さくらVPS(その5:MySQLのインストールと起動)

さくらVPS(その5:MySQLのインストールと起動)

Posted at February 13,2013 12:33 AM
Tag:[MySQL, sakura, VPS]

「さくらVPS」のサーバにMySQLをインストールする方法について紹介します。

この記事は「さくらVPS」環境設定シリーズの5回目です。

1.MySQLのインストール

MySQLをインストールするには、root権限でyumコマンドを実行します。「-y」オプションはすべての質問に対し「yes」と答えるためのものです。

% sudo yum -y install mysql-server

インストール時の画面は次のようになります。

(クリックで拡大)

2.MySQLのバージョン確認

インストール後にApacheのバージョンを確認したい場合は、

% mysql --version

を実行します。次のように表示されます。

mysql  Ver 14.14 Distrib 5.1.66, for redhat-linux-gnu (x86_64) using readline 5.1

3.MySQLで扱う文字コードの変更

/etc/my.cnfを編集して、MySQLで扱うデフォルトの文字コードをUTF-8にする設定を行います。

root権限でviエディタを起動して/etc/my.cnfを編集します。

% sudo vi /etc/my.cnf

[mysqld]と表示されたグループの最後に以下の内容を追加します。

character-set-server=utf8

また、ファイルの最後に[mysql]、[client]、[mysqldump]というグループと文字コードの設定を追加します。

[mysql]
default-character-set=utf8
 
[client]
default-character-set=utf8
 
[mysqldump]
default-character-set=utf8

変更前(クリックで拡大)

変更後(クリックで拡大)

[mysqld]グループに「skip-character-set-client-handshake」を追加する記事が多くありますが、SQLインジェクションの脆弱性を生じるため設定しない方がいい、という以下の記事をみつけたので本エントリーでは設定していません。

skip-character-set-client-handshake について

4.MySQLの起動

MySQLの起動はroot権限でserviceコマンドを実行します。mysqldはMySQLのデーモンプロセスです。

% sudo service mysqld start

次のように「OK」と表示されれば起動完了です。

(クリックで拡大)

mysqldコマンドでも起動します。

% sudo /etc/rc.d/init.d/mysqld start

5.MySQLの停止と再起動

MySQLを停止するには、

% sudo service mysqld stop

と入力します。「OK」と表示されれば起動完了です。

起動中のMySQLを再起動(停止→起動)するには、

% sudo service mysqld restart

と入力します。こちらも「OK」と表示されれば起動完了です。

mysqldコマンドを利用する場合は、

% sudo /etc/rc.d/init.d/mysqld stop

または

% sudo /etc/rc.d/init.d/mysqld restart

と入力してください。

6.MySQLを自動起動にする

前項までの設定ではサーバを再起動したあと、mysqldを個別に起動させなければなりません。

この手間をなくすために、chkconfigコマンドでサーバ再起動時にmysqldも起動するようにします。

まず「chkconfig --list」でmysqldの自動起動の状態を確認します。

% chkconfig --list mysqld

(クリックで拡大)

次のコマンドを実行すれば自動起動できるようになります。

% sudo chkconfig mysqld on

7.rootユーザーにパスワード設定

MySQLインストール直後はrootユーザーにパスワードが設定されていないので、パスワードを設定します。

パスワードの設定は、root権限でmysqladminコマンドを実行します。

% sudo mysqladmin -u root password 'パスワード'

実際の画面(クリックで拡大)

設定後、mysqlコマンドを使ってrootユーザーでログインできればOKです。

% mysql -u root -pパスワード

「-p」とパスワードの間にスペースは不要です。スペースを入力するとパスワードとして認識されず、パスワードの入力を求められます。

実際の画面(クリックで拡大)

最後に表示された「mysql>」は、MySQLコマンドラインツールのモードになっている状態です。

コマンドラインツールの利用方法については割愛しますので、「quit」と入力してリターンを押下するか「Ctrl+D」を押下して、コマンドラインツールのモードから抜けてください。

関連記事
zenback
人気エントリー
トラックバックURL


コメントする
greeting

*必須

*必須(非表示)


ご質問のコメントの回答については、内容あるいは多忙の場合、1週間以上かかる場合があります。また、すべてのご質問にはお答えできない可能性があります。予めご了承ください。

太字イタリックアンダーラインハイパーリンク引用
[サインインしない場合はここにCAPTCHAを表示します]

コメント投稿後にScript Errorや500エラーが表示された場合は、すぐに再送信せず、ブラウザの「戻る」ボタンで一旦エントリーのページに戻り(プレビュー画面で投稿した場合は、投稿内容をマウスコピーしてからエントリーのページに戻り)、ブラウザをリロードして投稿コメントが反映されていることを確認してください。

コメント欄に(X)HTMLタグやMTタグを記述される場合、「<」は「&lt;」、「>」は「&gt;」と入力してください。例えば「<$MTBlogURL$>」は「&lt;$MTBlogURL$&gt;」となります(全て半角文字)