Excel VBAでラジオボタン(オプションボタン)を設定する方法

Excel VBAでラジオボタン(オプションボタン)を設定する方法

Posted at December 25,2013 1:55 AM
Tag:[Excel, VBA]

Excel VBAでラジオボタン(以下オプションボタン)を設定する方法を紹介します。

このエントリーではオプションボタンを設置して、クリックしたオプションボタンのラベル名を表示するところまで説明します。

ラベル名を表示

1.オプションボタンの表示

「開発」→「挿入」→「オプション ボタン」を選択。「開発」メニューの表示は「Excelで「開発」メニューを表示する方法」を参照してください。

オプション ボタン

シート上の任意の位置で左クリックすればオプションボタンが表示されます。

オプションボタン表示

ここではこれを3回繰り返して3つ表示させます。

オプションボタンを3つ表示

ボタンを移動させたい場合は、オプションボタンを右クリックします。この状態ではコンテキストメニューも表示されています。

オプションボタンを右クリック

さらにシートの任意の位置を左クリックすれば選択状態だけが残るので、この状態でドラッグします。

シートの任意の位置を左クリック

ドラッグは矢印キーで行うか、または選択状態の枠の上をポイントし、十字ポインタになっている状態であればマウスでドラッグできます。

2.標準モジュールにコード設定

「開発」→「Visual Basic」をクリックまたは、Alt+F11でVBEを起動します。

Visual Basic

「挿入」→「標準モジュール」を選択。

標準モジュール

標準モジュールの編集画面が開くので、以下のコードを貼り付けます。「Application.Caller」は押されたボタンを判断するためのものです。

Sub Test()
    MsgBox Application.Caller
End Sub

標準モジュールに貼り付けたところ
コードを貼り付け

VBE画面の右上の×印をクリックしてVBEを閉じます。

3.オプションボタンと標準モジュールの関連づけ

オプションボタンを右クリックして「マクロの登録」を選択。

標準モジュール

マクロの登録画面が開きます。

マクロの登録画面

マクロ名から2項で作成した「Test」を選択して「OK」をクリック。

マクロの登録画面

これを3つのオプションボタン分繰り返せば完成です。

4.実行

オプションボタンを左クリックすれば、冒頭のサンプルのように、メッセージボックスに選択したオプションボタンのラベルが表示されます。

ラベル名を表示

関連記事
zenback
人気エントリー
トラックバックURL


コメントする
greeting

*必須

*必須(非表示)


ご質問のコメントの回答については、内容あるいは多忙の場合、1週間以上かかる場合があります。また、すべてのご質問にはお答えできない可能性があります。予めご了承ください。

太字イタリックアンダーラインハイパーリンク引用
[サインインしない場合はここにCAPTCHAを表示します]

コメント投稿後にScript Errorや500エラーが表示された場合は、すぐに再送信せず、ブラウザの「戻る」ボタンで一旦エントリーのページに戻り(プレビュー画面で投稿した場合は、投稿内容をマウスコピーしてからエントリーのページに戻り)、ブラウザをリロードして投稿コメントが反映されていることを確認してください。

コメント欄に(X)HTMLタグやMTタグを記述される場合、「<」は「&lt;」、「>」は「&gt;」と入力してください。例えば「<$MTBlogURL$>」は「&lt;$MTBlogURL$&gt;」となります(全て半角文字)