Excel VBAでマクロ実行ボタンを作る

Excel VBAでマクロ実行ボタンを作る

Posted at November 29,2013 1:55 AM
Tag:[Excel, VBA]

Excel VBAでマクロ実行ボタンを作る方法を紹介します。

このエントリーではExcelシート上にボタンを表示させ、ボタンをクリックすると「Hello World!!」というダイアログを表示させるところまでを説明します。

ダイアログ

説明の画面はExcel 2010を使っています。

1.開発メニューの表示

マクロ実行ボタンを画面に表示するには、、まず「開発」メニューを表示させる必要があります。

「開発」メニューを表示方法は以下の記事を参照してください。

Excelで「開発」メニューを表示する方法

2.マクロ実行ボタンの挿入

「開発」メニューの「挿入」をクリックし、表示されたアイコンから左上の「ボックス」をクリック。

(クリックで拡大)
挿入

クリックした状態でアイコンをセルの方に移動するとポインタが「+」マークに変わります。

「+」マークに変わった状態でセルをクリックすると、「マクロの登録」というウィンドウが表示されます。

マクロの登録

右側にある「新規作成」をクリック。

新規作成

「Visual Basicエディタ(VBE)」が起動して「Sub~End Sub」と表示され、その間でカーソルが点滅します。これは、これから挿入するボタンがクリックされたときに動作するプログラムになります。

Visual Basicエディタ

カーソル点滅している部分に「MsgBox "Hello World!!"」と入力してVisual Basicエディタ画面の右上の×印をクリックして閉じます。

Hello World!!

Visual Basicエディタを閉じると、シート上にボタンが現れます。これがマクロ起動ボタンです。

マクロ起動ボタン

3.マクロ実行ボタンの実行

ボタンが編集できる状態になっているので、セルの任意の位置をクリックして、ボタンの選択を一旦解除します。

ボタンの選択を解除

これでボタンをクリックすると、さきほど入力した「Hello World!!」というダイアログが表示されます。

Hello World!!

お分かりと思いますが、「MsgBox "文字列"」とかけばこのようにダイアログを表示してくれます。

関連記事
zenback
人気エントリー
トラックバックURL


コメントする
greeting

*必須

*必須(非表示)


ご質問のコメントの回答については、内容あるいは多忙の場合、1週間以上かかる場合があります。また、すべてのご質問にはお答えできない可能性があります。予めご了承ください。

太字イタリックアンダーラインハイパーリンク引用
[サインインしない場合はここにCAPTCHAを表示します]

コメント投稿後にScript Errorや500エラーが表示された場合は、すぐに再送信せず、ブラウザの「戻る」ボタンで一旦エントリーのページに戻り(プレビュー画面で投稿した場合は、投稿内容をマウスコピーしてからエントリーのページに戻り)、ブラウザをリロードして投稿コメントが反映されていることを確認してください。

コメント欄に(X)HTMLタグやMTタグを記述される場合、「<」は「&lt;」、「>」は「&gt;」と入力してください。例えば「<$MTBlogURL$>」は「&lt;$MTBlogURL$&gt;」となります(全て半角文字)