WordPressで抜粋の文字数を変更する方法

WordPressで抜粋の文字数を変更する方法

Posted at October 26,2011 1:55 AM
Tag:[Customize, WordPress, WPMultibytePatch]

WordPressで抜粋の文字数を変更する方法を紹介します。WordPressは3.2.1を使っています。

1.問題点

下のスクリーンショットはTwenty Elevenテーマを使った検索結果ページです。検索結果ページではthe_excerpt()を使って(本文の)抜粋を表示するようにしていますが、日本語の場合、the_excerpt()を使っても全文が表示されてしまいます。

検索結果ページ

理由は、以下の公式ドキュメントによると、「語句の間を半角スペースで区切らない言語では判定できない」ということらしいです。

テンプレートタグ/the excerpt

2.対策

WordPressを使っている方はすでにご存知と思いますが、同梱されている「WP Multibyte Patch」プラグインを有効化します。

検索結果ページ

これで110文字を抜粋して表示するようになります。

検索結果ページ

3.文字数を変更する

2項の設定で110文字になるのは「WP Multibyte Patch」プラグインのデフォルト設定によるものです。

文字数を変更する場合は、さらに以下の手順を踏んでください。

まず、wp-content/plugins/wp-multibyte-patch/wpmp-config-sample.phpをコピーしてwpmp-config.phpを作成します。

次に作成したwpmp-config.phpを任意のエディタで開き、下記の「110」の部分を修正します。

$wpmp_conf['excerpt_mblength'] = 110;

修正したwpmp-config.phpをwp-content配下にアップロードします。

例えば「75」に変更すると、次のようにさらに抜粋を短く表示することができます。

検索結果ページ

ということで、抜粋に任意の文字数を表示できるようになります。お試しください。

関連記事
zenback
人気エントリー
トラックバックURL


コメントする
greeting

*必須

*必須(非表示)


ご質問のコメントの回答については、内容あるいは多忙の場合、1週間以上かかる場合があります。また、すべてのご質問にはお答えできない可能性があります。予めご了承ください。

太字イタリックアンダーラインハイパーリンク引用
[サインインしない場合はここにCAPTCHAを表示します]

コメント投稿後にScript Errorや500エラーが表示された場合は、すぐに再送信せず、ブラウザの「戻る」ボタンで一旦エントリーのページに戻り(プレビュー画面で投稿した場合は、投稿内容をマウスコピーしてからエントリーのページに戻り)、ブラウザをリロードして投稿コメントが反映されていることを確認してください。

コメント欄に(X)HTMLタグやMTタグを記述される場合、「<」は「&lt;」、「>」は「&gt;」と入力してください。例えば「<$MTBlogURL$>」は「&lt;$MTBlogURL$&gt;」となります(全て半角文字)