WordPress 3.0 リリース

WordPress 3.0 リリース

Posted at June 24,2010 2:55 AM
Tag:[3.0, WordPress]

WordPress 3.0がリリースされました。本エントリーではWordPress 3.0の主な新機能について簡単に紹介します。MT5書籍の執筆に追われて、WordPressからかなり遠ざかってしまっていたので分かる範囲で。

1.デフォルトテーマ「Twenty Ten」

デフォルトテーマが「Twenty Ten」に変わりました。

Twenty Ten

「Twenty Ten」テーマではヘッダー画像や背景画像の切り替えが行なえます。また、テンプレートの種類もいくつか増えています。

2.マルチサイト対応

WordPress MUの機能が統合されてマルチサイトに対応しました。これにより、複数のウェブサイトを、ひとつのWordPress(=ひとつのDB)で管理できるようになります。

この機能を利用するためには、wp-config.phpに「WP_ALLOW_MULTISITE」を定義します。

define('WP_ALLOW_MULTISITE', true);

追加すると、「ツール」メニューに「ネットワーク」が表示されます。

ネットワーク

力尽きたので、以降は以下の記事を参照願います。

参考:WordPress 3.0で複数ブログを使う設定

3.カスタム投稿タイプ

デフォルトの投稿タイプは「投稿 (post) 」「ページ (page) 」「添付ファイル (attachment)」「リビジョン (revision) 」「ナビゲーションメニュー (nav_menu) 」があり、さらに任意の投稿タイプを追加できるようになります。

WordPress Codex 日本語版 - カスタム投稿タイプ

WordPress はたくさんのタイプのコンテンツを保存して表示できます。内部ではこれらはすべて同じ場所、wp_posts テーブルに保存されてます。これらの異なるタイプのコンテンツは "post_type" というカラムによって区別されています。 WordPress 3.0 以降では、任意の投稿コンテンツを追加したり使用できる機能があります。

カスタム投稿タイプを利用するには、register_post_type 関数(下)を利用テーマのfunction.phpに追加します。ソースコードはWordPress Codex 日本語版からの引用です。

add_action( 'init', 'create_post_type' );
function create_post_type() {
  register_post_type( 'super',
    array(
      'labels' => array(
        'name' => __( 'Supers' ),
        'singular_name' => __( 'Super' )
      ),
      'public' => true,
    )
  );
}

「カスタム投稿タイプ」は、Movable Typeで言えば、ブログ記事/ウェブページの他、アイテム/記事の履歴/テンプレートモジュール/ウィジェットが投稿タイプに該当するようです。

4.カスタムタクソノミー

デフォルトのタクソノミー(分類)は「カテゴリー」「タグ」「リンクカテゴリー」があり、さらに任意のタクソノミーを追加できるようになります。追加したタクソノミーはカテゴリーのように親子関係を作ることができます。

WordPress Codex 日本語版 - カスタム分類

カスタムタクソノミーを利用するには、register_taxonomy関数(下)を利用テーマのfunction.phpに追加します。ソースコードはWordPress Codex 日本語版からの引用です。

function people_init() {
  // 新規分類を作成
  register_taxonomy(
    'people',
    'post',
    array(
      'label' => __('People'),
      'sort' => true,
      'args' => array('orderby' => 'term_order'),
      'rewrite' => array('slug' => 'person'),
    )
  );
}
add_action( 'init', 'people_init' );

あるいは、Custom Post Type UI プラグインを利用するようです。

カスタムタクソノミーの表示は、ループ内(テーマのloop.php)で分類名を get_the_term_list 関数に渡すようです。ソースコードはWordPress Codex 日本語版からの引用です。

echo get_the_term_list( $post->ID, 'people', 'People: ', ', ',  );

作成すると、ナビゲーションメニューに追加されます。下は「WordPress Version」というカスタムタクソノミーを追加した例です。

WordPress Version

5.カスタムメニュー

投稿・ページ・カテゴリー・タグ・リンクを元にしたカスタムメニューを管理画面から作成し、テーマ内のメニューエリアやウィジェットエリアに挿入できるようになります。

カスタムメニューは、「外観」→「メニュー」から作成できます。

カスタムメニュー

関連記事
zenback
人気エントリー
トラックバックURL


コメントする
greeting

*必須

*必須(非表示)


ご質問のコメントの回答については、内容あるいは多忙の場合、1週間以上かかる場合があります。また、すべてのご質問にはお答えできない可能性があります。予めご了承ください。

太字イタリックアンダーラインハイパーリンク引用
[サインインしない場合はここにCAPTCHAを表示します]

コメント投稿後にScript Errorや500エラーが表示された場合は、すぐに再送信せず、ブラウザの「戻る」ボタンで一旦エントリーのページに戻り(プレビュー画面で投稿した場合は、投稿内容をマウスコピーしてからエントリーのページに戻り)、ブラウザをリロードして投稿コメントが反映されていることを確認してください。

コメント欄に(X)HTMLタグやMTタグを記述される場合、「<」は「&lt;」、「>」は「&gt;」と入力してください。例えば「<$MTBlogURL$>」は「&lt;$MTBlogURL$&gt;」となります(全て半角文字)