Movable Type 5.2.2リリースと新機能について

Movable Type 5.2.2リリースと新機能について

Posted at December 6,2012 12:55 AM
Tag:[5.2.2, MovableType]

Movable Type 5.2.2がリリースされました。

Movable Type 5.2.2の提供を開始します
Movable Type 5.2.2の提供を開始します

1.バージョンナンバーポリシーについて

Movable Typeはこれまで「5.x」や「5.xx」というバージョンナンバーポリシーでしたが、5.2から提供されているクラウド版の「Movable Type EZ」と通常のMovable Type(ソフトウェア版と呼びます)を共通管理するために、マイナーバージョンの修正リリースについては、「5.2.1、5.2.2」というビルド番号で付与が行われるようです。

クラウド版は1~2ヶ月程度の短いスパンでバージョンアップされ、すべてソフトウェア版に反映されて(クラウド版より長いスパンで)リリースされるという形になるようです。

2.定型文機能

5.2.2から「定型文」が追加されました。

ブログ記事を作る要領で定型文を作っておき(下)、ブログ記事やウェブページ作成時に定型文を呼び出すことで、記事のフォーマットとして利用することができます。

定型文

定型文は複数作成することができます。

定型文の利用方法については、別エントリーで紹介したいと思います。

3.テーマ「Rainier」の追加

5.2.2ではテーマ「Rainier」が追加されました。このテーマはレスポンシブWebデザインに対応しています。

テーマ一覧

新テーマ「Rainier」を適用したところです。

Rainier

「Rainier」は主に次のような特徴・機能があります。

  • アイテムを利用したカバー画像・タイトル表示・ファビコン・og:imageの設定が可能
  • ウェブページを使ったナビゲーション表示が可能
  • クラシックブログ向けスタイルの利用が可能

Rainierの利用方法については、別エントリーで紹介したいと思います。

3.その他の機能および修正点

5.2.2のその他の機能および修正点です。

  • iOS6以降のiPhone/iPadでスマートフォン・オプションから画像アップロードが可能(同名ファイルが存在する場合、自動的に任意のファイル名に変更)
  • Movable Type Advancedが5.2となりWindows Azureに対応
  • run-periodic-tasksを使った指定日公開の実行時に処理日時をログ出力
  • ダイナミックパブリッシングのテンプレートタグのモディファイアに引数を3個以上渡すことが可能
  • リッチテキストエディタの拡張プラグインでconfig.yamlファイルにMTタグの利用が可能

修正点については公式サイトのリリースノートを参照ください。

5.2.2 リリースノート
関連記事
zenback
人気エントリー
トラックバックURL


コメントする
greeting

*必須

*必須(非表示)


ご質問のコメントの回答については、内容あるいは多忙の場合、1週間以上かかる場合があります。また、すべてのご質問にはお答えできない可能性があります。予めご了承ください。

太字イタリックアンダーラインハイパーリンク引用
[サインインしない場合はここにCAPTCHAを表示します]

コメント投稿後にScript Errorや500エラーが表示された場合は、すぐに再送信せず、ブラウザの「戻る」ボタンで一旦エントリーのページに戻り(プレビュー画面で投稿した場合は、投稿内容をマウスコピーしてからエントリーのページに戻り)、ブラウザをリロードして投稿コメントが反映されていることを確認してください。

コメント欄に(X)HTMLタグやMTタグを記述される場合、「<」は「&lt;」、「>」は「&gt;」と入力してください。例えば「<$MTBlogURL$>」は「&lt;$MTBlogURL$&gt;」となります(全て半角文字)