Movable Type 6 本格活用ガイドブック

Movable Type 6 本格活用ガイドブック

Posted at December 4,2013 1:55 AM
Tag:[Amazon, Book, MovableType]

書籍「Movable Type 6 本格活用ガイドブック」の紹介です。

Movable Type 6 本格活用ガイドブック

シックスアパート様から献本頂きました。ありがとうございました(平日出張中のため受け取りが遅くなりました)。

Movable Type 6 本格活用ガイドブック (Web Designing BOOKS)
藤本 壱 柳谷 真志 奥脇 知宏
マイナビ
売り上げランキング: 19,530

この書籍はMovable Typeに精通している藤本壱さん、柳谷真志さん、奥脇知宏さんの3人による共著です。

Chapter01では、Movable Type 6の概要から、インストール・アップグレード・Vagrantの利用・サーバー移転など、実践で必要な環境構築について網羅されています。

Chapter02では、ウェブサイト・ブログ・記事の作成からテンプレートとテンプレートタグ・変数の利用方法について解説されています。

Chapter03では、Movable Type 6で新たに追加されたDataAPIの利用方法について詳しく解説されています。

各APIの利用方法だけでなく、iOSアプリ・Androidアプリの作成やコミュニティサイトの作成といった実践的なものまで紹介されています。

Chapter04では「Six Apartのごはんレシピ」を使って、Movable Type 6を使ったサンプルサイトの構築例が解説されています。

DataAPIを使った検索結果表示やスクロールによる追加読み込みなども用意されています。

書籍のサンプルデータはサポートサイトからダウンロードすることができます。

以下目次です。

Chapter01 Movable Typeの環境構築
01-01 Movable Type 6.0について
01-02 Movable Typeに適したサーバー選び
01-03 Movable Type 6.0のインストール
01-04 サーバーでMovable Typeを解凍する
01-05 旧バージョンからのアップグレード(旧環境に上書きする場合)
01-06 旧バージョンからのアップグレード(旧環境を残す場合)
01-07 Movable Type 4.x以前からのアップグレード
01-08 ローカルでMovable Type 6.0を動作させる
01-09 Movable Typeを別のサーバーに移転する
Chapter02 テンプレートのカスタマイズ
02-01 Movable Typeでのサイト制作の概要
02-02 テンプレートの基本
02-03 テンプレートタグ(MTタグ)の基本
02-04 カスタムフィールドの利用
02-05 変数を扱う
02-06 テンプレートカスタマイズのテクニック
Chapter03 DataAPIの基本と活用
03-01 DataAPIの概要
03-02 JavaScriptでDataAPIにアクセスする
03-03 JavaScriptでプライベートなデータを扱う
03-04 PHPでDataAPIを操作する
03-05 iOSアプリ/AndroidアプリからDataAPIにアクセスする
03-06 DataAPIを使ったWebアプリケーションの作例
Chapter04 実践編: サンプルサイト構築
04-01 サンプルサイトの概要
04-02 Movable Typeの構成とテンプレートの構成
04-03 各テンプレートの詳細
04-04 Data APIでの追加読み込みとサイト内検索
04-05 Data APIを使った追加読み込みとサイト内検索を実装する「load.js」
04-06 サンプルテーマについて

Movable Type 6に関する書籍は今のところこの1冊だけです。

これからMTを始めたい方、すでにMTを使っているけれどもDataAPIの使い方が分からない方などにお勧めの1冊です。

関連記事
zenback
人気エントリー
トラックバックURL


コメントする
greeting

*必須

*必須(非表示)


ご質問のコメントの回答については、内容あるいは多忙の場合、1週間以上かかる場合があります。また、すべてのご質問にはお答えできない可能性があります。予めご了承ください。

太字イタリックアンダーラインハイパーリンク引用
[サインインしない場合はここにCAPTCHAを表示します]

コメント投稿後にScript Errorや500エラーが表示された場合は、すぐに再送信せず、ブラウザの「戻る」ボタンで一旦エントリーのページに戻り(プレビュー画面で投稿した場合は、投稿内容をマウスコピーしてからエントリーのページに戻り)、ブラウザをリロードして投稿コメントが反映されていることを確認してください。

コメント欄に(X)HTMLタグやMTタグを記述される場合、「<」は「&lt;」、「>」は「&gt;」と入力してください。例えば「<$MTBlogURL$>」は「&lt;$MTBlogURL$&gt;」となります(全て半角文字)