Movable Typeを再インストールする場合の手順

Movable Typeを再インストールする場合の手順

Posted at June 24,2012 1:55 AM
Tag:[Install, MovableType]

Movable Typeを再インストールする場合の手順を紹介します。

最近発生したファーストサーバの障害で多くのウェブサイトが影響を受けているようで、その中にはMovable Typeで構築されたサイトもあるようです。

そういった万が一のケースを考慮して、MTの再インストール手順を把握しておき、復旧を少しでも迅速に行えるようにしておくことが必要でしょう。

ここでは、障害前のデータベースが残っていてMTのプログラムファイルのみ消失した場合、あるいはすべて消失したものの、MySQLでエクスポートしたデータベースのバックアップが手元に残っていて、それをMySQLにインポートした状態からの、Movable Typeの再インストールについて解説します。

1.MTプログラムのアップロード

復旧前と同じディレクトリにMTプログラムをアップロードします。

障害前のmt-config.cgiが残っている場合は、それを元のディレクトリにアップロードしてください。

2.MTの再インストール(mt-config.cgiが残っている場合)

1項でmt-config.cgiが残っている場合、mt.cgiにアクセスすればログイン画面が表示されるので、これで再インストールは完了です。

ログインすれば障害前の管理画面にアクセスできます。管理画面が正常に動作することと、再構築が正常に行われることを確認してください。

3.MTの再インストール(mt-config.cgiが残っていない場合:その1)

mt-config.cgiが残っていない場合は、新しいMTをインストールするときのインストールウィザードにそって作業を進めます。

この手順を行うことでmt.config.cgiファイルが生成されます。この手順でデータベースの内容が初期化されることはありませんが、万が一、ウェブサイトの設定を行う手順に進んでしまった場合、データベースの内容が初期化される可能性があるので作業を中止してください。

MTをインストールしたディレクトにアクセスして「サインイン」をクリック。

ようこそ画面

「開始」をクリック。

インストールウィザード

「次へ」をクリック。

システムチェック

障害前と同じデータベース情報を設定して「接続テスト」をクリック。

データベースの設定

「次へ」をクリック。

データベースの設定完了

障害前と同じメール設定を行って「次へ」をクリック。

メール設定

「次へ」をクリック。

設定完了

新規インストールであればアカウント設定画面に遷移しますが、データベースに情報があるのでインストールウィザードは完了して、次のようにログイン画面が表示されます。

ログイン画面

ログインすれば障害前の管理画面にアクセスできます。管理画面が正常に動作することと、再構築が正常に行われることを確認してください。

4.MTの再インストール(mt-config.cgiが残っていない場合:その2)

3項の手順の代わりに、障害前と同じmt-config.cgiを手作業で作成すれば復旧できます。

5.環境変数の設定(mt-config.cgiが残っていない場合)

障害前のmt-config.cgiが残っていない場合、新たに作成したmt-config.cgiをダウンロードして任意のエディタで開き、障害前に設定されていた環境変数を設定します。

設定後、元のディレクトリにアップロードしてください。

環境変数の設定有無、あるいはどのような環境変数が設定されているかは利用しているMTによって異なります。

関連記事
zenback
人気エントリー
トラックバックURL


コメントする
greeting

*必須

*必須(非表示)


ご質問のコメントの回答については、内容あるいは多忙の場合、1週間以上かかる場合があります。また、すべてのご質問にはお答えできない可能性があります。予めご了承ください。

太字イタリックアンダーラインハイパーリンク引用
[サインインしない場合はここにCAPTCHAを表示します]

コメント投稿後にScript Errorや500エラーが表示された場合は、すぐに再送信せず、ブラウザの「戻る」ボタンで一旦エントリーのページに戻り(プレビュー画面で投稿した場合は、投稿内容をマウスコピーしてからエントリーのページに戻り)、ブラウザをリロードして投稿コメントが反映されていることを確認してください。

コメント欄に(X)HTMLタグやMTタグを記述される場合、「<」は「&lt;」、「>」は「&gt;」と入力してください。例えば「<$MTBlogURL$>」は「&lt;$MTBlogURL$&gt;」となります(全て半角文字)