Github を Windows で利用する(ローカルPCにリモートリポジトリの複製を作る)

Github を Windows で利用する(ローカルPCにリモートリポジトリの複製を作る)

Posted at October 22,2010 2:22 AM
Tag:[clone, github]

Githubを使って、リモートリポジトリの複製(ローカルリポジトリ)をローカルPCに作成し、ローカルリポジトリで変更したソースコードをリモートリポジトリに反映させる手順です。

Github を Windows で利用する(Git GUI編)」では新規のリポジトリ作成からの流れを説明しましたが、ローカルリポジトリが存在しない状態での手順を記していなかったので、本エントリーで紹介します。

Git Bashはネット上での情報が多いので、1項の「リポジトリの複製」のみにとどめ、後はGit GUIを使って作業します。

1.リポジトリの複製(ローカルリポジトリの作成)

Git Bashを起動します。

MS-DOSのようなウィンドウが開くので、cdコマンドでローカルリポジトリを作成したいディレクトリに移動します。

移動後、「git clone」コマンドを実行します。「git clone」コマンドは、svnの「svn co」と同じような動作になります。「git clone」の後にリモートリポジトリを指定します。

リモートリポジトリの取得プロトコルは、SSH/HTTP/Git Read-Onlyの3種類があります。ここではSSH(git@github.com~)を使用しています。

git clone git@github.com:xxx/xxxx.git

このあと、「Enter passphrase for key...」という風に、SSHのパスフレーズを尋ねられるので、sshキーを入力します。sshキーの設定は「Github を Windows で利用する(Git GUI編)」を参照してください。

認証OKであれば、リモートのリポジトリの複製(ローカルリポジトリ)が作成されます。

この後、ローカルリポジトリでソースコードの修正作業を行います。

2.ローカルリポジトリでのコミット

Git GUIを起動し、作成したローカルリポジトリを指定します。

ソースコードの修正を行っている場合、変更されたファイルが表示されているので、まずコミット作業を行います。

具体的には、「コミット予定に入っていない変更」からファイルを選択して、「コミット」→「変更されたファイルをコミット予定」を選択します。

「コミットメッセージ」に任意のメッセージを入力して「コミット」をクリックします。これで、ローカルリポジトリ上でのコミットが完了します。

3.リモートリポジトリへのプッシュ

ローカルリポジトリの変更をリモートリポジトリへ反映(プッシュ)します。2項の状態から「プッシュ」をクリックします。

開いた画面にある「リモート」から「origin」にして、「プッシュ」をクリックします。「git clone」コマンドでリポジトリを複製すると、リモートリポジトリに「origin」という別名がつくので、このような指定を行います。

最後にSSHのパスフレーズを尋ねられるので、入力します。認証OKであればリモートリポジトリへプッシュが実行されます。

関連記事
zenback
人気エントリー
トラックバックURL


コメント

いつも有用なプラグインありがとうございます。ご質問ですが、このプラグインは、インデックステプレート又はブログ全体用なのでしょうか?
カテゴリなどアーカイブテンプレートには、コード選択画面が表示されませんでいた。MTOS5.02を使っています。

[1] Posted by まつざき : October 22, 2010 10:15 AM

すいません。CharsetEncoder プラグイン v0.05の質問をこちらに書いてしまいました。

[2] Posted by まつざき : October 22, 2010 10:17 AM

>まつざきさん
こんばんは。
ご質問の件ですが、アーカイブテンプレートに対応するv0.10をリリースしましたので、ご確認ください。
質問先誤りの件は、ご心配いりません。
それではよろしくお願い致します。

[3] Posted by yujiro logo : October 23, 2010 1:58 AM
コメントする
greeting

*必須

*必須(非表示)


ご質問のコメントの回答については、内容あるいは多忙の場合、1週間以上かかる場合があります。また、すべてのご質問にはお答えできない可能性があります。予めご了承ください。

太字イタリックアンダーラインハイパーリンク引用
[サインインしない場合はここにCAPTCHAを表示します]

コメント投稿後にScript Errorや500エラーが表示された場合は、すぐに再送信せず、ブラウザの「戻る」ボタンで一旦エントリーのページに戻り(プレビュー画面で投稿した場合は、投稿内容をマウスコピーしてからエントリーのページに戻り)、ブラウザをリロードして投稿コメントが反映されていることを確認してください。

コメント欄に(X)HTMLタグやMTタグを記述される場合、「<」は「&lt;」、「>」は「&gt;」と入力してください。例えば「<$MTBlogURL$>」は「&lt;$MTBlogURL$&gt;」となります(全て半角文字)