複数のWordPressをまとめて管理できる「ManageWP」

複数のWordPressをまとめて管理できる「ManageWP」

Posted at February 9,2012 2:34 AM
Tag:[ManageWP, WordPress]

複数のWordPressを一括管理できるサービス「ManageWP」を紹介します。アカウントをとってちょっと操作してみましたが、複数のウェブサイトをWordPressで管理している人にとってはかなり便利な気がします。

ManageWP
ManageWP

ManageWPは一括管理可能な画面を提供します。一括管理できるということは、複数のWordPressにログインせずに済むというメリットがあります。たとえば複数サイトに異なる記事を投稿したい場合など、ManageWPにログインして投稿先のWordPressを選択して投稿すれば、複数のWordPress管理画面を横断する必要がなくなります。

トライアル(2週間、10サイトまで)は無償ですが、基本は有償です。価格は最後に紹介します。

以下、操作方法です。

1.サインアップ

ManageWPのページにアクセスして「Sign Up」をクリック。

Sign Up

ユーザー名・メールアドレス・パスワードを入力して「Register」をクリック。

Register

完了するとようこそ画面が表示されます。

ようこそ画面

2.ウェブサイトの追加

ManageWPに管理したいウェブサイトを追加するには、1項の作業が終わると表示される「Add your first webiste」をクリック。

Add your first webiste

「website url」にWordPressのインストール先のURL(「wp-admin」は不要)、「admin usename」にインストールしたWordPressのユーザー名を入力して「Add Site」をクリック。

Add Site

WordPressへのアクセスが成功したら次の画面に切り替わるので、「Click hire to install ManageWP Worker plugin」のあたりをクリック。
これは、ManageWPの管理対象にするWordPressには「ManageWP Worker」プラグインが必要なためです。追加するWordPressにすべてこのプラグインをインストールします。

Click hire to install ManageWP Worker plugin

プラグインのインストール画面に移動するので、「ManageWP Worker」の「いますぐインストール」をクリック。

いますぐインストール

「プラグインを有効化」をクリック。

プラグインを有効化

ManageWPの画面に戻って「Add Site」をクリック。

Add Site

これで登録完了です。このダイアログを使って別のウェブサイトを続けて登録することもできますし、あとで追加することもできます。

登録完了

ウェブサイトを1つ登録すれば次のような管理画面が表示されます。日本語ではありませんが大体分かると思います。左側に主なメニュー、中央にはダッシュボードが表示されます。スクリーンショットは「user-domain/wordpress」と「hoge-domain/wordpress」の2つのウェブサイトを登録した状態にしています。

管理画面

次項以降で、いくつかの機能を紹介していきます。

3.記事の一括投稿

一括投稿画面です。右サイドバーにある「Select Sites」で投稿するサイトを選択します。

一括投稿画面

投稿が完了すると次のように表示されます。

投稿完了

一括投稿も可能ですが、複数のWordPressにログインしなおさずに、この画面だけで投稿できるのがいいですね。

4.プラグインの一括有効化

すでに各WordPressにインストールされているプラグインを一括で有効化してみます。ここでは「Akismet」を有効化してみます。

対象のウェブサイトをチェックして、インストール済みのプラグイン「Akismet」を検索します。

検索

有効化するウェブサイトをチェックして有効化します。チェックボックスがウェブサイトの部分とAkismetにあるのは、複数のプラグインがヒットしたときのことを考慮していると思われます。ウェブサイトの部分をチェックすれば、ヒットしたすべてのプラグインにチェックがつきます。

有効化

実施状況はプログレスバーで表示されます。

実施状況

完了しました。ウェブサイトのプラグイン画面をみたところ、チェックしたすべてのWordPressでAkismetが有効化されてました。

プラグイン画面

5.プラグインの一括インストール

各WordPressにプラグインを一括インストールしてみます。

インストールしたいプラグインを検索します。ここでは「WB-DBManager」を検索します。

プラグインを検索

みつかりました。「Install」をクリックします。

Install

インストールの進行状況はプログレスバーで表示されます。

インストール状況

チェックしたWordPressにインストールされました。有効化もされています。

プラグイン画面

6.ユーザーの一括管理

ユーザーの一括管理もできます。スクリーンショットはパスワードの一括変更です。

ユーザーの一括管理

7.バックアップ

バックアップも行えるようです。これは試してません。

バックアップ

8.SEOチェック

SEOの設定をチェックする機能(被リンク数・トラフィック・Twitter・Facebook等)もあるようです。

SEOチェック

9.費用・支払い

費用の確認や支払いは、メニュー上部にある「Trial」のリンクをクリック。

Trial

右側にある「order Now」をクリック。

order Now

タイプはスタンダード・プロフェッショナル・ビジネスの3種類があります。スタンダードは1年払いで1ヶ月あたり$6.30みたいです。ウェブサイト数と期間によって支払い額は異なるので、詳細を知りたい方はとりあえずアカウントをとって確認してみてください。

タイプ

以上です。元ネタは「複数のWordPressサイトを運営しているなら、ManageWPでまとめて管理しよう」です。

関連記事
zenback
人気エントリー
トラックバックURL


コメントする
greeting

*必須

*必須(非表示)


ご質問のコメントの回答については、内容あるいは多忙の場合、1週間以上かかる場合があります。また、すべてのご質問にはお答えできない可能性があります。予めご了承ください。

太字イタリックアンダーラインハイパーリンク引用
[サインインしない場合はここにCAPTCHAを表示します]

コメント投稿後にScript Errorや500エラーが表示された場合は、すぐに再送信せず、ブラウザの「戻る」ボタンで一旦エントリーのページに戻り(プレビュー画面で投稿した場合は、投稿内容をマウスコピーしてからエントリーのページに戻り)、ブラウザをリロードして投稿コメントが反映されていることを確認してください。

コメント欄に(X)HTMLタグやMTタグを記述される場合、「<」は「&lt;」、「>」は「&gt;」と入力してください。例えば「<$MTBlogURL$>」は「&lt;$MTBlogURL$&gt;」となります(全て半角文字)