Movable Typeのブログ記事で未使用のアイテム一覧を表示する(本文未挿入版)

Movable Typeのブログ記事で未使用のアイテム一覧を表示する(本文未挿入版)

Posted at January 14,2011 2:55 AM
Tag:[Asset, MovableType, TemplateTag]

Movable Typeのテンプレートを使って、ブログ記事で未使用のアイテムを表示するTipsです。この記事は「Movable Typeのブログ記事で未使用のアイテム一覧を表示する」に対し、「記事のアイテムとして登録されていて、本文の埋め込みコードを削除したものの一覧は表示できないでしょうか」という質問がありましたので、その回答です。

1.サンプル

あるブログに次のように4つのアイテム(画像)を登録しているものとします。

アイテム一覧

このアイテムのうち、2つのアイテムをブログ記事で使用しています。

ブログ記事に登録しているアイテム

が、そのうちひとつしか本文に埋め込んでいません。

記事本文

この状態で、2項に示すサブテンプレートを利用すれば、記事本文に埋め込まれていないアイテム一覧をリストすることができます。

アイテム一覧

2.サブテンプレート

利用するサブテンプレートは次のようになります。

<mt:Entries lastn="0">
  <mt:EntryAssets type="image">
    <mt:AssetID setvar="key" />
    <mt:AssetLabel setvar="value" />
    <mt:SetVar name="asset_list{$key}" value="$value" />
  </mt:EntryAssets>
</mt:Entries>
<mt:Entries lastn="0">
  <mt:EntryAssets type="image">
    <mt:AssetURL setvar="asset_url" />
    <mt:AssetID setvar="asset_id" />
    <mt:if tag="EntryBody" like="$asset_url">
      <mt:GetVar name="delete(asset_list)" key="$asset_id" setvar="tmp" />
    </mt:if>
  </mt:EntryAssets>
</mt:Entries>
<mt:loop name="asset_list">
  <mt:if name="__first__">
<ul>
  </mt:if>
  <li><mt:GetVar name="__value__" /></li>
  <mt:if name="__last__">
</ul>
  </mt:if>
</mt:loop>

以下、サブテンプレートの解説です。

まず、最初のMTEntriesタグで、ブログ記事で使っている画像のアイテム一覧のハッシュを生成します。MTEntriesタグブロック内部で、アイテム情報をハッシュ変数asset_listに保存します。ハッシュのキーがアイテムID、ハッシュの値がアイテムの名前になります。

<mt:Entries lastn="0">
  <mt:EntryAssets type="image">
    <mt:AssetID setvar="key" />
    <mt:AssetLabel setvar="value" />
    <mt:SetVar name="asset_list{$key}" value="$value" />
  </mt:EntryAssets>
</mt:Entries>

次のMTEntriesタグで、ブログ記事本文で使っているアイテムを、先程作成したハッシュから削除します。ブログ記事本文でアイテムが使われていることの判断は、MTIfタグにtagモディファイアを与え、MTEntryBodyタグにアイテムのURLが含まれているかどうかでチェックしています。ハッシュから削除するには、MTGetVarタグとnameモディファイアにdelete関数を使って対象のハッシュ変数を指定し、keyモディファイアに削除対象のハッシュキーを設定しますが、deleteした時点で削除対象のハッシュの値が出力されるので、setvarモディファイアで変数tmpにおいやり、画面に表示しないようにします。

<mt:Entries lastn="0">
  <mt:EntryAssets type="image">
    <mt:AssetURL setvar="asset_url" />
    <mt:AssetID setvar="asset_id" />
    <mt:if tag="EntryBody" like="$asset_url">
      <mt:GetVar name="delete(asset_list)" key="$asset_id" setvar="tmp" />
    </mt:if>
  </mt:EntryAssets>
</mt:Entries>

最後のMTLoopタグで、ハッシュの一覧を出力します。ここで出力されたアイテムがブログ記事で使われなかったものになります。この部分は前のエントリーと変わっていません。

<mt:loop name="asset_list">
  <mt:if name="__first__">
<ul>
  </mt:if>
  <li><mt:GetVar name="__value__" /></li>
  <mt:if name="__last__">
</ul>
  </mt:if>
</mt:loop>
関連記事
zenback
人気エントリー
トラックバックURL


コメント

ご丁寧にありがとうございます!
私のトライした内容といっしょで安心しました。
ソース、参考にさせていただきます。

しかし、記事編集画面の「ブログ記事アイテム」は機能的に実運用で使えるんですかね。。。
何のために使うのかお客さんに説明するの難しいです。

[1] Posted by mayona : January 14, 2011 11:15 AM
コメントする
greeting

*必須

*必須(非表示)


ご質問のコメントの回答については、内容あるいは多忙の場合、1週間以上かかる場合があります。また、すべてのご質問にはお答えできない可能性があります。予めご了承ください。

太字イタリックアンダーラインハイパーリンク引用
[サインインしない場合はここにCAPTCHAを表示します]

コメント投稿後にScript Errorや500エラーが表示された場合は、すぐに再送信せず、ブラウザの「戻る」ボタンで一旦エントリーのページに戻り(プレビュー画面で投稿した場合は、投稿内容をマウスコピーしてからエントリーのページに戻り)、ブラウザをリロードして投稿コメントが反映されていることを確認してください。

コメント欄に(X)HTMLタグやMTタグを記述される場合、「<」は「&lt;」、「>」は「&gt;」と入力してください。例えば「<$MTBlogURL$>」は「&lt;$MTBlogURL$&gt;」となります(全て半角文字)