Movable Type 5.0 情報(テンプレートタグ Tips)

Movable Type 5.0 情報(テンプレートタグ Tips)

Posted at October 7,2009 1:55 AM
Tag:[5.0, MovableType, TemplateTag]

Movable Type 5.0 のテンプレートタグの操作に関する Tips です(ベータ2現在の情報)。以前の記事と若干重複しているかもしれませんがあしからず。

また、情報の一部は「Movable Type 5 BETA ドキュメント」からの引用です。

1.親ウェブサイトのコンテキストに移動する

<mt:BlogParentWebsite>
   :
</mt:BlogParentWebsite>

2.親ウェブサイトのモジュールをインクルードする

<mt:BlogParentWebsite><mt:WebsiteID setvar="website_id"></mt:BlogParentWebsite>
<mt:Include module="Test" blog_id="$website_id">

3.ウェブサイトに属するブログのコンテキストに移動する

<mt:Blogs include_blogs="site">
   :
</mt:Blogs>

4.コメントのカスタムフィールドをコメント投稿フォームに表示する

<input type="hidden" name="blog_id" value="<MTBlogID>" />
<input type="hidden" name="customfield_beacon" value="1" id="customfield_beacon" />
<mt:CommentCustomFields>
<mt:SetVarBlock name="custom_field_name"><$mt:CustomFieldName$></mt:SetVarBlock>
<mt:SetVarBlock name="field-content"><$mt:CustomFieldHTML$></mt:SetVarBlock>
<mt:SetVarBlock name="custom_field_id">profile_<$mt:CustomFieldName dirify="1"$></mt:SetVarBlock>
<$mt:Include module="フォームフィールド" id="$custom_field_id" class="" label="$custom_field_name"$>
</mt:CommentCustomFields>

5.カスタムフィールドの埋め込みオブジェクトを表示する際の注意点

Movable Typeの標準テンプレートでは、プロフィールやコメントのカスタムフィールド項目をブログで表示する際、安全のためにHTMLタグを除去するグローバルモディファイア sanitize="1" を指定しています。

このため、カスタムフィールドの『埋め込みオブジェクト』で入力される<embed>や<object>タグは、標準の設定では除去されます。

タグを除去せずに、カスタムフィールドの値を表示したい場合は、 sanitize="0" とすることでHTMLをそのまま表示できます。ただし、これによりウェブサイト上で任意のHTMLを表示したり、JavaScriptを実行することが可能になります。ウェブサイトのセキュリティ確保のために、信頼されたユーザーだけがその項目を編集できるよう、コメント認証やユーザーの権限を厳しく設定してください。

関連記事
zenback
人気エントリー
トラックバックURL


トラックバック

わくわくめーるで進行中! from Hなギャンブラーのマイナス生活からの脱出!
わくわくで進行中です。 [続きを読む]

Tracked on October 7, 2009 9:56 PM
コメントする
greeting

*必須

*必須(非表示)


ご質問のコメントの回答については、内容あるいは多忙の場合、1週間以上かかる場合があります。また、すべてのご質問にはお答えできない可能性があります。予めご了承ください。

太字イタリックアンダーラインハイパーリンク引用
[サインインしない場合はここにCAPTCHAを表示します]

コメント投稿後にScript Errorや500エラーが表示された場合は、すぐに再送信せず、ブラウザの「戻る」ボタンで一旦エントリーのページに戻り(プレビュー画面で投稿した場合は、投稿内容をマウスコピーしてからエントリーのページに戻り)、ブラウザをリロードして投稿コメントが反映されていることを確認してください。

コメント欄に(X)HTMLタグやMTタグを記述される場合、「<」は「&lt;」、「>」は「&gt;」と入力してください。例えば「<$MTBlogURL$>」は「&lt;$MTBlogURL$&gt;」となります(全て半角文字)