Apache+Ruby+PostgreSQLによるパフォーマンスチューニングのまとめ

Apache+Ruby+PostgreSQLによるパフォーマンスチューニングのまとめ

Posted at February 19,2013 12:55 AM
Tag:[Apache, Performance, PostgreSQL, Ruby, Tuning]

仕事でApache+Ruby+PostgreSQLのパフォーマンスチューニングに携わったので、チューニング項目について備忘録でまとめておきます。

ここに挙げている以外の項目も色々あると思いますので参考程度でお願いします。また不足している項目があればどこかでつぶやいてください。

1.Apacheのチューニング項目

Apacheのチューニングは、httpd.conf(/etc/httpd/conf/httpd.conf)に下記の項目を設定します。

MPM(Multi-Processing Module)はworkerを利用しています。

ThreadsPerChild

ThreadsPerChildは、1プロセスで生成可能なスレッド数を設定します。例えば

ThreadsPerChild 30

と設定すれば1プロセスで30スレッドまで生成されます。

MaxClients

MaxClientsは最大スレッド数を設定します。ThreadsPerChildの超過に応じてMaxClientsになるまで必要分のプロセスが増えていきます。

さきほどの「ThreadsPerChild 30」で

MaxClients 120

と設定すれば、最大4プロセスで動作します。

ServerLimit

ServerLimitは、MaxClientsに設定可能な上限値を設定します。MaxClientsとThreadsPerChildの組み合わせの最大が16プロセス以上必要になる場合にのみ使用します。

keepAlive

keepAliveは同一クライアントに対してコネクション接続を維持するための設定ですが、トラヒックの場合は無効にした方がいいようです。

keepAlive off

keepAliveを利用する場合はタイムアウト値を見直しましょう。デフォルトは15秒です。以下の設定では3秒でタイムアウトします。

keepAliveTimeout 3

2.Phusion Passenger

Phusion Passenger(以下Passenger)は、Ruby on RailsなどををApacheで動かすためのApacheモジュールです。

Passengerのチューニングは、passnger.conf(/etc/httpd/conf.d/passnger.conf)に下記の項目を設定しますが、Apacheのhttpd.confに直接設定することもできます。

両方に設定した場合、httpd.confの設定が優先されました。

PassengerMaxPoolSize

Ruby on Railsのプロセス最大起動数を設定します。多いほど大量のリクエストを同時に処理できますが、その分多くのメモリ必要となります。デフォルトは6です。次の設定では最大15プロセス起動します。

PassengerMaxPoolSize 15

実装に依存するかもしれませんが、topコマンドで確認したところ、Ruby on RailsのプロセスがApacheのスレッド数を超えることはありませんでした。

PassengerUseGlobalQueue

Passengerのグローバルキューの有効/無効を設定します。

Passengerが受け取ったリクエストについて、デフォルトではアプリケーションインスタンス単位にキューが用意されています。

が、処理が長いリクエストの後続のキューのリクエストは、他のインスタンスキューが空いた状態になってもずっと待たされることになります。

PassengerUseGlobalQueueを有効にすれば1つのキューで複数インスタンスに割り当てるので、前述の事象を回避できます。

PassengerUseGlobalQueue on

3.Ruby on Rails

Ruby on Railsのチューニングは、Railsアプリケーションのconfig/database.ymlに下記の項目を設定します。YAML形式なので気をつけてください。

pool

Ruby on Railsで利用するデータベースのコネクションプールを設定します。デフォルトは5ですが、次のように設定すれば10コネクション用意されます。

pool: 10

4.PostgreSQL

PostgreSQLのチューニングは、postgresql.conf(/var/lib/pgsql/data/postgresql.confなど)に下記の項目を設定します。

max_connections

データベースの最大同時接続を設定します。

チューニングではありませんが、プライマリキー以外のキーでSELECTを行うとコストがかかることがあるので、PostgreSQLのコマンドラインツールでインデックステーブルを作成するとよいでしょう。

CREATE INDEX name ON tablename(columname);

nameの部分に任意の名前を設定し、インデックスを作成したいテーブル名tablenameと対象のカラム名columnameを設定します。

具体的な操作手順も掲載しておきます。

一般ユーザーからrootでログイン。

% su

さらにpostgresユーザーでログイン。

# su - postgres

コマンドラインツールpsqlを起動。database_nameはデータベース名を設定。

$ psql -d database_name

インデックステーブルの確認。

=# \di

インデックステーブルの作成。

=# CREATE INDEX name ON tablename(columname);

コマンドラインツール終了。

=# \q

5.チューニングのポイント

複数の項目をチューニングする場合のポイントです。

バックエンドの値をフロントエンドと同等かそれ以上にします。バックエンドで処理が詰まるとフロントエンドで待ち合わせやエラーが発生するためです。

例えばApacheのMaxClientsを30にしているにもかかわらず、Railsアプリケーションの最大プロセス数PassengerMaxPoolSizeを10にしている場合などです。

また、チューニングは複数の項目を同時に変更せず、1項目ずつ。複数の項目を同時に変更するとどの変更で効果があるのか分からなくなるためです。

関連記事
zenback
人気エントリー
トラックバックURL


コメントする
greeting

*必須

*必須(非表示)


ご質問のコメントの回答については、内容あるいは多忙の場合、1週間以上かかる場合があります。また、すべてのご質問にはお答えできない可能性があります。予めご了承ください。

太字イタリックアンダーラインハイパーリンク引用
[サインインしない場合はここにCAPTCHAを表示します]

コメント投稿後にScript Errorや500エラーが表示された場合は、すぐに再送信せず、ブラウザの「戻る」ボタンで一旦エントリーのページに戻り(プレビュー画面で投稿した場合は、投稿内容をマウスコピーしてからエントリーのページに戻り)、ブラウザをリロードして投稿コメントが反映されていることを確認してください。

コメント欄に(X)HTMLタグやMTタグを記述される場合、「<」は「&lt;」、「>」は「&gt;」と入力してください。例えば「<$MTBlogURL$>」は「&lt;$MTBlogURL$&gt;」となります(全て半角文字)