「Movable Type WEBデザインの新しいルール」3刷見本誌到着

「Movable Type WEBデザインの新しいルール」3刷見本誌到着

Posted at April 3,2008 2:55 AM
Tag:[Amazon, Book, MovableType]

Movable Type WEBデザインの新しいルール」の3刷見本誌が到着しました。
3刷が書店に並ぶのはまだ先になると思いますが、新宿の紀伊国屋あたりが一番早いかも知れません。

Movable Type WEBデザインの新しいルール

本を書かせて頂けただけでも光栄だったのですが、ここまで部数を伸ばせるとは、正直、夢にも思っていませんでした。お買い上げくださった皆様には改めてお礼申し上げます。
このブログ同様、ビギナーズラックといったところでしょうか。

初めて当ブログを訪れた方へ、おさらいですが、この本の特徴は以下のエントリーで記しています。

上の記事で書いていないところで、一番力を入れたところは2つあります。

ひとつは、書籍では当ブログのテンプレートをダウンロードしてデザインを変更するという手順になっているのですが、そのデザイン変更と、完成したデザインです。
それに伴って、CSSの基本についても数ページですが誌面を割いて説明しています。「そういうのはいらない(MTだけの内容にして欲しい)」という評価もネット上でいくつかあったのですが、私が執筆を引き受ける時点ではそういう構成に決まっていたことと、本を何冊も買えない方への配慮という意味で、私自身もそれについては賛成でした。

もうひとつは、カスタマイズの完成サンプルは、ブログを実際に使ってどのように表示されるかというところを表現したかったので、画面ショットに使われている記事タイトルや記事本文は、相当な時間をかけて推敲しました。
記事本文を「テストテスト...」などの文字で並べても良かったかもしれませんが、私自身、その部分だけはこだわりたかった部分です。パラパラとめくっただけでは気がつかない、カスタマイズの内容には直接関係ない箇所ですが、そういうディテールにはかなり注力したことを付け加えておきます。

情報商材サイトっぽくなるので、多くは語りませんが、「この本のおかげで素敵なブログができました」という内容のメールも多く頂いており、大変嬉しく思っています。

ただし、本の価値は購入された方次第ですので、内容的に不満が残る方がいらっしゃることも事実です。今後も、時間が許す限りサポートしたいと思っていますので、書籍のサポートサイトや本ブログのメールからでもご質問を頂ければと思います。

Movable Type WEBデザインの新しいルールMovable Type WEBデザインの新しいルール
荒木 勇次郎 松永 英明

翔泳社 2007-10-17
売り上げランキング : 29243

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
関連記事
zenback
人気エントリー
トラックバックURL


コメントする
greeting

*必須

*必須(非表示)


ご質問のコメントの回答については、内容あるいは多忙の場合、1週間以上かかる場合があります。また、すべてのご質問にはお答えできない可能性があります。予めご了承ください。

太字イタリックアンダーラインハイパーリンク引用
[サインインしない場合はここにCAPTCHAを表示します]

コメント投稿後にScript Errorや500エラーが表示された場合は、すぐに再送信せず、ブラウザの「戻る」ボタンで一旦エントリーのページに戻り(プレビュー画面で投稿した場合は、投稿内容をマウスコピーしてからエントリーのページに戻り)、ブラウザをリロードして投稿コメントが反映されていることを確認してください。

コメント欄に(X)HTMLタグやMTタグを記述される場合、「<」は「&lt;」、「>」は「&gt;」と入力してください。例えば「<$MTBlogURL$>」は「&lt;$MTBlogURL$&gt;」となります(全て半角文字)