Movable Type 4.15 ベータ1リリース

Movable Type 4.15 ベータ1リリース

Posted at April 26,2008 12:33 AM
Tag:[4.15, MovableType]

公にアナウンスされていないようですが、Movable Type 4.15 ベータ1(プロフェッシュナルパック同梱版)がリリースされました。言い換えると、MTOS 4.15 ベータのコア機能をベースにした Movable Type 4.15 ベータ(カスタムフィールド機能つき)がリリースされた、ということです。

Movable Type 4.15 ベータ

すでに藤本壱さんの記事「Movable Type 4.15β4とメタデータの扱い」や mtos-ja で情報が公開されていますが、4.15 ではカスタムフィールドのテーブル構成が見直されています。

言い換えると、カスタムフィールドを実装するためのバックエンド機能が 4.15 で見直されて、カスタムフィールドはそれを元に作り直されています。

ちなみに、4.15 では MT::Meta クラスが新しく実装され、データベースには entry_meta とcategory_meta というテーブルが追加されています。さらに、mt_asset_meta/mt_author_meta/mt_blog_meta/mt_template_meta というテーブルも追加されています。
それに伴い、mt_entry テーブルから entry_meta カラムがなくなりました。

4.1 のテーブル(抜粋)

4.1 のテーブル構成(抜粋)

4.15 のテーブル(抜粋)

4.15 のテーブル構成(抜粋)

entry_meta のテーブル構造

entry_meta のテーブル構造

カスタムフィールドを利用した場合、指定した型によって適切なカラムにデータを格納するようです。また、テキストや日付などの単純な構造のデータについてはシリアライズされません。

種類が「テキスト」のカスタムフィールド設定例

種類が「テキスト」のカスタムフィールド設定例

種類が「日付と時刻」のカスタムフィールド設定例

種類が「日付と時刻」のカスタムフィールド設定例

関連記事
zenback
人気エントリー
トラックバックURL


コメントする
greeting

*必須

*必須(非表示)


ご質問のコメントの回答については、内容あるいは多忙の場合、1週間以上かかる場合があります。また、すべてのご質問にはお答えできない可能性があります。予めご了承ください。

太字イタリックアンダーラインハイパーリンク引用
[サインインしない場合はここにCAPTCHAを表示します]

コメント投稿後にScript Errorや500エラーが表示された場合は、すぐに再送信せず、ブラウザの「戻る」ボタンで一旦エントリーのページに戻り(プレビュー画面で投稿した場合は、投稿内容をマウスコピーしてからエントリーのページに戻り)、ブラウザをリロードして投稿コメントが反映されていることを確認してください。

コメント欄に(X)HTMLタグやMTタグを記述される場合、「<」は「&lt;」、「>」は「&gt;」と入力してください。例えば「<$MTBlogURL$>」は「&lt;$MTBlogURL$&gt;」となります(全て半角文字)