改行コードの「^M」を削除する方法

改行コードの「^M」を削除する方法

Posted at October 15,2013 1:33 AM
Tag:[Linux]

改行コード「^M」を削除する方法を紹介します。

改行コード「^M」を削除

1.「^M」とは

「^M」は改行コードの「CR(復帰)」を指します。

「CR」はアスキーの制御コードです。

本題の前に、なぜ「^M」が「CR」を指すのか調べてみました。

まず「^」はCtrlキーを意味します。

次に、半角英文字の「M」は、ASCIIコードの10進数「77」が対応します。

つまり「^M」はCtrlキーを押しながら「M」を押下することを意味し、Ctrlキーを押下すると、同時に押下した文字のASCIIコードから「-64」されます。

つまり「M(77)」はCtrlキーを押下することで「13」になります。

「13」はASCII制御コード「CR」になります。

Wikipedia - ASCII

2.「^M」が表示されるケース

Windows上で作成したテキストファイルの改行コードは「CR+LF」なので、この改行コードのままLinuxに転送してvi等で開くと「^M」が表示されます。

またLinux上でも、typescriptの改行コードは「CR+LF」のため、scriptファイルをvi等で開くと「^M」が表示されます。

3.問題点

「^M」はCRなので、正規表現の「\r」が対応しますが、たとえばsedで

sed -e s/\r//

としても削除することができません。

というところでつまづいたので、以降で「^M」を削除する方法を紹介します。

4.sedで「^M」を削除する

sedで「^M」を削除するには次のようにします。

sed -e s/^M//

「^M」はキーボードで「^」と「M」を入力するのではなく、「Ctrl-v」と「Ctrl-m」を連続して入力します。

5.viで「^M」を削除する

viで「^M」を削除するには、「Esc」+「:」を入力したあと、次の文字を入力します。

%s/^M//g

3項と同様「^M」は「Ctrl-v」と「Ctrl-m」を連続して入力します。

関連記事
zenback
人気エントリー
トラックバックURL


コメントする
greeting

*必須

*必須(非表示)


ご質問のコメントの回答については、内容あるいは多忙の場合、1週間以上かかる場合があります。また、すべてのご質問にはお答えできない可能性があります。予めご了承ください。

太字イタリックアンダーラインハイパーリンク引用
[サインインしない場合はここにCAPTCHAを表示します]

コメント投稿後にScript Errorや500エラーが表示された場合は、すぐに再送信せず、ブラウザの「戻る」ボタンで一旦エントリーのページに戻り(プレビュー画面で投稿した場合は、投稿内容をマウスコピーしてからエントリーのページに戻り)、ブラウザをリロードして投稿コメントが反映されていることを確認してください。

コメント欄に(X)HTMLタグやMTタグを記述される場合、「<」は「&lt;」、「>」は「&gt;」と入力してください。例えば「<$MTBlogURL$>」は「&lt;$MTBlogURL$&gt;」となります(全て半角文字)