WinSCPを使って公開鍵認証でログインする方法(PuTTYgenで鍵生成)

WinSCPを使って公開鍵認証でログインする方法(PuTTYgenで鍵生成)

Posted at January 15,2013 12:03 AM
Tag:[SFTP, SSH, WinSCP]

WinSCPを使って公開鍵認証でログインする方法を紹介します。

サーバはさくらインターネットを使い、WinSCPに同梱されているPuTTYgenで鍵を生成し、「UTF-8 TeraTerm Pro with TTSSH2」でログインする手順で解説します。

1.WinSCPのダウンロード・インストール

WinSCPの日本語ページにある「Download」をクリック。

トップページ

「Installation package」をクリック。

Download

これでダウンロードが開始します。ダウンロードしたアーカイブをダブルクリックすればインストールが開始します。

インストール時に「日本語」を選択すれば日本語化されます。

言語の選択

2.公開鍵・秘密鍵の生成

スタートメニューから、WinSCPに付属しているPuTTYgenを起動。

スタートメニュー

開いた画面の「Generate」をクリック。

PuTTY Key Generater

真ん中の空白部分でマウスをランダムに動かしてキーを生成します。動かさないと生成が進みません。

生成中

生成が完了すると下のような画面になります。

生成完了

「Public key for pasting into OpenSSH authorized_keys file:」の下に表示された内容(これが公開鍵)をマウスコピーして、id_rsa.pubというファイル名で保存(ファイル名は何でもかまいません)。

「Public key for pasting into OpenSSH authorized_keys file:」をコピー

「Key passphrase」にパスフレーズ、「Confirm passphrase」に同じパスフレーズを入力し、「Save private key」をクリックして、秘密鍵を保存します。ファイル名の拡張子は「.ppk」になります。

秘密鍵を保存

2.公開鍵をサーバに設定

公開鍵でログインしたいユーザー名でサーバにログインし、ホームディレクトリで次のコマンドを実行します。

$ mkdir ~/.ssh
$ chmod 700 ~/.ssh
$ cd ~/.ssh
$ touch authorized_keys
$ chmod 600 ~/.ssh/authorized_keys

続いてviを起動します。

$ cd .ssh
$ vi authorized_keys

さきほど保存したid_rsa.pubを任意のエディタで開き、その内容を開いているviエディタにペーストします。

viにペーストするときは「i」キーを押下します。ペーストは右クリックで行えます。

保存するには「Esc」キーを押下し、「:wq」とキーを入力してください。

3.WinSCPの起動

WinSCPを起動します。最初は次のような画面が表示されるので、ファイルプロトコルは「SFTP」を選択し、ログインしたいホスト・ユーザ名を入力し(パスワードはあとで聞かれるので入力不要)、さきほど保存した秘密鍵を指定して「ログイン」をクリック。

ログイン

サーバに接続します。

サーバに接続

「キャッシュがみつかりませんでした」という警告が表示されるので、そのまま接続する場合は「はい(キャッシュに保存)」「いいえ(キャッシュに保存しない)」のどちらかを選択。

キャッシュ

続行するとパスフレーズを尋ねられるので、鍵生成時のパスフレーズを入力。

サーバに接続

これでログインできました。

ログイン

関連記事
zenback
人気エントリー
トラックバックURL


コメントする
greeting

*必須

*必須(非表示)


ご質問のコメントの回答については、内容あるいは多忙の場合、1週間以上かかる場合があります。また、すべてのご質問にはお答えできない可能性があります。予めご了承ください。

太字イタリックアンダーラインハイパーリンク引用
[サインインしない場合はここにCAPTCHAを表示します]

コメント投稿後にScript Errorや500エラーが表示された場合は、すぐに再送信せず、ブラウザの「戻る」ボタンで一旦エントリーのページに戻り(プレビュー画面で投稿した場合は、投稿内容をマウスコピーしてからエントリーのページに戻り)、ブラウザをリロードして投稿コメントが反映されていることを確認してください。

コメント欄に(X)HTMLタグやMTタグを記述される場合、「<」は「&lt;」、「>」は「&gt;」と入力してください。例えば「<$MTBlogURL$>」は「&lt;$MTBlogURL$&gt;」となります(全て半角文字)