Movable Typeのカテゴリリストで階層別に背景画像を変更する

Movable Typeのカテゴリリストで階層別に背景画像を変更する

Posted at November 22,2011 1:55 AM
Tag:[]

Movable Typeのカテゴリリストで階層別に背景画像を変更する方法を紹介します。

1.カテゴリリストの完成サンプル

このカスタマイズでは次のようなカテゴリリストを出力します。

カテゴリリスト

カテゴリリストのli要素のclass属性には、階層別に異なる値を設定します。class属性値にスタイルを適用すれば、階層別に異なる背景画像を適用できます。

また、サンプルでは第3階層の最後のli要素に「last」というclass属性値も付与しています。

<ul>
  <li class="parent"><a href="http://user-domain/cat1/">親カテゴリ</a>
    <ul>
      <li class="child"><a href="http://user-domain/cat1/1/">子カテゴリ1</a>
        <ul>
          <li class="grandchild"><a href="http://user-domain/cat1/1/1/">孫カテゴリ1</a></li>
          <li class="grandchild"><a href="http://user-domain/cat1/1/2/">孫カテゴリ2</a></li>
          <li class="grandchild last"><a href="http://user-domain/cat1/1/3/">孫カテゴリ3</a></li>
        </ul>
      </li>
      <li class="child"><a href="http://user-domain/cat1/2/">子カテゴリ2</a>
        <ul>
          <li class="grandchild"><a href="http://user-domain/cat1/2/1/">孫カテゴリ1</a></li>
          <li class="grandchild"><a href="http://user-domain/cat1/2/2/">孫カテゴリ2</a></li>
          <li class="grandchild last"><a href="http://user-domain/cat1/2/3/">孫カテゴリ3</a></li>
        </ul>
      </li>
    </ul>
  </li>
</ul>

2.カスタマイズ

1項のカテゴリリストを出力するには、次のサブテンプレートを利用します。

<$mt:SetVar name="depth" value="1"$>
<mt:TopLevelCategories>
  <mt:SubCatIsFirst>
<ul>
  </mt:SubCatIsFirst>
    <mt:if name="depth" eq="1">
  <li class="parent"><a href="<$mt:CategoryArchiveLink$>"><$mt:CategoryLabel$></a>
    </mt:if>
    <mt:if name="depth" eq="2">
  <li class="child"><a href="<$mt:CategoryArchiveLink$>"><$mt:CategoryLabel$></a>
    </mt:if>
    <mt:if name="depth" eq="3">
      <mt:SubCatIsLast>
  <li class="grandchild last"><a href="<$MTCategoryArchiveLink$>"><mt:CategoryLabel></a>
      <mt:else>
  <li class="grandchild"><a href="<$mt:CategoryArchiveLink$>"><$mt:CategoryLabel$></a>
      </mt:SubCatIsLast>
    </mt:if>
    <$mt:SetVar name="depth" op="++"$>
  <$mt:SubCatsRecurse$>
  <$mt:SetVar name="depth" op="--"$>
</li>
  <mt:SubCatIsLast>
</ul>
  </mt:SubCatIsLast>
</mt:TopLevelCategories>

ポイントは青色で示した変数depthの制御で、これで階層の深さを判断しています。変数をインクリメントしているのはMTSubCatsRecurseの直前のMTSetVarタグ、デクリメントしているのがMTSubCatsRecurseの直後のMTSetVarタグです。

また、赤色で示したMTSubCatIsLastタグで、第3階層の「last」を付与を制御しています。

ちなみに、

      <mt:SubCatIsLast>
  <li class="grandchild last"><a href="<$MTCategoryArchiveLink$>"><mt:CategoryLabel></a>
      <mt:else>
  <li class="grandchild"><a href="<$mt:CategoryArchiveLink$>"><$mt:CategoryLabel$></a>
      </mt:SubCatIsLast>

の5行は、実際には次の1行に置き換えて書くこともできます。

<li class="grandchild<mt:SubCatIsLast> last</mt:SubCatIsLast>"><a href="<$MTCategoryArchiveLink$>"><mt:CategoryLabel></a>

第1階層・第2階層の判定処理の中に、第3階層の処理と同じようにMTSubCatIsLastタグを使えば、「parent」や「child」に「last」を付与することができます。

3.カスタマイズ(第1階層をh3要素にする)

第1階層のみをh3要素にするには、次のサブテンプレートを利用します。

<$mt:SetVar name="depth" value="1"$>
<mt:TopLevelCategories>
  <mt:SubCatIsFirst>
    <mt:if name="depth" ne="1">
<ul>
    </mt:if>
  </mt:SubCatIsFirst>
    <mt:if name="depth" eq="1">
<h3><mt:CategoryLabel></h3>
    </mt:if>
    <mt:if name="depth" eq="2">
  <li class="child"><MTCategoryLabel>
    </mt:if>
    <mt:if name="depth" eq="3">
      <mt:SubCatIsLast>
  <li class="grandchild last"><a href="<$MTCategoryArchiveLink$>"><mt:CategoryLabel></a>
      <mt:else>
  <li class="grandchild"><a href="<$mt:CategoryArchiveLink$>"><$mt:CategoryLabel$></a>
      </mt:SubCatIsLast>
    </mt:if>
    <$mt:SetVar name="depth" op="++"$>
  <mt:SubCatsRecurse>
  <$mt:SetVar name="depth" op="--"$>
  <mt:if name="depth" ne="1">
</li>
  </mt:if>
  <mt:SubCatIsLast>
    <mt:if name="depth" ne="1">
</ul>
    </mt:if>
  </mt:SubCatIsLast>
</mt:TopLevelCategories>

2項のサブテンプレートの違いは、赤色で示しました。違いは、第1階層の処理でh3要素を出力することと、ul要素を出力しないことです。

4.その他

このエントリーのカスタマイズでは変数を利用して階層を判断していますが、次のタグを利用しても実現可能です。

  • MTHasParentCategory
  • MTHasNoParentCategory
  • MTHasSubCategories
  • MTHasNoSubCategories

例えば、第2階層の判定にはMTHasParentCategoryタグとMTHasSubCategoriesタグ、第3階層の判定にはMTHasNoSubCategoriesタグを使用します。ただし、第2階層までしかないカテゴリがあると、第2階層がMTHasNoSubCategoriesタグの判定にひっかかってしまい、期待通りの出力にならない可能性があるので気をつけてください。

関連記事
zenback
人気エントリー
トラックバックURL


コメントする
greeting

*必須

*必須(非表示)


ご質問のコメントの回答については、内容あるいは多忙の場合、1週間以上かかる場合があります。また、すべてのご質問にはお答えできない可能性があります。予めご了承ください。

太字イタリックアンダーラインハイパーリンク引用
[サインインしない場合はここにCAPTCHAを表示します]

コメント投稿後にScript Errorや500エラーが表示された場合は、すぐに再送信せず、ブラウザの「戻る」ボタンで一旦エントリーのページに戻り(プレビュー画面で投稿した場合は、投稿内容をマウスコピーしてからエントリーのページに戻り)、ブラウザをリロードして投稿コメントが反映されていることを確認してください。

コメント欄に(X)HTMLタグやMTタグを記述される場合、「<」は「&lt;」、「>」は「&gt;」と入力してください。例えば「<$MTBlogURL$>」は「&lt;$MTBlogURL$&gt;」となります(全て半角文字)