日本人のためのフェイスブック入門

日本人のためのフェイスブック入門

Posted at January 30,2011 12:55 AM
Tag:[Amazon, Book, Facebook]

フェイスブック(facebook)入門書の紹介です。

日本人のためのフェイスブック入門 (Forest2545Shinsyo 29)
松宮義仁
フォレスト出版
売り上げランキング: 24

「フェイスブックって何だ?」って思っているビギナー向けの入門書です。この本では、「いいね!」ボタンや「ファンページ」などの、フェイスブックのソーシャルメディアとしての可能性が分かりやすく解説されています。

また、フェイスブックの各機能について解説されているだけでなく、「日本人向けの」というタイトルの通り、利用時のマナーやプライバシー保護についても言及しており、使うのをためらっている方、実名・写真掲載に抵抗がある方もこの本を読めば安心して始められるかもしれません。巻末にはフェイスブックを使いこなすためのTIpsや人気のあるファンページが紹介されています。

これからフェイスブックを始めようと思っている方、アカウントはもっているけど使い方がいまひとつ分からない方などにお勧めです。

以下、目次です。

プロローグ 新しいメディア「フェイスブック」とは?
フェイスブックって何?
ソーシャルメディアって何?
「検索の時代」から「ソーシャルメディアの時代」へ
グーグルの滞在時間をフェイスブックが抜いた!
第1章 アメリカ人とは違う日本人にとってのフェイスブック
日本独自のソーシャルメディアの潮流
芸能人戦略をとったアメブロ登場!
すべてのメディアをつなぐ「いいね!」ボタンの正体とは?
「いいね!」が世界を席巻する
バーチャルからリアルへ
私がミクシィをやめた理由
ミクシィよりも「ビジネス」「人脈」が広がる!
第2章 人生を変える!友達を1000人つくる方法
同じ場所に立つことを決断する
影響力をもつ
自分からアクションを起こす
「いいね!」貯金を貯める
すべては「いいね!」ボタンを押すところから始まる
気になる人に積極的に「いいね!」する
「いいね!友達」」をつくる
友達リストを作る
影響力が出るウォールの使い方
ネットとリアルを融合する~人脈というつながる力~
リアルでつながってこそのフェイスブック
ソーシャルグラフという人間図
相乗効果を発揮するために
第3章 フェイスブックを使ってビジネスで儲ける具体的な方法
ファンページで専門性を出す
ファンの増やし方
ファンページとコミュニティページの違い
ソートリーダーシップを発揮し続ける
ソートリーダーシップとフリー戦略
他人に認められる2つの方法「継続と新しいチャレンジ」
第4章 フェイスブックライフを快適にすごすための「マナー」&「プライバシー保護」
コミュニケーションの前提
フェイスブックでは「決めつけない」
モラルを押しつけない
批判しない
ペース&リードのリズムを身につける
いきなり「見てください!」はNG
まずは相手のことを先に理解する
個人情報について考える
連絡先情報を隠す
どこまで公開するかを考える
友達申請をする時の注意
特別付録1 フェイスブックを100倍楽しく便利化するTips
メッセージ機能を活用
グループでより濃い関係をつくる
スマートフォンでフェイスブックを使う
アプリケーションを使う
位置情報サービス「スポット」で出会う
特別付録2 可能性を感じるファンページ
フェイスブックを語る上でファンページは欠かせません
じぶんブランド大学
facebookビギナー倶楽部
はやさかクリニックファンページ
真水Shinsui's calligraphy works
ネコっていいね!倶楽部
iPad活用研究会
コーチング研究会
介護者の気持ち
5cコンサルティング研究会
不動産コミュニティクラブ
健康のヒント
中小企業応援隊 ~地球活性化を目指して!~
関連記事
zenback
人気エントリー
トラックバックURL


コメントする
greeting

*必須

*必須(非表示)


ご質問のコメントの回答については、内容あるいは多忙の場合、1週間以上かかる場合があります。また、すべてのご質問にはお答えできない可能性があります。予めご了承ください。

太字イタリックアンダーラインハイパーリンク引用
[サインインしない場合はここにCAPTCHAを表示します]

コメント投稿後にScript Errorや500エラーが表示された場合は、すぐに再送信せず、ブラウザの「戻る」ボタンで一旦エントリーのページに戻り(プレビュー画面で投稿した場合は、投稿内容をマウスコピーしてからエントリーのページに戻り)、ブラウザをリロードして投稿コメントが反映されていることを確認してください。

コメント欄に(X)HTMLタグやMTタグを記述される場合、「<」は「&lt;」、「>」は「&gt;」と入力してください。例えば「<$MTBlogURL$>」は「&lt;$MTBlogURL$&gt;」となります(全て半角文字)