Movable Type で BlogPet からの投稿を設定する場合の注意事項

Movable Type で BlogPet からの投稿を設定する場合の注意事項

Posted at September 8,2008 12:33 AM
Tag:[BlogPet, MovableType]

BlogPet を利用すると、ブログ投稿や、ペットが自分のブログのユーザーとして自動投稿してくれる機能があります。これらの機能を利用するには、BlogPet と Movable Type の設定が必要ですが、その場合の注意事項を記しておきます。

1.BlogPet へブログ情報設定

BlogPetの管理画面にログインして、「各種設定」→「基本設定」→「ブログ」と進み、表示された画面で次の内容を設定します。

BlogPetの管理画面

ブログのユーザーID
ブログにログインするときのユーザー名を設定します。
ブログのパスワード
ブログにログインするときのパスワードではなく、「Webサービスパスワード」を設定します。 「Webサービスパスワード」の設定については2項を参照してください。
投稿用APIのURL
アプリケーションディレクトリにあるCGIファイル、mt-xmlrpc.cgiまでのURLを設定します(CGIファイル名を含む)。
Blog判別用ID
ブログを1つしか作っていない場合は「1」です。複数作成している場合は、管理画面のURLなどに表示される
blog_id=X
のXの部分がBlog判別用IDになります。

2.Movable Type への「Webサービスパスワード」の設定

ブログ管理画面の「一覧」→「ユーザー」でユーザーの一覧を表示し、ブログをインストールするときに作成したユーザー名をクリック。

ユーザーの一覧

画面下の方に「Webサービスパスワード」があります。これが、BlogPetの「ブログのパスワード」に該当します。

Webサービスパスワード

インストール直後は任意の値が設定されているので、右側の「内容を表示」のリンクをクリックすれば現在設定されているパスワードが表示されます。

Webサービスパスワードの確認

パスワードを変更したい場合は、任意のパスワードに変更して「変更を保存」をクリックしてください。

なお、「Webサービスパスワード」は、インストール時のユーザーのユーザー編集画面にしか表示されません。

3.BlogPet側の設定で「この設定では投稿用APIにアクセスできませんでした。」というエラーになる場合

1項の設定が適正でない場合、「設定を保存」をクリックした後にタイトルのエラーが発生します。
このエラーは設定状況によって次の2つに分かれます。

3.1 「MetaWeblogとAtomAPIのみ対応しています」というエラーになる

MetaWeblogとAtomAPIがみつけられない場合のエラーです。

Webサービスパスワード

原因は、1項の「投稿用APIのURL」で設定したURLが間違っているためです。アプリケーションディレクトリまでのURLが間違っていないか、mt-xmlrpc.cgiがURLに含まれているか確認してください。アプリケーションディレクトリが

http://user-domain/mt/

であれば、「投稿用APIのURL」は、

http://user-domain/mt/mt-xmlrpc.cgi

となります。

3.2 「ログインが不正です。」というエラーになる

1項の「投稿用APIのURL」は正しく設定されていますが、投稿用APIを使って、設定したブログにログインできないために発生するエラーです。

Webサービスパスワード

原因は、2項の「Webサービスパスワード」と、1項の「ブログのパスワード」が不一致(Movable Typeの管理画面にログインするときのパスワードを設定してしまった場合など)のためです。
Movable Typeの「Webサービスパスワード」を確認して、BlogPet管理画面の「ブログのパスワード」に設定してください。

関連記事
zenback
人気エントリー
トラックバックURL


コメント

質問させてください。

MTで検索結果にグーグルアドセンスを入れてるとあぼになるので、検索ページ&タグページではアドセンスを非表示に、その他のページでは表示させたいのですが何かよい方法はないでしょうか?

違う広告にする技もあれば教えていただきたいです。

よろしくお願いします。

[1] Posted by 名無し : September 8, 2008 10:51 PM

>名無しさん
こんばんは。
ご質問の件ですが、アドセンスのコードをどこに表示するか不明ですが、おそらく他のページと共通に使う「ブログ記事の概要」や「ヘッダー」などに入れたいものと仮定します。

であれば、次のMTタグを使って、アドセンスのコードは①と②に記述すると良いでしょう。

<mt:unless name="system_template">
(①システムではないページで表示)
<mt:elseIf name="body_class" like="mt-comment">
(②コメントプレビュー・コメント完了ページで表示)
<mt:else>
(③検索結果で表示)
</mt:unless>

違う広告にするというのは具体的にどういう感じでしょうか。

上記のタグは面白いネタなので、エントリーでも情報展開させて頂きます。
それではよろしくお願い致します。

[2] Posted by yujiro logo : September 9, 2008 1:22 AM

ありがとうございます。
上のタグですべてできそうです><
ありがとうございます。ありがとうございます。

[3] Posted by 名無し : September 9, 2008 5:19 PM

>名無しさん
ご連絡ありがとうございました。
どういたしまして。

[4] Posted by yujiro logo : September 10, 2008 9:11 AM
コメントする
greeting

*必須

*必須(非表示)


ご質問のコメントの回答については、内容あるいは多忙の場合、1週間以上かかる場合があります。また、すべてのご質問にはお答えできない可能性があります。予めご了承ください。

太字イタリックアンダーラインハイパーリンク引用
[サインインしない場合はここにCAPTCHAを表示します]

コメント投稿後にScript Errorや500エラーが表示された場合は、すぐに再送信せず、ブラウザの「戻る」ボタンで一旦エントリーのページに戻り(プレビュー画面で投稿した場合は、投稿内容をマウスコピーしてからエントリーのページに戻り)、ブラウザをリロードして投稿コメントが反映されていることを確認してください。

コメント欄に(X)HTMLタグやMTタグを記述される場合、「<」は「&lt;」、「>」は「&gt;」と入力してください。例えば「<$MTBlogURL$>」は「&lt;$MTBlogURL$&gt;」となります(全て半角文字)