Movable Typeオブジェクトのcache_propertyについて

Movable Typeオブジェクトのcache_propertyについて

Posted at July 2,2011 2:55 AM
Tag:[cache_property, MovableType]

Movable Typeオブジェクトのcache_propertyメソッドについて紹介します。

1.概要

cache_propertyはMT::Objectに定義されているメソッドで、実行結果やデータのキャッシュを行いたい場合に利用します。キャッシュは1回のリクエスト内でのみ有効です。用途としては次の2パターンがあるようです。

  1. データベースへのアクセスを減らしたい
  2. データをリクエスト内で持ちまわりたい

2.cache_propertyへの設定

1つめの利用方法では次のように設定します。1つめのパラメータがキー、2つめのパラメータにはコードリファレンスを設定します。実行結果がキャッシュされていればキャッシュを返却し、そうでない場合はコードを実行しないという機能をもっています。

$obj->cache_property( $key, $code );

MT::Comment::parentでは次のように使われています。

sub parent {
    my $comment = shift;
    $comment->cache_property(
        'parent',
        sub {
            if ( $comment->parent_id ) {
                return MT::Comment->load( $comment->parent_id );
            }
        }
    );
}

2つめの利用方法では次のように設定します。例はMT::CMS::Entry::saveで、カテゴリデータを$objに保存する場合です。

$obj->cache_property( 'category', undef, $cat );

3.cache_propertyからの取得

取得は、いずれの場合もキーを設定します。

$obj->cache_property( $key );

前述のカテゴリデータの取得は次のように行います。

my $cat = $obj->cache_property( 'category' );

4.キャッシュのクリア

キャッシュをすべてクリアしたい場合は、clear_cacheを実行します。

$obj->clear_cache();

5.注意事項

コードを実行するパターンでは試していませんが、データの保存時にcache_propertyが使えるのは、プライマリキーが存在する場合のみのようです。言い換えると、データベース保存前の$objには一意のIDが付与されていないので、その状態でcache_propertyを実行するとエラーになるようです。

以上です。こういう記事を書いたときは何かの伏線と思われることが多いのですが、そのとおりです(笑)。

関連記事
zenback
人気エントリー
トラックバックURL


コメントする
greeting

*必須

*必須(非表示)


ご質問のコメントの回答については、内容あるいは多忙の場合、1週間以上かかる場合があります。また、すべてのご質問にはお答えできない可能性があります。予めご了承ください。

太字イタリックアンダーラインハイパーリンク引用
[サインインしない場合はここにCAPTCHAを表示します]

コメント投稿後にScript Errorや500エラーが表示された場合は、すぐに再送信せず、ブラウザの「戻る」ボタンで一旦エントリーのページに戻り(プレビュー画面で投稿した場合は、投稿内容をマウスコピーしてからエントリーのページに戻り)、ブラウザをリロードして投稿コメントが反映されていることを確認してください。

コメント欄に(X)HTMLタグやMTタグを記述される場合、「<」は「&lt;」、「>」は「&gt;」と入力してください。例えば「<$MTBlogURL$>」は「&lt;$MTBlogURL$&gt;」となります(全て半角文字)