Movable Type 5.13リリース:新機能の紹介と変更テンプレートのまとめ

Movable Type 5.13リリース:新機能の紹介と変更テンプレートのまとめ

Posted at February 23,2012 1:23 AM
Tag:[5.13, MovableType]

Movable Type 5.13/5.07/4.38がリリースされました。セキュリティアップデートとIE9対応などの機能追加、その他バグフィックスが行われています。

5.12がリリースされたのが昨年6月なので、約8ヶ月ぶりのアップデートになります。

[重要] Movable Type 5.13 および、5.07、4.38 セキュリティーアップデートの提供を開始
Movable Type 5.13リリース

Movable Type 5.1の個人無償版は以下のページを辿ってダウンロードできます。

Six Apart - Movable Type 5 購入・ライセンスについて - 個人無償ライセンス

MTOS 5.1は以下のページからダウンロードできます。

Movable Type オープンソース・プロジェクト

以下、新機能とアップグレード時の作業などを紹介します。特に6項の「アップグレード時に変更が必要なテンプレート」についてはご注意ください。

1.ブラウザ対応

以下のブラウザに対応するようになりました。

  • Internet Explorer 9
  • Firefox 最新版
  • Safari 最新版

2.認証ロックアウト機能

認証ロックアウト機能が追加されました。一定回数以上ユーザー・パスワードを間違えると、ユーザーのアカウントがロックされます。これは

  • mt.cgi
  • mt-comment.cgi
  • mt-cp.cgi

を利用したログインが対象となります。ロックアウトが発生した場合、システムログに記録されます。なお、外部認証によるログインはこの機能の対象外です。

認証ロックアウト機能追加により、以下の環境変数が追加されました。

  • UserLockoutLimit
    UserLockoutIntervalで指定した秒数の間に失敗するロックアウト回数
  • UserLockoutInterval
    UserLockoutLimitで指定したロックアウト回数をカウントする期間
  • IPLockoutLimit
    IPLockoutIntervalで指定した秒数の間に失敗するロックアウト回数
  • IPLockoutInterval
    IPLockoutLimitで指定したロックアウト回数をカウントする期間
  • LockoutIPWhitelist
    ロックしないIPアドレスをホワイトリスト形式で指定
  • LockoutNotifyTo
    ユーザーがロックされた場合に、通知メールを送信する管理者のauthor_idを設定
  • LockoutExpireFrequency
    ログイン失敗のレコードを自動的にデータベースから消去する期間を指定

詳細は以下をご覧ください。

不正ログインに対するアカウントのロック

3.パスワード検証のルール化

ユーザーがログインに利用するパスワードに以下の条件を指定できるようになりました。

  • 大文字に小文字の両方を含める。
  • 文字と数字の両方を含める。
  • 記号(!"#$%&'(\|))*+,-./:;<=>?@[\]^_`{|}~)を含める
  • 最低文字数(初期値は8文字)

パスワード検証をコミュニティ機能で利用するための以下のテンプレートタグが追加されました。

下記の環境変数も追加されました。

詳細は以下をご覧ください。

パスワードの検証ルール

4.パスワードの暗号化方式の変更

パスワード暗号化のハッシュ関数が変更されました。これまで先頭の8桁までしか識別されませんでしたが、9桁以上も識別されるようになります。

5.機能変更

セキュリティ対策の一環で、MTIncludeタグのfileモディファイアが無効化されました。fileモディファイアを有効にするために以下の環境変数が追加されました。

また、環境変数DeniedAssetFileExtensionsに下記の4種類が追加されました。

  • .pm
  • .so
  • .rb
  • .htc

6.アップグレード時に変更が必要なテンプレート

今回のアップグレードでは、ブログまたはコミュニティ掲示板にコメントするための、ユーザー登録とログイン認証に関するテンプレートを変更する必要があります。

公式サイトでも変更対象のテンプレートが掲載されていますが、表でまとめてみました。

◎:必須/△:任意/-:該当なし
テンプレート種別テンプレート名5.135.074.38該当テーマ
インデックステンプレートJavaScriptすべて
スタイルシートPico
テンプレートモジュールコメント入力フォームコミュニティブログ
ヘッダープロフェッショナルウェブサイト
プロフェッショナルブログ
システムテンプレートコメントプレビュークラシックブログ
クラシックウェブサイト
Pico
グローバルテンプレート
(テンプレートモジュール)
GlobalJavaScriptコミュニティブログ
コミュニティ掲示板
フォームフィールドコミュニティブログ
コミュニティ掲示板
グローバルテンプレート
(システムテンプレート)
プロフィールコミュニティブログ
コミュニティ掲示板
ログインフォームコミュニティブログ
コミュニティ掲示板
プロフィールの編集フォームコミュニティブログ
コミュニティ掲示板
新しいパスワードの設定フォームコミュニティブログ
コミュニティ掲示板
登録フォームコミュニティブログ
コミュニティ掲示板

上のテーブルではみにくいのでこちらの表もご利用ください。

変更テンプレート一覧

テンプレートを変更する方法は、テンプレート単位またはテンプレート種別で「初期化」を実行するだけです。ただしテンプレートをカスタマイズしていて安易に初期化できない場合は以下のページを参照して、個別に修正してください。

5.13、5.07、4.38 のテンプレート変更の詳細

また、スマートフォンオプション、およびモバイルパックに含まれるSmart Blog テーマもアップデートされています。

7.開発者向け

以下のコールバックが追加されました。

関連記事
zenback
人気エントリー
トラックバックURL


コメントする
greeting

*必須

*必須(非表示)


ご質問のコメントの回答については、内容あるいは多忙の場合、1週間以上かかる場合があります。また、すべてのご質問にはお答えできない可能性があります。予めご了承ください。

太字イタリックアンダーラインハイパーリンク引用
[サインインしない場合はここにCAPTCHAを表示します]

コメント投稿後にScript Errorや500エラーが表示された場合は、すぐに再送信せず、ブラウザの「戻る」ボタンで一旦エントリーのページに戻り(プレビュー画面で投稿した場合は、投稿内容をマウスコピーしてからエントリーのページに戻り)、ブラウザをリロードして投稿コメントが反映されていることを確認してください。

コメント欄に(X)HTMLタグやMTタグを記述される場合、「<」は「&lt;」、「>」は「&gt;」と入力してください。例えば「<$MTBlogURL$>」は「&lt;$MTBlogURL$&gt;」となります(全て半角文字)