docomoでiPhoneを使うときの料金を調べてみた

docomoでiPhoneを使うときの料金を調べてみた

Posted at September 12,2013 1:55 AM
Tag:[docomo, iPhone]

docomoからiPhoneが発売されることになりました。

2013年9月13日:料金プランとiPhone向け割引キャンペーンをすべて網羅しました。

2013年9月15日:料金プランとiPhone向け割引キャンペーンをすべて網羅しました。

ということで、docomoでiPhoneを使うときの料金を調べてみました。

他社でiPhoneやケータイを使っている方が「docomoに変えると一体いくらかかるの」?という方向けの内容です。

また、契約時に本体料金から割引になるオプションサービスの勧誘が間違いなくあるのではないかと思いますが、事前にどのようなオプションがあるかを知っておけば、加入すべきかどうか判断しやすいと思いますので、分かる範囲で記載しておきます。

本体の料金など、詳細は分かり次第計算に含めたいと思います。

1.パケット定額プラン

2013/09/13追記

iPhoneのパケット定額プランは「Xiパケ・ホーダイ for iPhone」という専用のプランが用意されているため、この一択らしいです。

Xiパケ・ホーダイ for iPhone
月額定額料5,460円(使い放題)※割引キャンペーンについては3項参照
当月利用のデータ量が7GBを超えた場合、当月末まで通信速度が送受信時最大128kbps
128kbps解除は7GB超過後2GBごとに2,625円

Xiでデータ通信を行うには

  • Xiパケ・ホーダイ ライト
  • Xiパケ・ホーダイ フラット
  • Xiパケ・ホーダイ ダブル

の3種類があります。

それぞれの料金とデータ量上限は次のとおりです。

Xiパケ・ホーダイ ライト
月額定額料4,935円(使い放題)
当月利用のデータ量が3GBを超えた場合、当月末まで通信速度が送受信時最大128kbps
128kbps解除は3GB超過後2GBごとに2,625円
※128kbps解除時、他の2プランの上限額より高額となるので注意

Xiパケ・ホーダイ フラット
月額定額料5,985円(使い放題)
当月利用のデータ量が7GBを超えた場合、当月末まで通信速度が送受信時最大128kbps
128kbps解除は7GB超過後2GBごとに2,625円

Xiパケ・ホーダイ ダブル
定額料2,100円~上限6,510円
当月利用のデータ量が7GBを超えた場合、当月末まで通信速度が送受信時最大128kbps
128kbps解除は7GB超過後2GBごとに2,625円

いずれもspモードなどのインターネット接続サービスの契約が必要なようです。詳細は3項をご覧ください。

WiFiメインで使っている人は、「Xiパケホーダイダブル」に加入すれば、Xiでデータ通信を最低料金2,100円で抑えることができます。2100円で利用できる通信量は5000KB(5MB)です。

2.通話プラン

2013/09/13追記

iPhoneは「タイプXi にねん」と「タイプXi」が対象です。※割引キャンペーンについては3項参照。「タイプXi」をキャンペーン対象にするには「ハーティ割引」への加入が必要みたいです。

以下、過去の記事内容です。

Xiの通話プランは

  • タイプXi
  • タイプXi にねん

の2種類が用意されています。

タイプXi
1,560円/月で2年縛りなし

タイプXi にねん
780円/月で2年縛りあり

通話料はどちらも21円/30秒です。無料通話分はありません。

3.割引キャンペーン(2013/9/13全面追加)

下記の割引キャンペーンが用意されています。

  • ドコモへスイッチ割
    通話プランから最大1年間780円割引
  • ドコモへおかえり割
    通話プランから最大2年間780円割引
  • ドコモへスイッチ学割
    通話プランから最大3年間780円割引+パケット定額サービスの上限額/定額料を最大3年間1,050円/月割引
  • iPhone買いかえ割
    今ドコモを使っていて、iPhoneに機種変更・契約変更したら、月々サポートの増額(24か月合計)が最大10,080円(420円/月x24か月)。iPhone 5c 32GB、iPhone 5s 16GBなら実質0円
  • プラスiPhone割
    今iモードケータイを使っていて、iPhoneと2台持ちにするのであれば、申込み月から最大13か月(申込み月+12か月)、月々の基本使用料が0円/月。さらに「Xiパケ・ホーダイ for iPhone」の定額料も525円/月を割引き(12ヶ月)
  • iPhone下取りプログラム
    使用中のiPhoneを下取りで最大20,000ドコモポイントをプレゼント

4.spモード

1項で登場した「spモード」はスマートフォン向けプロバイダ(ISP)で、iPhoneでインターネット接続やメールなどを行う際に必要になります。

月額315円です。

5.月額使用料は結局いくらか

2013/09/13追記(本体価格・通話料・消費税等は含んでいません)

「Xiパケ・ホーダイ for iPhone+タイプXi にねん+spモード」の組み合わせでキャンペーンをまったく適用しない場合

  • iPhone5s/5cで新規・機種変更・契約変更/他社からの乗りかえ
    5,460円+780円+315円=
    6,555円/月

上記に3項のキャンペーンを適用した場合(例)を以下に示します。

MNPでiPhone 5s/iPhone 5c(16GB以外)の場合

  • ドコモへスイッチ割:通話プランが1年間780円割引
    5775円/月(1年間)
  • ドコモへおかえり割:通話プランが2年間780円割引
    5775円/月(2年間)
  • ドコモへスイッチ学割:通話プランが3年間780円割引+「Xiパケ・ホーダイ for iPhone」が3年間4,410円
    4725円/月(3年間)

MNPでiPhone 5c(16GB)の場合

  • ドコモへスイッチ割:「タイプXi にねん」が1年間0円+月々サポート1年間525円
    5250円/月(1年間)
  • ドコモへおかえり割:「タイプXi にねん」が2年間0円+月々サポート1年間525円
    5250円/月(1年目)5775円/月(2年目)
  • ドコモへスイッチ学割:「タイプXi にねん」が3年間0円+「Xiパケ・ホーダイ for iPhone」が3年間4,410円+月々サポート1年間525円
    4200円/月(1年目)4725円/月(2年目,3年目)

機種変更でiPhone 5s/iPhone 5c(16GB以外)の場合

  • 「iPhone買いかえ割」で月々サポート2年間420円
    6,135円(2年間)

機種変更でiPhone 5s/iPhone 5c(16GB)の場合

  • 「iPhone買いかえ割」で月々サポート2年間420円+月々サポート1年間525円
    5,610円(1年目)6,135円(2年目)

以下、過去記事の内容です。

  • タイプXi にねん
  • Xiパケ・ホーダイ フラット
  • spモード

の組み合わせであれば、

5,985円+780円+315円=7080円(税抜き)

WiFiメインで使いたい人であれば、

  • タイプXi にねん
  • Xiパケ・ホーダイ ダブル
  • spモード

の組み合わせで、

2,100円+780円+315円=3195円(税抜き)

となります。

6.月々サポートについて

2013/09/16追記
端末代金は2年縛りであれば、例えば16GBであれば0円で使える月々サポートがあるようです。詳細は以下の記事を参照してください。

【速報】NTTドコモのiPhone、実質負担額は一番安い! 5cの16GBが狙い目

docomoでは購入機種に応じて一定金額を毎月の利用料金から割引く「月々サポート」が用意されています。

iPhoneにも月々サポートが適用されると思いますので、加入すれば上記の料金よりかなり安く利用することが予想されます。

どのキャリアも同じと思いますが、2年単位で同一回線を継続利用することが条件です。

2年経過した時点で廃止の申し出をしないと自動更新されるので注意してください。契約期間中に契約回線を解約された場合などは9,975円の解約金がかかります。

7.オプションについて

スマホを買うときにオプション契約を迫られる可能性があります。iPhoneでもいくつかのオプションサービスに加入を迫られることが予想されます。

加入することで端末代金から差し引かれることと、あとで解約可能ということと、断るのが面倒といった理由でついつい入ってしまいがちですが、落とし穴があったりします。

iPhoneでどのサービスが適用されるか現在不明ですが、ここでは2013年8月にSH-08Eを購入したときの経験で記載しておきます。

サービスの詳細は各リンク先を確認してください。

ひとつめのオプションは「あんしんパック」です。これは、以下の3つのサービスをまとめて契約すると、そのサービス利用料が(3つ個別に加入するより)安くなるというものです。

私が加入したときは、あんしんパックの適用条件を満たした日から初回最大31日間無料で、上記で不要なものはすぐに解約して構わないということでした。

ふたつめのオプションは「dマーケット(これ自体は無料)」の中の次の3つの有料サービスです。

いずれもすぐに解約可能ですが、いずれも契約月には月額使用料がかかるということなので、契約後にすぐ解約しても1ヶ月分の使用料はひかれることになります。

なのでこのサービスに加入することで割引になっても実質割引額はその差額になります。

あとは次のサービスです。

  • DCMX(ドコモのクレジットカード)
  • NOTTV(月額420円)

DCMXは「入会無料です」と勧誘されますが、実は初回年のみ無料で2年目以降は有料となります。

使う必要がない場合、契約してから1年以内に解約が必要です。

関連記事
zenback
人気エントリー
トラックバックURL


コメントする
greeting

*必須

*必須(非表示)


ご質問のコメントの回答については、内容あるいは多忙の場合、1週間以上かかる場合があります。また、すべてのご質問にはお答えできない可能性があります。予めご了承ください。

太字イタリックアンダーラインハイパーリンク引用
[サインインしない場合はここにCAPTCHAを表示します]

コメント投稿後にScript Errorや500エラーが表示された場合は、すぐに再送信せず、ブラウザの「戻る」ボタンで一旦エントリーのページに戻り(プレビュー画面で投稿した場合は、投稿内容をマウスコピーしてからエントリーのページに戻り)、ブラウザをリロードして投稿コメントが反映されていることを確認してください。

コメント欄に(X)HTMLタグやMTタグを記述される場合、「<」は「&lt;」、「>」は「&gt;」と入力してください。例えば「<$MTBlogURL$>」は「&lt;$MTBlogURL$&gt;」となります(全て半角文字)