FFFTPで長時間操作しなかった後のアップロードエラーを解消する

FFFTPで長時間操作しなかった後のアップロードエラーを解消する

Posted at December 24,2012 2:55 AM
Tag:[FFFTP, Windows]

FFFTPで長時間操作しなかった後のアップロードエラーを解消する方法を紹介します。

2014.9.8追記
FFFTPが遅い場合の対処」を公開しました。

1.問題点

2012年10月現在、最新版のffftp-1.98fを使っています。

このバージョンを使い始めてから転送速度が遅いことや切断される件について「FFFTPのファイル転送を改善する方法」で解決策をエントリーしました。

がその後、さくらインターネットでFFFTPで接続して長時間操作しなかったあとにアップロードを実行すると、次のようなエラーになるケースが頻繁に発生するようになりました(注)。

アップロード時のエラー

このエラーが出た場合、アップロードを中止すれば直後のアップロードは正常に行えるようになります。

あるいはアップロード前に一度リロードすれば正常にアップロードできるのですが、操作する手間がひとつ増えてしまいます。

注:対処後、同じエラー画面が表示されなくなってしまったため、この画面は別のエラーで表示されたものを使っています。もしかしたら画面が異なるかもしれませんのでご了承ください。

2.アップロード時のエラーを解消する

アップロード時エラーを解消するには、FFFTP起動時で該当サーバを選択したあと「設定変更」をクリック。

設定変更

「特殊機能」タブの「接続維持用コマンド周期」が「0」になっていると思うので、これを「60」などに変更します。単位は「秒」です。

接続維持用コマンド周期

これで、設定した周期で接続を維持するための次のコマンドを自動的に送信してくれるようになり、当初のエラーを回避できるようになります。

  • TYPE A
  • PASV
  • MLSD

なお、この設定を「0」に戻しても当初のエラーは発生しなくなりました。

3.注意事項

「接続維持用コマンド周期」に短い値を設定すると、頻繁に接続を実行し、サーバに負荷をかけてしまうため、適切な値を設定してください。

また、本エントリーの問題について本来解があるようでしたら、どこかでつぶやいてください。

関連記事
zenback
人気エントリー
トラックバックURL


コメントする
greeting

*必須

*必須(非表示)


ご質問のコメントの回答については、内容あるいは多忙の場合、1週間以上かかる場合があります。また、すべてのご質問にはお答えできない可能性があります。予めご了承ください。

太字イタリックアンダーラインハイパーリンク引用
[サインインしない場合はここにCAPTCHAを表示します]

コメント投稿後にScript Errorや500エラーが表示された場合は、すぐに再送信せず、ブラウザの「戻る」ボタンで一旦エントリーのページに戻り(プレビュー画面で投稿した場合は、投稿内容をマウスコピーしてからエントリーのページに戻り)、ブラウザをリロードして投稿コメントが反映されていることを確認してください。

コメント欄に(X)HTMLタグやMTタグを記述される場合、「<」は「&lt;」、「>」は「&gt;」と入力してください。例えば「<$MTBlogURL$>」は「&lt;$MTBlogURL$&gt;」となります(全て半角文字)