「Facebookページプロフェッショナルガイド」予約開始とセミナー「FacebookページPower Session!」のお知らせ

「Facebookページプロフェッショナルガイド」予約開始とセミナー「FacebookページPower Session!」のお知らせ

Posted at June 23,2011 2:55 AM
Tag:[Facebook]

執筆に参加させて頂いている「Facebookページプロフェッショナルガイド」がAmazonで予約開始になりました。

Facebookページ プロフェッショナルガイド
蒲生トシヒロ 竹村詠美 原裕 大元隆志 井出一誠 マクラケン直子 ホシナカズキ 藤本壱 荒木勇次郎 関根元和
毎日コミュニケーションズ

発売予定日は7月9日です。

Facebookに関する書籍はかなり出回っていますが、「Facebookページ」に特化した解説本はおそらくこれ1冊です。Facebookページをこれから作りたいと思っている方はもちろん、Facebookページをもっている方やFacebookページについて知りたいという方にもおすすめです。

以下目次です。

Chapter1 Facebookページとは
1 マーケティングの立場からみたFacebookページ
2 オピニオンリーダーの感じるFacebookページ
3 WordPressとFacebookのいい関係
4 アメリカ合衆国におけるFacebookページの使われた
5 WebとFacebookの相関関係
6 Faceookインテグレーションの日本事例
7 Facebookページを作ってガッカリしないために
Chapter2 Facebookページを作ろう
1 Facebookページの仕様を考えよう
2 Facebookページを作成しよう
3 Facebookページのカスタイマイズ
4 CMSを利用したFacebookページの作成
Chapter3 ソーシャルプラグインとFacebookアプリ
1 ソーシャルプラグインの利用方法
2 インサイト(Insights)を使ったアクセス解析
3 よく利用されるFacebookアプリ
4 Facebookアプリを作る
Chapter4 デザイナーによるフェイスブックページ
1 M-glam(エムグラム)
2 Coba-U(コバユー)
3 関西Web/IT系コミュニティが結集したイベント「Untitled!!!!!!!!」
4 合同会社かぷっと
5 コーディングの牧野工房
6 シンガーソングライター・千賀有花
7 おんがくのじかん(ライブ・バー)
8 Facebookで運営するレシピコンテスト

7月9日の発売にさきがけて「Facebookページ Power Session!」が7月2日に開催されます。

  • 日時:2011年7月2日(土)12:30開場 13:00開演 18:30終了(予定)
  • 場所:(株)毎日コミュニケーションズ 東京本社 マイナビルームA
    〒100-0003 東京都千代田区一ツ橋1-1-1 パレスサイドビル9階東コア
    東京メトロ東西線竹橋駅1b出口直結(地図はこちら)
  • 募集人数:120名(予定)
  • 参加費:10,000円(書籍代・懇親会費込み)※クレジットカードで支払いの場合は9,000円
  • 申し込み

講演内容

  • オープニング
    蒲生 トシヒロ(有限会社ITプロフェッショナル 代表取締役)
  • ソーシャルシフト ~企業と生活者の新しいコミュニケーションのカタチ~
    斉藤 徹(株式会社ループス・コミュニケーションズ 代表取締役社長)
  • Facebookマーケティングについて
    竹村 詠美(Orinoco株式会社 取締役マーケティング担当)
  • 企業のFacebook活用について
    井出 一誠(株式会社ガイアックス Gaiaxソーシャルメディア研究所)
  • Facebookページの設計からデザイン、実装まで
    ホシナ カズキ(M-glam)
  • 企業のFacebookページ国内活用事例
    原 裕(株式会社メンバーズ 執行役員)

参加費は、書籍「Facebookページプロフェッショナルガイド」+懇親会付きの価格ですので、購入を検討されている方はこの機会に是非ご参加ください。

関連記事
zenback
人気エントリー
トラックバックURL


コメントする
greeting

*必須

*必須(非表示)


ご質問のコメントの回答については、内容あるいは多忙の場合、1週間以上かかる場合があります。また、すべてのご質問にはお答えできない可能性があります。予めご了承ください。

太字イタリックアンダーラインハイパーリンク引用
[サインインしない場合はここにCAPTCHAを表示します]

コメント投稿後にScript Errorや500エラーが表示された場合は、すぐに再送信せず、ブラウザの「戻る」ボタンで一旦エントリーのページに戻り(プレビュー画面で投稿した場合は、投稿内容をマウスコピーしてからエントリーのページに戻り)、ブラウザをリロードして投稿コメントが反映されていることを確認してください。

コメント欄に(X)HTMLタグやMTタグを記述される場合、「<」は「&lt;」、「>」は「&gt;」と入力してください。例えば「<$MTBlogURL$>」は「&lt;$MTBlogURL$&gt;」となります(全て半角文字)