MTのウェブサイトでブログ記事が作れる小粋空間版「Movable Type」の配布開始

MTのウェブサイトでブログ記事が作れる小粋空間版「Movable Type」の配布開始

Posted at September 1,2011 12:03 AM
Tag:[MovableType, MTOS]

Movable Typeはバージョン5から「ウェブサイト」という概念を導入し、サイト制作の利便性が向上しましたが、その反面、ブログだけを作成する場合には「空の」ウェブサイトを作る必要があります。

ということで、Movable Type Open Sourceをベースにソースコードを改変し、ウェブサイトでブログ記事が作れる機能を追加した小粋空間版「Movable Type」を当ブログで配布致します(MTOSのGPLにもとづいた再頒布です)。

下のスクリーンショットは小粋空間版「Movable Type」で作ったウェブサイトのトップページです。ウェブサイトのブログ記事が並んでいます。

ウェブサイトのトップページ
ウェブサイトのトップページ

小粋空間版「Movable Type」は下記のリンクからダウンロードできます。バージョン番号はMovable Typeの現在の最新バージョンにあわせています。

KMTOS-5.12-ja.zip

以下、主な機能を紹介します。ウェブサイトでブログ記事を管理できる以外の変更は行っていません。

1.ブログ記事の投稿

ウェブサイトでブログ記事の投稿が行えます。

ブログ記事投稿画面

グローバルナビゲーションの「新規作成」からもブログ記事の新規作成が行えます。

グローバルナビゲーション

2.カテゴリの作成

ウェブサイトでカテゴリが作成可能です。ブログ記事編集画面でもカテゴリを作成できます。

カテゴリ作成画面

3.アーカイブパスの設定

ウェブサイトの全般設定画面でアーカイブURL・アーカイブパスの設定が行えます。

全般設定画面

4.優先アーカイブタイプの設定

ウェブサイトの全般設定画面で優先アーカイブタイプの設定が可能です。

全般設定画面

5.ブログ記事一覧画面

ウェブサイトのブログ記事一覧で、自ウェブサイトのブログ記事を表示します。

ブログ記事一覧画面

自ウェブサイトのブログ記事だけを表示するフィルタも用意しています。

ブログ記事一覧画面

システム管理画面のブログ記事一覧にもウェブサイトのブログ記事を表示します。

システムのブログ記事一覧画面

6.ダッシュボード

ウェブサイトのダッシュボードに「Blog Stats」を表示します。

ダッシュボード

7.テーマ

テーマ「クラシックブログ(ウェブサイト用)」を追加しました。このテーマを選択すれば、ウェブサイトでブログ記事テンプレート、ブログ記事リストテンプレートが使えます。

テーマ一覧

8.ブログ記事のエクスポート・インポート

ウェブサイトでブログ記事のエクスポート・インポートが行えます。

テーマ一覧

9.注意事項

MT本体のバージョンアップが行われたときにはこちらも追従する予定でいますが、動作保障はありませんので予めご了承ください。

10.リリースノート

MT3やMT4からのアップグレード(=1番目に作ったブログをウェブサイトとして割り当てる)には対応していません。

関連記事
zenback
人気エントリー
トラックバックURL


コメントする
greeting

*必須

*必須(非表示)


ご質問のコメントの回答については、内容あるいは多忙の場合、1週間以上かかる場合があります。また、すべてのご質問にはお答えできない可能性があります。予めご了承ください。

太字イタリックアンダーラインハイパーリンク引用
[サインインしない場合はここにCAPTCHAを表示します]

コメント投稿後にScript Errorや500エラーが表示された場合は、すぐに再送信せず、ブラウザの「戻る」ボタンで一旦エントリーのページに戻り(プレビュー画面で投稿した場合は、投稿内容をマウスコピーしてからエントリーのページに戻り)、ブラウザをリロードして投稿コメントが反映されていることを確認してください。

コメント欄に(X)HTMLタグやMTタグを記述される場合、「<」は「&lt;」、「>」は「&gt;」と入力してください。例えば「<$MTBlogURL$>」は「&lt;$MTBlogURL$&gt;」となります(全て半角文字)