Github を Windows で利用する(Git GUI編)

Github を Windows で利用する(Git GUI編)

Posted at August 4,2010 11:55 PM
Tag:[github]

Github を Windows で利用する方法を紹介します。このエントリーではGit GUIというツールを利用して、

  • リモートリポジトリの作成
  • ローカルリポジトリの作成
  • ローカルリポジトリのコミットとリモートリポジトリへのプッシュ
  • ファイル更新時のコミットとリモートリポジトリへのプッシュ

等について紹介します。「githubの使い方が分からない」というビギナー(私も含め)のためのエントリーです。GUIのオプション設定など詳細な設定は割愛していますので予めご了承ください。

なお、以降の操作を行う前にgithubのアカウント取得は完了させておいてください。

1.ダウンロード

githubのサイトにある「Help」をクリック。

ダウンロード

右側のメニューから「Intermediate」の中にある「Install Git HTML help」をクリック。

ダウンロード

Windowsの説明にある「Msysgit」をクリック。

ダウンロード

「Downloads」タブをクリック。

ダウンロード

「Git-1.7.6-preview20110708.exe(2011年9月現在の最新バージョン)」の「↓」をクリックすればダウンロードできます。

ダウンロード

2.Gitのインストール

前項でダウンロードした実行ファイルをダブルクリックして実行します。

「Next」をクリック。

「Next」をクリック

「Next」をクリック。

「Next」をクリック

Gitのインストールフォルダを指定して「Next」をクリック。

Gitのインストールフォルダを指定

デフォルトのまま「Next」をクリック。

デフォルトのまま「Next」

スタートメニュー名を設定して「Next」をクリック。

スタートメニュー名を設定

「Usr Git Bash only」を選択して「Next」をクリック。

「Usr Git Bash only」を選択

改行コードを選択して「Next」をクリック。

改行コードを選択

インストールが開始します。

インストール開始

「Finish」をクリック。

インストール完了

3.SSHキーの作成

githubを利用するにはSSHキーの作成が必要です。

「スタート」→「すべてのプログラム」→「Git」→「Git GUI」を選択してGUIを起動します。

GUIを起動

「ヘルプ」→「SSHキーを表示」を選択。

SSHキーを表示

「鍵を作成」をクリック。

鍵を作成

任意のパスフレーズを入力します。

任意のパスフレーズを入力

もう一度、同じパスフレーズを入力します。

任意のパスフレーズを再入力

「あなたの鍵は~にあります」という表示と、鍵(ランダムな文字列)が表示されればOKです。

表示されたキーは4項で使うので、「クリップボードにコピー」でコピーしておいてください。また、入力したパスフレーズは8項の作業にある「リポジトリにプッシュ」で利用するので、忘れないようにしてください。

パスフレーズ設定完了

4.SSHキーの登録

作成したSSHキーを、githubの自アカウントに登録します。

自分のアカウントでログインでしたgithubのページで「Account Settings」をクリック。

githubのページ

「SSH Public Keys」をクリック。

Account Settings

「Add another public key」をクリック。

SSH Public Keys

「Title」に適当な名称を設定して「Key」にさきほどコピーした内容をペーストして「Add Key」をクリック。

Add another public key

登録後は次のような表示になります。「Add another public key」をクリックすれば他のPCなど、別のSSHキーを登録できます。編集する場合は「edit」、削除する場合は右側の×印をクリックします。

登録後の表示

5.リポジトリ(リモート側)の作成

自分のアカウントでログインでしたgithubのページで「Dashboard」をクリック。

ダッシュボード

「New Repository」をクリック。

新しいリポジトリ

「Project Name(プロジェクト名)」「Description(説明)」「Homepage URL(ホームページのURL)」を入力して「Create Repository」をクリック。それぞれの項目は後で変更できます。

リポジトリ設定画面

このような画面が表示されるので、このままにしておいてください(この後の作業で、リモート側のリポジトリを入力するために表示されているデータを利用します)。

リポジトリ作成完了画面

本エントリーではGit Bashではなく、Git GUIで説明しますが、Git Bashを利用する場合は、上の画面に表示されているようなコマンドを入力しながら、ローカル側のリポジトリを作成します。

6.リポジトリ(ローカル側)の作成

「スタート」→「すべてのプログラム」→「Git」→「Git GUI」を選択してGUIを起動します。

Git GUI

「新しいリポジトリを作る」をクリック。

新しいリポジトリを作る

リポジトリにしたいディレクトリを入力して「作成」をクリックします。「ブラウズ」をクリックすれば、リポジトリにしたい作成済みのフォルダを指定することができます。作成すると、指定したディレクトリ直下に「.git」というフォルダが作成されます。

ディレクトリを入力

このような画面が開きます。左上の「コミット予定に入っていない変更」は、作成したリポジトリにある、まだコミットされていないファイルが表示されます。リポジトリを作成した後にコミットしたいファイルを配置した場合、真ん中あたりにある「再スキャン」、またはメニューバーの「コミット」→「再スキャン」を選択すれば、同じように表示されます。

GUI画面

7.ファイルのコミット(確定)

「コミット予定に入っていない変更」に表示されているファイルを選択して(ShiftキーまたはCtrlキーを押しながらクリックすれば複数選択可能)、「コミット」→「コミット予定する」を選択します。

コミット予定する

warningが出た場合は「続行」をクリックします。

warning

これで、選択したファイルが「ステージングされた(コミット予定済みの)変更」に移動します。

ステージングされた(コミット予定済みの)変更

「ステージングされた(コミット予定済みの)変更」にある、コミット対象のファイルを先程と同様の手順で選択します。そして、「最初のコミットメッセージ」に任意のメッセージを入力して「コミット」をクリックします。

ステージングされた(コミット予定済みの)変更

コミットが完了すると、ウィンドウの左下に「コミット~を作成しました」が表示されます。

コミット完了

8.コミットしたファイルをリポジトリへプッシュ

「プッシュ」をクリックします。プッシュは、コミットファイルのリモート側への送信を行います。

プッシュ

次のウィンドウが開くので、「送り先リポジトリ」に、「4.リポジトリ(リモート側)の作成」で作成したリポジトリの「次の手順:」に記載されているリモート側のリポジトリ名を入力します。ここでは「git@github.com:koikikukan/mt-plugin-entry-exporter.git」を入力しています。設定後、「プッシュ」をクリックします。

プッシュ

プッシュ状態を示す画面が開きます。

プッシュ

上記の画面が開いたまま、SSHのパスフレーズを尋ねる画面が開くので、「3.SSHキーの作成」で入力したパスフレーズを入力します。

プッシュ

プッシュ状態を示す画面に「成功」が表示されればプッシュ完了です。

プッシュ完了

リモート側のリポジトリが次のように表示されます。

リモート側のリポジトリ

9.ファイルの内容を更新してリモートリポジトリに反映させる

「スタート」→「すべてのプログラム」→「Git」→「Git GUI」を選択してGUIを起動します。さきほど利用したリポジトリが「最近使ったリポジトリを開く」に登録されるので、それをクリックします。

最近使ったリポジトリを開く

変更されたファイルが自動的に抽出されます。

変更されたファイルが自動的に抽出

コミットとプッシュの手順は「5.リポジトリ(ローカル側)の作成」と同様ですが、今度は「コミット予定に入っていない変更」から選択したあと、「コミット」→「変更されたファイルをコミット予定」を選択します。

コミットとプッシュ

以降のコミットとプッシュの作業は7項・8項と同じ要領で行ってください。

2011.09.08
4項の作業が抜けていたので追加しました/日本語のスクリーンショットを英語表記のものに差し替えました/6項の説明を6~8項に分割しました/1項の説明を現在のバージョンにあわせて最新化しました。

関連記事
zenback
人気エントリー
トラックバックURL


コメント

お世話になっております。

この記事のおかげで、gitはじめることが出来ました!
ありがとうございます。

もし出来ましたら、説明の中に1文だけ、

「アカウント設定から、SSHキーを登録する」

の旨を追記していただけると幸いです。


よろしくお願いいたします。

[1] Posted by riatw : April 23, 2011 2:57 PM

>riatwさん
こんばんは。
ご利用ありがとうございます。
追加の件ですが、すでにどの部分か失念してしまっているので、具体的な追加位置をご連絡願えますでしょうか。
それではよろしくお願い致します。

[2] Posted by yujiro logo : April 26, 2011 2:08 AM

riatwです、こんにちは。

遅くなってしまってすみませんが、

4.リポジトリ(リモート側)の作成

の後に追加していただければと思います。


よろしくお願いいたします。

[3] Posted by riatw : May 20, 2011 11:43 AM

恐らく riatw さんと同じ件かと思いますが、「GitHub(リモート)にSSH公開鍵を登録する」手順が抜け落ちているようです。
説明文中に『表示されたキーそのものは使いませんが、』とあるのが気になりますが…
私の勘違いかもしれませんが、今一度ご確認いただければ幸いです。

[4] Posted by Sizuken : September 6, 2011 11:42 PM

>riatwさん、Sizukenさん
こんにちは。
大変遅くなり申し訳ありません。ご指摘の内容を追加致しましたのでご確認ください。
それではよろしくお願い致します。

[5] Posted by yujiro logo : September 8, 2011 12:06 PM
コメントする
greeting

*必須

*必須(非表示)


ご質問のコメントの回答については、内容あるいは多忙の場合、1週間以上かかる場合があります。また、すべてのご質問にはお答えできない可能性があります。予めご了承ください。

太字イタリックアンダーラインハイパーリンク引用
[サインインしない場合はここにCAPTCHAを表示します]

コメント投稿後にScript Errorや500エラーが表示された場合は、すぐに再送信せず、ブラウザの「戻る」ボタンで一旦エントリーのページに戻り(プレビュー画面で投稿した場合は、投稿内容をマウスコピーしてからエントリーのページに戻り)、ブラウザをリロードして投稿コメントが反映されていることを確認してください。

コメント欄に(X)HTMLタグやMTタグを記述される場合、「<」は「&lt;」、「>」は「&gt;」と入力してください。例えば「<$MTBlogURL$>」は「&lt;$MTBlogURL$&gt;」となります(全て半角文字)