複数のJavaScriptファイルを簡単にマージできるオンラインサービス「JMerge」

複数のJavaScriptファイルを簡単にマージできるオンラインサービス「JMerge」

Posted at June 5,2012 11:55 PM
Tag:[JavaScript, Service]

ウェブサイトのパフォーマンスを向上させるテクニックの1つに、HTTPリクエスト数を減らす方法があります。

複数のJavaScriptファイルを1つにまとめるのもその1つですが、複数のファイルを1つにまとめる作業はちょっと面倒です。

が、本エントリーで紹介するオンラインサービス「JMerge」を利用すれば、ウェブサイトで利用している複数のJavaScriptファイルを簡単にマージすることができます。

JMerge
JMerge

ページ内にマージしたくないJavaScriptファイルがある場合も、簡単に除外できます。

使い方

フォームの「URL:」に、ウェブサイトのURLを入力して「Continue」をクリック。

URLを入力

ウェブサイトで使われているJavaScriptファイルを上から順番に検索し、一覧として表示します。ここに表示されているファイルがマージ候補になります。

JavaScriptファイル

表示されたURLをクリックすれば、マージしたくないCDNやAdsense、Analyticsなどのコードを削除できます。

JavaScriptファイル(削除後)

最後に「Combine them!」をクリックすれば、マージしたソースコードが表示されます(IEの場合はファイルのダウンロード)。

Combine

単にマージするだけでなく、ファイルを取捨選択できるという、かゆいところに手が届くサービスですね。

関連記事
zenback
人気エントリー
トラックバックURL


コメントする
greeting

*必須

*必須(非表示)


ご質問のコメントの回答については、内容あるいは多忙の場合、1週間以上かかる場合があります。また、すべてのご質問にはお答えできない可能性があります。予めご了承ください。

太字イタリックアンダーラインハイパーリンク引用
[サインインしない場合はここにCAPTCHAを表示します]

コメント投稿後にScript Errorや500エラーが表示された場合は、すぐに再送信せず、ブラウザの「戻る」ボタンで一旦エントリーのページに戻り(プレビュー画面で投稿した場合は、投稿内容をマウスコピーしてからエントリーのページに戻り)、ブラウザをリロードして投稿コメントが反映されていることを確認してください。

コメント欄に(X)HTMLタグやMTタグを記述される場合、「<」は「&lt;」、「>」は「&gt;」と入力してください。例えば「<$MTBlogURL$>」は「&lt;$MTBlogURL$&gt;」となります(全て半角文字)