自転車用ライトに最適な「GENTOS(ジェントス) 閃 SG-355B」

自転車用ライトに最適な「GENTOS(ジェントス) 閃 SG-355B」

Posted at December 18,2011 1:23 AM
Tag:[bicycle]

クロスバイクの夜間走行用にライトを購入しました。肝心のクロスバイク本体はいつ紹介するんだ?という話はおいといて(笑)。

ネットで色々調べて、最も評判が良いと思われる「GENTOS(ジェントス) 閃 SG-355B」をAmazonで買いました。購入時の値段は、58%OFFの2315円でした。

GENTOS(ジェントス) 閃 355 【明るさ100ルーメン/実用点灯10時間】 SG-355B
GENTOS(ジェントス) (2010-03-20)
売り上げランキング: 3

Amazonの「スポーツ&アウトドア」のベストセラーで第3位になっています。

下の写真はクロスバイクのハンドルに取り付けたところです。

SG-355Bの評判がいい理由は以下の3つです。

1.安くて明るい

LED(発光ダイオード)を使ったタイプで「100ルーメン」という明るさです。自転車雑誌のライト特集も読みましたが、他の自転車専用ライトで、この値段(2300円前後)でこれだけ明るい商品は他にないようです。つまりコストパフォーマンスに優れているということです。

早速夜間走行で使ってみましたが、申し分ない明るさです。ヘッドの部分を回せば、ワイドビーム(30℃)からスポットビーム(8℃)までの無段階調節が可能です。

2.パイプホルダーがついている

GENTOS・閃は他にも色々な種類がありますが、このSG-355Bのみパイプホルダー(自転車のハンドル部分に取り付けるためのホルダー)がついており、明らかに自転車用を狙った製品のように思われます。

Amazonの以前のレビューでは「ホルダーが壊れる」といった内容がいくつかありましたが、改善されているようで、全く問題なく取り付けることができました。

ホルダーは素手で取り付けることができるよう、ナットがプラスチック製の大きな形状のものになっています。また、ホルダーの内側にはゴムがついているので、ハンドルに傷がつく心配もなく、走行時にずれることもないと思います。

3.eneloopが使える

SG-355Bは単4電池を3本使い、eneloopにも対応しています。eneloopは通常の電池より電圧がやや低いということと、サイズが若干大きい(JIS規格には準拠してます)という点が通常の乾電池と異なる点ですが、そのいずれにも対応しているようです。

機器によっては電池収納部が乾電池のJIS規格に準拠していないため、eneloopだと電池ボックスに入らないというトラブルもあるようです。

ちなみに連続点灯時間は約10時間です。

4.その他

3秒以内にスイッチを2回押せば点滅モードにもなります。

また、ストラップと携帯用のオリジナルポーチもついていて、至れり尽くせりな商品です。ストラップをつけてハンドルに通しておけば、走行中の万一の落下防止にも使えると思います。

関連記事
zenback
人気エントリー
トラックバックURL


コメントする
greeting

*必須

*必須(非表示)


ご質問のコメントの回答については、内容あるいは多忙の場合、1週間以上かかる場合があります。また、すべてのご質問にはお答えできない可能性があります。予めご了承ください。

太字イタリックアンダーラインハイパーリンク引用
[サインインしない場合はここにCAPTCHAを表示します]

コメント投稿後にScript Errorや500エラーが表示された場合は、すぐに再送信せず、ブラウザの「戻る」ボタンで一旦エントリーのページに戻り(プレビュー画面で投稿した場合は、投稿内容をマウスコピーしてからエントリーのページに戻り)、ブラウザをリロードして投稿コメントが反映されていることを確認してください。

コメント欄に(X)HTMLタグやMTタグを記述される場合、「<」は「&lt;」、「>」は「&gt;」と入力してください。例えば「<$MTBlogURL$>」は「&lt;$MTBlogURL$&gt;」となります(全て半角文字)