EclipseでJavaクラスを修正・保存する

EclipseでJavaクラスを修正・保存する

Posted at August 26,2013 12:03 AM
Tag:[Eclipse]

EclipseでJavaクラスを修正・保存する方法を紹介します。

ここでは「EclipseでJavaクラスを新規作成する」で作成した「Sample」クラスのmainメソッドに次の1行を追加する例で進めます。

System.out.println("Hello World!!");

「System.out.println()」は、パラメータに設定した文字列を出力するメソッドです。

1.Javaクラスを表示する

画面にソースコードが表示されていない場合、パッケージエクスプローラーのSample.javaをダブルクリックします。

パッケージエクスプローラー

これでJavaクラスのソースコードが表示されました。

Javaクラスのソースコード

2.Javaクラスを修正する

冒頭に示した「System.out.println()」をコピーして、Javaクラスのmainメソッドにペーストします。

Javaクラスを修正

3.修正したJavaクラスを保存する

保存するには「File」→「Save」を選択します。

保存

なお、Javaクラスを表示したあと、修正が行われていない状態ではこのメニューを選択することはできません。

修正が行われていない状態のメニュー

4.メソッドの補完機能

Eclipseにはメソッドの補完機能があります。

2項ではコピーしたソースコードをそのままペーストしましたが、手入力で「System.」まで入力すると候補のメソッドが表示されます。ここでは「out.」をダブルクリックします。

候補のメソッドが表示

「out.」が入力され、さらに次の候補が表示されます。ここでは「println」をダブルクリックします。

さらに次の候補が表示

「println」が入力され、パラメータの入力を問われます。

パラメータの入力

ここでは表示されている「x」を「Delete」キーで削除し、ダブルクォーテーションをひとつ入力すると「""」という風にペアになるように補完されます。そこに「Hello World!!」を入力するとよいでしょう。

補完

補完機能を利用せずに手入力する場合、入力した文字に一致するメソッドがインクリメント検索風に表示されます。

たとえば、「System.」に続けて「o」を入力すると「out」だけが候補として表示されます。

インクリメント検索

補完機能については設定画面で変更することが可能です。設定については別エントリーします。

関連記事
zenback
人気エントリー
トラックバックURL


コメントする
greeting

*必須

*必須(非表示)


ご質問のコメントの回答については、内容あるいは多忙の場合、1週間以上かかる場合があります。また、すべてのご質問にはお答えできない可能性があります。予めご了承ください。

太字イタリックアンダーラインハイパーリンク引用
[サインインしない場合はここにCAPTCHAを表示します]

コメント投稿後にScript Errorや500エラーが表示された場合は、すぐに再送信せず、ブラウザの「戻る」ボタンで一旦エントリーのページに戻り(プレビュー画面で投稿した場合は、投稿内容をマウスコピーしてからエントリーのページに戻り)、ブラウザをリロードして投稿コメントが反映されていることを確認してください。

コメント欄に(X)HTMLタグやMTタグを記述される場合、「<」は「&lt;」、「>」は「&gt;」と入力してください。例えば「<$MTBlogURL$>」は「&lt;$MTBlogURL$&gt;」となります(全て半角文字)