ブラウザから実行可能な画像形式一括変換ツール

ブラウザから実行可能な画像形式一括変換ツール

Posted at May 15,2012 12:55 AM
Tag:[ImageMagick, Tool]

ブラウザから実行可能な画像形式一括変換ツールをPerlで作ってみました。

画像形式一括変換ツール

1.機能

指定したディレクトリにある「変換前の拡張子(ピリオドは不要)」の画像ファイルを、「変換後の拡張子(ピリオドは不要)」のファイルに一括変換して、同じディレクトリに出力します。

変換状況は下のスクリーンショットのように順次表示します。

変換状況

ディレクトリは絶対パス・相対パスのいずれも可能です。ディレクトリは再帰的に検索するので、指定したディレクトリ配下のすべての画像ファイルが対象になります。

変換後の同名ファイルがある場合、上書きします。

必要に迫られてとりあえず作ったものなので、細かいチェックはできていません。レンタルサーバによっては長時間実行すると500エラーになるかもしれません。

2.実行環境

このツールの実行には、PerlとImageMagick(PerlMagick)が必要です。

余談ですが、ImageMagickを使った形式変換は、SSHが利用可能であればコマンドラインから実行できます。

本ツールはSSHが使えない環境での利用を想定しています。

3.使い方

以下の「changeImageType.zip」をダウンロードして、展開した中にあるchangeImageType.cgiをサーバにアップロードし、実行可能なパーミッションに変更してください。

changeImageType.zip

ブラウザからツールにアクセスして、「ディレクトリ」「変換前の拡張子」「変換後の拡張子」を設定して実行してください。

ツールは自由に改変してもらって結構です。ImageMagickの実装部分を書き換えれば「一括サムネイル作成」など、色々利用方法があると思います。

また「こうした方がいい」という機能や実装があれば、どこかでつぶやいてください。

関連記事
zenback
人気エントリー
トラックバックURL


コメントする
greeting

*必須

*必須(非表示)


ご質問のコメントの回答については、内容あるいは多忙の場合、1週間以上かかる場合があります。また、すべてのご質問にはお答えできない可能性があります。予めご了承ください。

太字イタリックアンダーラインハイパーリンク引用
[サインインしない場合はここにCAPTCHAを表示します]

コメント投稿後にScript Errorや500エラーが表示された場合は、すぐに再送信せず、ブラウザの「戻る」ボタンで一旦エントリーのページに戻り(プレビュー画面で投稿した場合は、投稿内容をマウスコピーしてからエントリーのページに戻り)、ブラウザをリロードして投稿コメントが反映されていることを確認してください。

コメント欄に(X)HTMLタグやMTタグを記述される場合、「<」は「&lt;」、「>」は「&gt;」と入力してください。例えば「<$MTBlogURL$>」は「&lt;$MTBlogURL$&gt;」となります(全て半角文字)