「&lt;」、「>」は「&gt;」と入力してください。例えば「<$MTBlogURL$>」は「&lt;$MTBlogURL$&gt;」となります(全て半角文字)