URoad-SS10・URoad-8000で自動電源OFF機能を利用する

URoad-SS10・URoad-8000で自動電源OFF機能を利用する

Posted at April 30,2012 12:03 AM
Tag:[URoad, WiMAX]

URoad-SS10・URoad-8000で自動電源OFF機能を利用する方法です。

1.自動電源OFFとは

URoad-SS10・URoad-8000は、Wi-Fi対応機器間でWi-Fi未接続状態になると自動的に「ウェイティングモード」になります(デフォルト機能)。

「自動電源OFF機能」は、ウェイティング状態時のまま一定の時間が経過すると、製品本体が自動で電源OFFになる機能です。

電源がOFFになれば、「ウェイティングモード」よりさらに長持ちさせることができます。

私は通勤途中だけWiFiを使っていて、使い終わったらURoadの電源を切るようにしているのですがしょっちゅう電源を切り忘れてしまうので、この機能は大変重宝します。

自動電源OFF機能はWEB設定画面から設定が必要です。

ちなみにURoad-SS10には「休止状態」に遷移する休止モードボタンが用意されています。それぞれの状態遷移については以下の資料を参考にしてください(URoad-8000には「休止状態」はありません)。

URoad-SS10 - 特徴ページより
状態遷移

本エントリーでは、上図の点線部分の設定方法を紹介します。

2.自動電源OFFを設定する

URoad-SS10・URoad-8000とパソコンなどを無線LAN接続します。パソコンがなければ、いつもURoad-SS10・URoad-8000と接続して使っている携帯やスマホでも大丈夫だと思います。

接続できたらブラウザから管理画面(下)にアクセスします。URLはURoadの説明書に記載されているアドレスを入力してください。

管理画面
管理画面

「アドミニストレーション」をクリック。

アドミニストレーション

「システム設定」をクリック。

システム設定

「自動電源OFF設定時間」より、電源OFFにするまでの時間を選択します。

自動電源OFF設定時間

「適用」をクリック。これで本体が再起動され、設定が有効になります。

自動電源OFF設定時間

パソコンとの通信は一旦切断されるので、必要に応じて再起動後に再接続してください。

3.URoad-8000のソフトウェアアップデート

2011年12月以前にURoad-8000を購入されている方は管理画面に自動電源OFFの項目が表示されないかもしれません。その場合は2項の前にソフトウェアのアップデートを行ってください。

ソフトウェアをアップデートするには、管理画面の「アドミニストレーション」をクリック。

アドミニストレーション

「アップデート実行」をクリック。アップデート対象であればアップデートが実行されます。アップデート完了後は機器が再起動するので、必要に応じて再起動後に再接続してください。

アップデート実行

ソフトウェアのアップデート方法は以下の説明書にも記載されています。

URoad-8000かんたん設定マニュアル(PDF)
関連記事
zenback
人気エントリー
トラックバックURL


コメントする
greeting

*必須

*必須(非表示)


ご質問のコメントの回答については、内容あるいは多忙の場合、1週間以上かかる場合があります。また、すべてのご質問にはお答えできない可能性があります。予めご了承ください。

太字イタリックアンダーラインハイパーリンク引用
[サインインしない場合はここにCAPTCHAを表示します]

コメント投稿後にScript Errorや500エラーが表示された場合は、すぐに再送信せず、ブラウザの「戻る」ボタンで一旦エントリーのページに戻り(プレビュー画面で投稿した場合は、投稿内容をマウスコピーしてからエントリーのページに戻り)、ブラウザをリロードして投稿コメントが反映されていることを確認してください。

コメント欄に(X)HTMLタグやMTタグを記述される場合、「<」は「&lt;」、「>」は「&gt;」と入力してください。例えば「<$MTBlogURL$>」は「&lt;$MTBlogURL$&gt;」となります(全て半角文字)