iPhoneのiOSをパソコンを使わずにアップデートする方法

iPhoneのiOSをパソコンを使わずにアップデートする方法

Posted at June 2,2012 11:55 PM
Tag:[iPhone]

iPhoneのiOSのアップデートはパソコン経由(iTunes)を使う方法がありますが、単体でアップデートすることも可能です。

ということで、パソコンを使わずにiPhoneのiOSをアップデートする方法を紹介します。

エントリーで利用したiPhoneはソフトバンクのiPhone4Sで、5.1から5.1.1のアップデートを元に記事をおこしています。

1.事前準備

iPhoneを電源を接続した状態にします。

電源を接続した状態

そうでない場合、バッテリー残量が50%以上あるかどうか確認します。50%以下では、iOS最新版のダウンロードはできても、その後のインストールに進めないようです。

2.WiFi接続する

iPhoneをWi-Fiに接続した状態にします。

WiFiを使うのは、auのサイトの説明では「データ通信料を発生させないため」とありますが、3Gでも可能かもしれません(間違ってたらすいません)がダウンロードに時間がかかる可能性があります。

WiFi機器を持っていない方は、各キャリアのWiFiアクセスポイントを使う手がありますが、それはまた別の設定が必要になります。このエントリーではそこまで書ききれないため、別途エントリーしたいと思います。すいませんが、ここでは「WiFiが利用可能」という前提で話を進めます。

「設定」→「WiFi」をタップ。

設定画面

「オン」にするとWiFiネットワークが表示されるので、該当のスポットをタップします。

WiFi画面

チェックマークがつけば接続成功です。

WiFi画面

WiFiに接続されている場合は3Gより優先されると思いますが、本当につながっているか気になる場合は、「一般」→「ネットワーク」→「モバイルデータ通信」を「オフ」にして、ブラウザから任意のサイトにアクセスできることを確認してみてください。

3.アップデート

「設定」→「一般」をタップ。

設定画面

「ソフトウェア・アップデート」をタップ。

一般画面

アップデート確認中です。

アップデート画面

アップデートがある場合、「ダウンロードしてインストール」をタップ。

ダウンロードしてインストール

利用条件の「同意する」をタップ。

利用条件

アップデートのダウンロードが開始します。

ダウンロード開始

アップデートの準備が開始します。

アップデートの準備開始

インストール確認が表示されるので、「インストール」をタップ。タップしなくても10秒程度で自動的に開始します。

インストール確認

アップデート検証中です。

アップデート検証

このあとアップデートが開始します。キャプチャがとれなくなりますが、5.1から5.1.1のアップデートでは、

ローディング画像
 ↓
アップルのロゴ表示
 ↓
アップルのロゴの下にローディング画像表示
 ↓
アップルのロゴ表示
 ↓
アップルのロゴの下にローディング画像表示

という具合に画面が切り替わりました。全体で20分程度で完了しました。アップデートが完了すると、次のようにロック画面が表示されます。

ロック画面

「設定」→「一般」→「ソフトウェア・アップデート」をタップするとバージョンが表示されます。「設定」→「一般」→「情報」でもバージョンを確認できます。

ソフトウェア・アップデート画面

4.参考サイト

関連記事
zenback
人気エントリー
トラックバックURL


コメントする
greeting

*必須

*必須(非表示)


ご質問のコメントの回答については、内容あるいは多忙の場合、1週間以上かかる場合があります。また、すべてのご質問にはお答えできない可能性があります。予めご了承ください。

太字イタリックアンダーラインハイパーリンク引用
[サインインしない場合はここにCAPTCHAを表示します]

コメント投稿後にScript Errorや500エラーが表示された場合は、すぐに再送信せず、ブラウザの「戻る」ボタンで一旦エントリーのページに戻り(プレビュー画面で投稿した場合は、投稿内容をマウスコピーしてからエントリーのページに戻り)、ブラウザをリロードして投稿コメントが反映されていることを確認してください。

コメント欄に(X)HTMLタグやMTタグを記述される場合、「<」は「&lt;」、「>」は「&gt;」と入力してください。例えば「<$MTBlogURL$>」は「&lt;$MTBlogURL$&gt;」となります(全て半角文字)