Movable Type 5.2 RC1リリースと環境変数の追加・変更について

Movable Type 5.2 RC1リリースと環境変数の追加・変更について

Posted at September 13,2012 12:33 AM
Tag:[5.2, MovableType]

Movable Type 5.2 RC1(リリース候補版1)がリリースされました。

Movable Type 5.2 RC1を公開
Movable Type 5.2 RC1

ベータ版は上記のベータページ経由でダウンロードできます。

なお、ベータ版の評価を行う際には、Movable Type 利用許諾契約書(ベータ版)に同意した上での利用となります。

ベータ5からの主な修正点は下記のとおりです(RC1のページから引用)。

  • コメント投稿者がサインアウトした後も「サインアウト」リンクが表示される(108701
  • コメントへの返信が「(ユーザー名)のコメントへの返信」フィードに出力されない(108651

1.「ようこそ」画面の変更

いつの間にか「ようこそ」画面(index.html)のデザインが変わっていました。

5.1までの「ようこそ」画面
5.1までの「ようこそ」画面

5.2の「ようこそ」画面
5.2の「ようこそ」画面

2.新たに追加された環境変数

Movable Type 5.2ベータ1リリース」で新しく追加された環境変数を紹介しましたが、RC1でさらに7つの環境変数が追加されました。

  • Editor:ブログ記事とページの編集画面で利用するエディタを指定
  • WYSIWYGEditor:ブログ記事とページの編集画面で利用するエディタで、WYSIWYG編集モードのエディタのみを別に指定
  • SourceEditor:ブログ記事とページの編集画面で利用するエディタで、ソース編集モードのエディタのみを別に指定
  • BulkLoadMetaObjectsLimit:メタオブジェクトを一括取得する際の親オブジェクトの取得最大件数を指定
  • DisableMetaObjectCache:メタオブジェクトのキャッシュを無効ににする
  • BaseSitePath:ウェブサイトパスの初期値を設定
  • HideBaseSitePath:「システム」→「全般設定」の画面に「ウェブサイトパスの制限」欄を非表示にする

3.機能が変更・追加された環境変数

以下の既存の環境変数について、MT5.2から機能が変更・追加されました。

  • ThemesDirectory:テーマの読み込みと書き込みを行うディレクトリを指定。5.2からディレクトリの複数指定が可能
  • AltTemplatePath:管理画面テンプレートの代替ディレクトリを指定。5.2からディレクトリの複数指定が可能
  • SearchTemplatePath:検索テンプレートのディレクトリを指定。5.2からディレクトリの複数指定が可能
  • ThemeStaticFileExtensions:テーマをエクスポートするときに、テーマに含めるファイルの種類を指定。5.2から初期設定値として「html/otf/ttf」を追加
関連記事
zenback
人気エントリー
トラックバックURL


コメントする
greeting

*必須

*必須(非表示)


ご質問のコメントの回答については、内容あるいは多忙の場合、1週間以上かかる場合があります。また、すべてのご質問にはお答えできない可能性があります。予めご了承ください。

太字イタリックアンダーラインハイパーリンク引用
[サインインしない場合はここにCAPTCHAを表示します]

コメント投稿後にScript Errorや500エラーが表示された場合は、すぐに再送信せず、ブラウザの「戻る」ボタンで一旦エントリーのページに戻り(プレビュー画面で投稿した場合は、投稿内容をマウスコピーしてからエントリーのページに戻り)、ブラウザをリロードして投稿コメントが反映されていることを確認してください。

コメント欄に(X)HTMLタグやMTタグを記述される場合、「<」は「&lt;」、「>」は「&gt;」と入力してください。例えば「<$MTBlogURL$>」は「&lt;$MTBlogURL$&gt;」となります(全て半角文字)