さくらVPS(その2:TeraTerm Menuで自動ログイン)

さくらVPS(その2:TeraTerm Menuで自動ログイン)

Posted at January 17,2013 12:03 AM
Tag:[sakura, SSH, TeraTerm, VPS]

TeraTerm Menuを使って、さくらVPSのサーバに自動ログインする方法を紹介します。

この記事は「さくらVPS」環境設定シリーズの2回目です。

1.TeraTerm Menuとは

UTF-8 TeraTerm Pro with TTSSH2」のインストールパッケージに含まれている、TeraTermを簡単に起動するためのランチャーツールです。

2.通常のTeraTerm Menu利用方法

さくらインターネットのレンタルサーバ(さくらVPSではありません)にTeraTerm Menuでログインする場合、まずスタートメニューから「UTF-8 TeraTerm Pro with TTSSH2」→「TeraTerm Menu」を選択。

スタートメニュー

タスクトレイに常駐したTeraTerm Menuアイコンを右クリックして、表示されたメニューから「リスト編集」を選択し、自動ログインのための情報を設定します。

タスクバー

開いた画面で「登録名」を設定し、「起動の種類」から「自動ログイン」を選択して、ホスト名・ユーザ名・パスワードを設定し、「ttshを使う」をチェックします。

設定

中央の左矢印をクリックすれば、左側にさきほどの設定が「登録名」で登録されます。

登録

自動ログインするには、タスクトレイのTeraTerm Menuアイコンを右クリックして、表示されたメニューから「実行」→「(登録名)」を選択。

タスクバー

これでターミナルが開いて自動ログインできればOKです。

実際にログインしたところ
自動ログイン

3.さくらVPSでの問題点

さくらVPSで、2項と同じ方法で自動ログインを試みますが、ターミナルが一瞬表示されたあと、次のような警告が表示されてしまい、ログインすることができません。

警告

4.さくらVPSでTeraTerm Menuを利用する

色々なやり方があるかもしれませんが、ここでは公開鍵認証を使った方法を紹介します。

まず、「公開鍵認証でサーバにログインする方法(サーバで鍵生成)」を参考に、公開鍵認証の設定を行ってください(4項まで行い、ログインできるところまで確認してください)。

TeraTermから手動でログインできることが確認できたら、TeraTerm Menuの設定画面を開き、「ホスト名」にVPSサーバのIPアドレス、「ユーザ名」にログインしたいユーザー(root以外のユーザーは予め手動で作成しておく必要があります)、「パスワード」に公開鍵作成時のパスワードを設定し、「ttshを使う」をチェックして「鍵ファイル」にローカルPCに保存した秘密鍵のパスを設定します。

設定画面

設定できたら左矢印をクリックして設定を保存してください。

タスクトレイのTeraTerm Menuアイコンを右クリックして、「実行」→「(登録名)」を選択。

タスクバー

これで自動ログインできるようになります。

実際にログインしたところ
自動ログイン

5.ポートを変更している場合

SSHのポートを変更している場合、ホスト名の末尾に「:ポート番号」を追加してみてください。

関連記事
zenback
人気エントリー
トラックバックURL


コメントする
greeting

*必須

*必須(非表示)


ご質問のコメントの回答については、内容あるいは多忙の場合、1週間以上かかる場合があります。また、すべてのご質問にはお答えできない可能性があります。予めご了承ください。

太字イタリックアンダーラインハイパーリンク引用
[サインインしない場合はここにCAPTCHAを表示します]

コメント投稿後にScript Errorや500エラーが表示された場合は、すぐに再送信せず、ブラウザの「戻る」ボタンで一旦エントリーのページに戻り(プレビュー画面で投稿した場合は、投稿内容をマウスコピーしてからエントリーのページに戻り)、ブラウザをリロードして投稿コメントが反映されていることを確認してください。

コメント欄に(X)HTMLタグやMTタグを記述される場合、「<」は「&lt;」、「>」は「&gt;」と入力してください。例えば「<$MTBlogURL$>」は「&lt;$MTBlogURL$&gt;」となります(全て半角文字)