Movable Type 5.0 RC2 リリース

Movable Type 5.0 RC2 リリース

Posted at November 19,2009 1:55 AM
Tag:[5.0, MovableType]

Movable Type 5.0 RC2 がリリースされました。

Movable Type 5.0 RC2 を公開
Movable Type 5.0 RC2

以下のリンクからダウンロードページに進めます。

Movable Type 5.0 ベータページ

改善点や不具合の修正はリリースノートを参照ください。RC2 ではダイナミックパブリッシング関連のバグ修正がかなり行なわれています。

RC2リリースノート

個人的に気になった既知の問題点は以下です。

  • アーカイブページのページ送り機能は、新規に作成したアーカイブテンプレートでは利用できない。
  • アイテムのカスタムフィールドを投稿するときの"アイテムの挿入"画面で、Movable Type 4.xではオーディオ、ビデオ、画像をふくむすべてのアイテムが表示されるが、Movable Type 5.0ではオーディオ、ビデオ、画像は表示されず、その他のアイテムだけが表示される。ただし、オーディオ、ビデオ、画像をアップロードすることは可能。
  • WordPressのエクスポートデータをインポートするときに、文字化けする場合がある。
  • カスタムフィールドに数字の"0"を入力したときに、テンプレートタグで"0"を出力できない。 <mt:If tag="カスタムフィールドのタグ" eq="0"> <mt:カスタムフィールドのタグ></mt:If>など、明示的に評価して出力する必要がある。
  • Movable Typeで利用するCPANモジュール(DBIやDBD::mysqlなど)のバージョンが古い環境で、管理画面を表示する際に"Statement has no result columns to bind"のエラーが表示される場合がある。このエラーが表示された場合は、該当のCPANモジュールをバージョンアップが必要(修正予定なし)。

また、インストール・バージョンアップに関して、次の注意点が公開されています。

  • 以前のバージョンからバージョンアップするときには、上書きではなく新しいディレクトリにMovable Typeを配置してください。
  • Windows環境にMovable Typeをインストールするときには、tar.gz形式ではなく、zip形式のMovable Typeを解凍してインストールしてください。
  • 以前のバージョンでダイナミックパブリッシングを利用していて、Movable Type 5.0を旧バージョンと異なるディレクトリに配置してバージョンアップした場合は、以下の手順を実行する必要があります。
    1. .htaccess と mtview.php ファイルをブログから削除します。
    2. ブログ テンプレートの管理画面から、[公開プロファイルを設定]でダイナミックパブリッシングを設定した状態で設定を保存します。
    3. 新しい .htaccess と mtview.php ファイルが作成されます。

とりあえずデータベースはまだ選択できるようです。

Movable Type 5.0 RC2

関連記事
zenback
人気エントリー
トラックバックURL


コメントする
greeting

*必須

*必須(非表示)


ご質問のコメントの回答については、内容あるいは多忙の場合、1週間以上かかる場合があります。また、すべてのご質問にはお答えできない可能性があります。予めご了承ください。

太字イタリックアンダーラインハイパーリンク引用
[サインインしない場合はここにCAPTCHAを表示します]

コメント投稿後にScript Errorや500エラーが表示された場合は、すぐに再送信せず、ブラウザの「戻る」ボタンで一旦エントリーのページに戻り(プレビュー画面で投稿した場合は、投稿内容をマウスコピーしてからエントリーのページに戻り)、ブラウザをリロードして投稿コメントが反映されていることを確認してください。

コメント欄に(X)HTMLタグやMTタグを記述される場合、「<」は「&lt;」、「>」は「&gt;」と入力してください。例えば「<$MTBlogURL$>」は「&lt;$MTBlogURL$&gt;」となります(全て半角文字)