Movable Typeでスマホサイト用トップページをPCサイト用トップページと異なるURLにする方法

Movable Typeでスマホサイト用トップページをPCサイト用トップページと異なるURLにする方法

Posted at November 23,2011 12:55 AM
Tag:[Customize, MovableType, Template]

Movable Typeでスマホ用トップページのURLに、PCサイトと異なるURLを設定する方法を紹介します。

1.サイトパスがドメイン直下の場合

例えば、サイトパスがドメイン直下、

http://user-domain/

となっている状態でスマホ用のトップページのURLを

http://user-domain/i/

としたい場合、スマホ用トップページ(インデックステンプレート)の出力ファイル名を次のように設定します。

出力ファイル名

ファイル名にパスを設定することで、再構築時に「i」というパスを自動生成し、その直下にindex.htmlを出力します。

2.サイトパスがサブディレクトリの場合

サイトパスがサブディレクトリ、

http://user-domain/blog/

になっていて、スマホ用のパスを

http://user-domain/i/blog/

と、サブディレクトリの間に挿入したい場合もあると思います。

このケースでは、インデックステンプレートの出力ファイル名を先程と同様、「i/index.html」と設定しても、URLは、

http://user-domain/blog/i/

となり、期待するパスになりません。

このような場合は、スマホサイト用トップページのインデックステンプレートのファイル名に、次のように相対パスで指定します。

../i/blog/index.html

出力ファイル名

これでスマホサイト用トップページのURLを

http://user-domain/i/blog/

にすることができます。

3.アーカイブページのURLについて

アーカイブページのURLについてスマホ用のURLを設定したい場合、ArchivePathSelectorプラグインを利用してください。

詳細は下記のエントリーをご覧ください。

スマホサイト制作に役立つ「ArchivePathSelectorプラグイン」バージョンアップ
関連記事
zenback
人気エントリー
トラックバックURL


コメントする
greeting

*必須

*必須(非表示)


ご質問のコメントの回答については、内容あるいは多忙の場合、1週間以上かかる場合があります。また、すべてのご質問にはお答えできない可能性があります。予めご了承ください。

太字イタリックアンダーラインハイパーリンク引用
[サインインしない場合はここにCAPTCHAを表示します]

コメント投稿後にScript Errorや500エラーが表示された場合は、すぐに再送信せず、ブラウザの「戻る」ボタンで一旦エントリーのページに戻り(プレビュー画面で投稿した場合は、投稿内容をマウスコピーしてからエントリーのページに戻り)、ブラウザをリロードして投稿コメントが反映されていることを確認してください。

コメント欄に(X)HTMLタグやMTタグを記述される場合、「<」は「&lt;」、「>」は「&gt;」と入力してください。例えば「<$MTBlogURL$>」は「&lt;$MTBlogURL$&gt;」となります(全て半角文字)