MTArchiveList タグブロック内で使えるテンプレートタグ

MTArchiveList タグブロック内で使えるテンプレートタグ

Posted at September 27,2009 2:50 AM
Tag:[MovableType, MTArchiveList, TemplateTag]

MTArchiveList タグブロック内で使えるテンプレートタグということで、小ネタを紹介します。

MTArchiveList タグでは、通常、MTArchive系のテンプレートタグが使えますが、type モディファイアでブログ記事やカテゴリを指定した場合、その中に直接 MTEntry系や MTCategory系のファンクションタグが記述できます。

<mt:ArchiveList type="Individual">
  <mt:EntryTitle />
</mt:ArchiveList>
<mt:ArchiveList type="Category">
  <mt:CategoryLabel />
</mt:ArchiveList>

このサブテンプレートは(テンプレートタグの表記を MT3 のお作法に直しても)MT3.x では正常に動作しなかったので、MT4.x から動作が変わったようです。

以下は既出ですが、次のように書けば MTEntries タグブロック内は処理中のカテゴリに依存します。

<mt:ArchiveList type="Category">
  <mt:CategoryLabel />
  <mt:Entries>
    <mt:EntryTitle />
  </mt:Entries>
</mt:ArchiveList>

まとめると、「MTArchiveList タグブロック内はアーカイブテンプレートと同じコンテキストである」ということだと思います(多分)。

関連記事
zenback
人気エントリー
トラックバックURL


コメントする
greeting

*必須

*必須(非表示)


ご質問のコメントの回答については、内容あるいは多忙の場合、1週間以上かかる場合があります。また、すべてのご質問にはお答えできない可能性があります。予めご了承ください。

太字イタリックアンダーラインハイパーリンク引用
[サインインしない場合はここにCAPTCHAを表示します]

コメント投稿後にScript Errorや500エラーが表示された場合は、すぐに再送信せず、ブラウザの「戻る」ボタンで一旦エントリーのページに戻り(プレビュー画面で投稿した場合は、投稿内容をマウスコピーしてからエントリーのページに戻り)、ブラウザをリロードして投稿コメントが反映されていることを確認してください。

コメント欄に(X)HTMLタグやMTタグを記述される場合、「<」は「&lt;」、「>」は「&gt;」と入力してください。例えば「<$MTBlogURL$>」は「&lt;$MTBlogURL$&gt;」となります(全て半角文字)