MTDate タグ・モディファイア詳説

MTDate タグ・モディファイア詳説

Posted at July 2,2008 2:02 AM
Tag:[MovableType, MTDate]

MTDate タグの、Movable Type 4.2 におけるローカルモディファイア詳細です。MTDate タグは再構築の日付を表示するタグです。次の Date 系タグのローカルモディファイアはすべて共通です。

  • MTArchiveDate
  • MTArchiveDateEnd
  • MTAssetDateAdded
  • MTCalendarDate
  • MTCommentDate
  • MTDate
  • MTEntryCreatedDate
  • MTEntryDate
  • MTEntryModifiedDate
  • MTPageDate
  • MTPageModifiedDate
  • MTPingDate
  • MTScoreDate

1.モディファイアなし

モディファイアを指定しない場合は次のように出力されます。出力フォーマットは、ブログ管理画面の「設定」→「ブログ記事」→「日付の言語」の設定に依存します。

<$MTDate$>
2008年7月 2日 01:23 

2.utc モディファイア

utc モディファイアは、協定世界時(Coordinated Universal Time)を示します。タイムゾーンの設定で「UTC+9」とか設定するときの UTC です。1を設定するとタイムゾーンを無視して UTC で出力します。
分かりにくいですが、1項のサンプルから -9 時間で表示されます。

テンプレートタグの記述

<$MTDate utc="1"$>

出力

2008年7月 1日 16:23

3.format_name モディファイア

format_name モディファイアは出力フォーマットを決定します。rfc822 を設定すると、RFC822 に準拠したフォーマットで出力します。

テンプレートタグの記述

<$MTDate format_name="rfc822"$>

出力

Wed, 02 Jul 2008 01:23:56 +0900

iso8601 を設定すると、ISO8601 に準拠したフォーマットで出力します。

テンプレートタグの記述

<$MTDate format_name="iso8601"$>

出力

2008-07-02T01:23:56+09:00

utc モディファイアと組み合わせると、タイムゾーン指定子が UTC を表す「Z」になります。

テンプレートタグの記述

<$MTDate utc="1" format_name="rfc822"$>

出力

Tue, 01 Jul 2008 16:23:56 Z

テンプレートタグの記述

<$MTDate utc="1" format_name="iso8601"$>

出力

2008-07-01T16:23:56Z

3.relative モディファイア

Movable Type 4.2 で追加されたモディファイアです。名前の通り、相対時刻を出力します。JavaScript を利用するので、リアルタイムな相対時刻を表示します。
js を指定すると、JavaScript を利用して相対時刻を表示します。js 以外(1とか)であれば、再構築時間の相対時刻を表示します。
JavaScript を利用する場合は、mt.js のインクルードが必要です。

テンプレートタグの記述

<script src="<$MTBlogURL$>mt.js"></script>
...中略...
<$MTDate relative="js"$>

出力

5 分前

ソースコード

<script type="text/javascript">
/* <![CDATA[ */
document.write(mtRelativeDate(new Date(2008,7,02,01,23,56), '2008年7月 2日 01:23'));
/* ]]> */
</script><noscript>2008年7月 2日 01:32</noscript>

テンプレートタグの記述

<$MTDate relative="1"$>

出力

5 分前

4.mail モディファイア

1を設定すると出力内容をメールの文字コードにエンコードします。グローバルテンプレートのメール通知系で利用します。

テンプレートタグの記述

<$MTDate mail="1"$>

出力

2008年7月 2日 01:23 

1項と同じに見えますが、1項の「月」や「日」は、次のように数字実体参照されています。

ソースコード

2008&#24180;7&#26376; 2&#26085; 01:23

5.language モディファイア

出力する言語を指定します。フランス語を指定すると次のようになります。

テンプレートタグの記述

<$MTDate language="fr"$>

出力

2 juillet 2008 1h23
関連記事
zenback
人気エントリー
トラックバックURL


コメントする
greeting

*必須

*必須(非表示)


ご質問のコメントの回答については、内容あるいは多忙の場合、1週間以上かかる場合があります。また、すべてのご質問にはお答えできない可能性があります。予めご了承ください。

太字イタリックアンダーラインハイパーリンク引用
[サインインしない場合はここにCAPTCHAを表示します]

コメント投稿後にScript Errorや500エラーが表示された場合は、すぐに再送信せず、ブラウザの「戻る」ボタンで一旦エントリーのページに戻り(プレビュー画面で投稿した場合は、投稿内容をマウスコピーしてからエントリーのページに戻り)、ブラウザをリロードして投稿コメントが反映されていることを確認してください。

コメント欄に(X)HTMLタグやMTタグを記述される場合、「<」は「&lt;」、「>」は「&gt;」と入力してください。例えば「<$MTBlogURL$>」は「&lt;$MTBlogURL$&gt;」となります(全て半角文字)